高校中退後の進路|通信制高校で高卒資格を取る!

通信制高校は4月を過ぎても、途中入学(編入)が可能な学校がたくさんあります。最近は通わなくても、インターネットで学べる学校も増えてきています。どんな学校があるのか、まずはパンフレットを取り寄せて見てみましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→

高校中退後の進路 ①通信制高校で高卒資格を取る!

通信高校って何?

高校を中退後に勉強したいけど、全日制は厳しいしバイトとかしながら貯金したい!と思っている方にオススメするのが通信高校です。

通信高校では、学校に行く必要がありません。

自宅にいながらネットを使って授業を受けることができます。課題を提出し、しかも卒業すると高卒資格がもらえます。

「え?ネット授業を受ける?そんなんでいいの?」

と思う方もいるでしょうが、これはきちんと国から認められた学習制度です。

例えばですが、引きこもりの方や学校に行くことのできない不登校の方が利用するのに便利だとされています。

人付き合いが苦手、だけど高卒資格はほしい、という方でもパソコンで授業を受けながら好きな時に、好きなことが出来ます。

通信制は自由にスケジュールを組み立てられる!

例えば授業のシフトを夜にすれば昼間はバイトできますし、もちろん遊ぶことも出来ます。逆も同様です。

「3年で卒業できるの?」

これは高校によってまちまちです。3年で卒業するところには実習というものが存在する場合もありますし、4年で卒業、または単位制というものもあります。

単位制は年度数に関係なく卒業単位分取得すればいつでも卒業できるというところが利点ですね。例えば4年制通信高校に通っていたが、単位を取得したので3年目で卒業ということも出来ます。

通信高校のメリット

まず第一に場所を問わないということがあります。

私の友人は鹿児島に住んでいましたが博多にある通信制高校に入学しましたし、京都の友人は大阪の通信制高校に入学しました。学校に行かなければならない日は年に3回程度だそうで、しかも書類手続きや卒業式など公の行事のみだそうです。

加えて、彼らは昼間はバイトをしていて夜になると授業を受ける。課題をもらうと期限までにメールや郵送などで提出する。結果も同様メールや郵送で返ってくるので復習する。年度末には取得した単位などがわかるようなシステムになっています。

第二に、入学規定がゆるいということです。編入ならもちろんですが、高校中退後に1年ほど空きがあったとしても入学することは可能です。いつでも授業が受けれますし、興味のある授業を選択することでやる気も出ます。

高校にもういちど通いたいと思っている方は選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む

通信制高校ってどんな手順で選ぶの?

昨年、不登校の娘さんの通信制高校選びを経験されたお母さんに、「どんな手順で、娘さんの通信制高校を選んだのか?」についてインタビューしてみました。不登校で進路に悩んでいるという方の参考になればと思います!

インタビュー記事を読む