高校中退する前に考えた方が良いこと

通信制高校は4月を過ぎても、途中入学(編入)が可能な学校がたくさんあります。最近は通わなくても、インターネットで学べる学校も増えてきています。どんな学校があるのか、まずはパンフレットを取り寄せて見てみましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→

現在、学校に通っている方の生活満足度はどの程度かご存知でしょうか?

数年前に行われたアンケート調査で、

  • 「生きがいがない」
  • 「面白くない」
  • 「学校に行きたいとは思わない」

と言った意見が多数出たのはなんと高校生のみなさんでした。どうしてでしょうか?

通信制高校選びの教科書!

予想できる理由としては、

・行きたい高校に入れなかった
・期待と大きく違っていた
・勉強についていけない
・思ったより授業がつまらない

などの理由が挙げられると思います。

これらはあくまで一般的なので
いじめなどが原因で中退する人も数多くいることでしょう。

どのような理由であれ、
端的に「じゃあやめよう」という結論はやめたほうが良いです。

嫌なことがあるのでは誰でもそう、という言葉を腐る程聞いてきたかと思いますが、
実際にそうなのですから仕方ありません。

それが一生続くのか、と言われれば「YES」と言える人はいないでしょう。必ず道はあるのです。

例えば、授業がつまらないと言ったとき、それならば自分で先に進んでしまって
授業半分に自分の興味のあることができる環境を作ればいいのです。

「そんな暇ない!」という方、それは諦めている証拠です。
動かないまま「無理」というのと、やってから「無理」というのでは得るものが全く違います。
短絡的に「嫌なことがある・つまらない=やめよう」と結論づけるのはやめましょう。

実際にやめたいがどうすればよいか?

通信制高校選びの教科書!

前述したことを踏まえても、やっぱり高校をやめたい。
その場合は、すっきりとして新しい一歩を踏み出すのも悪くはありません。

必ずしも留年せずに卒業した、中退せずに卒業したというキャリアが
人生の幸せを呼ぶとは限らないのですからね。

実際にやめる場合には、多少学校によって違いはあると思いますが
親の同意書と退学届けを学校に提出後、その学校の校長に挨拶して終わりです。

辞める前に、必ずその先にどうしたいかということを明確にしておくことが大切です。
やめたあとに、「さあどうしよう」では、何の意味もありません。

高校を辞める、ということが次へつながるステップとなるように、
明確な目標を決めてからやめることをオススメします!

通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む

通信制高校ってどんな手順で選ぶの?

昨年、不登校の娘さんの通信制高校選びを経験されたお母さんに、「どんな手順で、娘さんの通信制高校を選んだのか?」についてインタビューしてみました。不登校で進路に悩んでいるという方の参考になればと思います!

インタビュー記事を読む