CATEGORY:トライ式高等学院

トライ式高等学院ってどう?⇒評判や学費・口コミを確認する!

トライ式高等学院は、家庭教師のトライが母体となった通信制サポート校です。

トライらしく、中学時代のやり直しから難関大入試まで、個別にカリキュラムを組んでマンツーマンで指導してくれることが大きな特徴です。

慶応や早稲田などの難関大に合格者を輩出していることもポイントが高いですが、管理人的には、通学できない不登校生徒は先生が直接家にやってきて指導してくれることに魅力を感じます。

勉強が苦手だけど大学を目指したいという人にはピッタリの学校ですし、全国各地に細かくキャンパスがあるので、地方でもとても通いやすい通信制といえるでしょう!

卒業率 学費 専門授業 スクーリング
9割以上 記事下に詳細あり あり。詳細は問い合わせ 年4日・9月と2月に集中
通学コース 【大学進学コース】一般入試、AO入試、公募推薦などの受験機会を得ることができます。
【資格取得コース】
簿記資格やTOEICなど資格取得に向け取り組みます。
【各種専門コース】
漫画家や作家、歌手などの各分野をプロ講師が指導します。
合格先実績 慶應義塾大学、法政大学、青山学院大学、学習院女子大学、東京理科大学他

住んでいる地域の通信制高校を検索する

トライ式高等学院の徹底評価!

トライ式高等学院では、90万人以上の指導実績を誇る「家庭教師のトライ」が運営している通信制サポート校です。

特に大学受験に強い通信制サポート校なので、高校卒業だけではなく、本気で大学受験に予備校なしで挑戦したい方は選択肢に入れて良い学校です。

勉強はすべて「マンツーマン」指導。

勉強が苦手な生徒には小中学校の復習からやり直し、大学進学を目指す人には希望大学専用のカリキュラムを作るなど生徒ひとりひとりに柔軟に対応してくれます。

卒業実績もかなりのもので、国公立大をはじめ、慶応大学や同志社大学などの難関大へ数多くの卒業生を輩出しています。

別途、予備校などに通う必要はないのがありがたいですね。

トライ式高等学院の魅力や特色

トライ式高等学院は全国に学習拠点があるので、どこに住んでいても通いやすいことも魅力です。

地方の生徒でも通いやすい、進学に強い学校というのは貴重といえるでしょう。

また、マンツーマンという特質を活かして不登校生徒へのサポートにも力を入れています。

入学前の面接もご自宅まで伺って本人と1対1で話をしてくれたり、入学後も、キャンパスに通えるように様々な働きかけをしてくれます。

「大学進学」と「不登校解決」の2つが、トライ式高等学院の大きな特徴ですね。

「不登校を経験したけれど、大学はきちんと行きたい」

「学校は苦手であまり行けないけれど、やりたいことがあるから大学へ合格したい」

といった人も、資料請求と学校訪問をしておくといい思いとます!

トライ式高等学院の口コミ・評判


入学したときの学力は、中学校の授業にもついていけないほどだったのですが、最後まで先生たちが全面的にサポートしてくれたので、無事に希望の大学に合格することができました。

仮に単位が取得できなかった場合でも、翌年は無料で授業が受けられるなど、授業についていけない自分へのサポートも最後までしてくれたのが嬉しかったです。

勉強だけの学校かと思ったけれど、漫画家や作家、ボーカルなどの専門コースも充実していて、大学のその先の進路まで考えることができました。

サポート校のなかでもトライは学費が高い!「塾にいく必要はない」というのがこの学校の売り文句ですが、ふつうに塾に通うのと同じくらいにお金がかかってしまいました

いくら勉強に強いと言っても、トライに入ったからといってそれだけで学力が上がるわけではない努力をする生徒と、がんばらない生徒の差が明らかだった。

トライ式高等学院の学費

(スタンダードコース)

通常のトライ式高等学院のコースで、個別授業によるサポートを行います。通学型、自宅型から選択、学費は履修単位数により決定致します。キャンパスによって、料金が異なりますので詳しくはお問い合わせください。

主要教科 40,000円(1単位あたり/英語、数学、国語、理科、社会、各種ゼミ)
副教科 10,000円(1単位あたり/税込)

■新入学の場合(25単位履修の場合)

入学金 学費
100,000円(税込) 790,000円(税込)

■転・編入学の場合(20単位履修の場合)

入学金 学費
100,000円(税込) 650,000円(税込)


■転・編入学の場合(10単位履修の場合)

入学金 学費
100,000円(税込) 280,000円(税込)

トライ式高等学院は通信制サポート校になるため、トライ式とは別に提携通信制高校に入学して単位認定を受ける必要があります。

トライ式の提携校は「鹿島学園高等学校」か「日本航空高等学校」か「高松中央高等学校」で、年間学費は初年度約20万円程度(年間25単位取得)。上の学費に+20万円と考えれば、だいたいの学費が出てきます。

自分に合った通信制高校を選ぶヒント

通信制高校というと、「学校に行かなくてもいい」というイメージがあると思います。

通学のない、完全な通信制コースの学校もありますが、

通学圏内にある通信制高校を選んだ方が、勉強でわからない箇所を先生に聞くことができるため、完全な通信コースに比べて高校を卒業しやすくなります

まずは通える範囲の通信制高校を検索、トライ式高等学院だけでなく、他学校の資料も取り寄せて、比較するところからはじめてみましょう。

通学圏内にある通信制高校を検索・資料を取り寄せてみる→

通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。気になる学校があったら、とりあえず資料だけでも取り寄せておきましょう!