高校中退後の進路|職業訓練校で技術を身につける!

10月を過ぎたら通信制高校探しを本格化させましょう!。願書受付は年明けすぐに開始する学校がほとんど。まずは近所にどんな学校があるか調べて、良い学校があるか探してみましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→

高校中退後の進路 ⑤職業訓練校で技術を身につける!

職業訓練学校とは?

「○○が勉強したくて高校に入学したのに期待はずれだった!」
「○○になりたかったんだけど、高校中退しちゃった」

そんな方のためにあるの職業訓練学校です。

多様な仕事の訓練があり、期間も最短で3ヶ月程度から最長で1年ぐらいのものまであります。

地域ごとに一つはあると思いますが、必ず職業安定所で詳しいことを聞いてから決めることをオススメします。

また学校によっても、提供している授業や職業訓練の選択肢が違いますので、事前に調べてから決めるようにしましょう。

ただし、忘れてはいけないのが、

職業訓練校は、失業保険を受ける資格のある人のみが通うことのできる学校

ということです。

雇用保険に加入して1年以上働いていることが最低条件のところが多いようです。

現在、最も人気が高く需要があるのが福祉関連の職業訓練です。

職業訓練校のメリット

職業訓練校の一番のメリットは「学校に通いながらお金がもらえること」です。

しかも、失業保険を受けている人は無料で授業を受けることが出来ます。これは、かなり嬉しいことだと言えますね。

しかし、その金額は失業保険と同じ金額で加えて出席率が8割以上でないと受け取ることは出来ません。

第二のメリットは教材費が安いということ。その教材費1万5千円程度が相場となっているようです。

このメリットを受けることにおいて、最も忘れてはならないのが試験の存在です。職業訓練学校にも普通に試験が存在し、その試験に合格しないと入学することは出来ません。

この試験の内容は、学校によって若干の違いがあり、筆記試験だけのところもあれば、面接だけというところもあります。(失業保険を受けていることが前提です)また試験の内容は、受講する職業の種類によっても変わってきます。

なんといっても、専門的な職業の技術を身につけることができるので専門職にとっては大いに有利になります。余裕がある場合には、職業訓練学校に通って自分の技術の向上に務めるのも一つの手です。

通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む

通信制高校ってどんな手順で選ぶの?

昨年、不登校の娘さんの通信制高校選びを経験されたお母さんに、「どんな手順で、娘さんの通信制高校を選んだのか?」についてインタビューしてみました。不登校で進路に悩んでいるという方の参考になればと思います!

インタビュー記事を読む