愛知産業大学三河高等学校への入学を検討している方へ。卒業生が学校の雰囲気や通学コースの種類、学費について解説します!


愛知産業大学三河高等学校を卒業したエイジです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

家から近い通信制高校を検索してみよう!


自分の通学圏内にはどんな通信制高校があるの? 下記のリンク先から、全国の主要な通信制高校のパンフレットや入学願書をまとめて取り寄せることができます。10月入学に向けて、願書はいち早く取り寄せておきましょう!

検索できる学校の一例
資料一括請求スタート▶▶

こちらの記事もおすすめです▶▶ ちょっと待って!自分に合わない通信制高校を選ばないための3つの手順

愛知産業大学三河高等学校の基本情報

住所 〒444-0005 愛知県岡崎市岡町原山12−10
通学コース 全日制(普通科、電気科、情報処理科)
通信制
学費 入学金:20,000円
授業料:9,000円/単位
スクーリング 週2~3回(教員と相談して時間割を決定)

藤川駅が最寄り駅の上り坂を少し上がった所に位置する自然に囲まれた環境の広い校舎がある高等学校です。

文化祭や体育祭、ボランティア活動など校内行事も積極的に行われていまして設備面もとても充実しています。

愛知産業大学三河高等学校の通学コース


自分は通信制課程単位制のコースで2年間近く通いました。全日制と違いこの通学コースは土日以外の週5日の平日を全て通う必要がありません。

決められた授業日の日程だけ通えば大丈夫ですので毎日学校へ通うのが苦手な生徒でも安心して通えます。

自分が在学していた頃は月に換算するとおおよそ月に3~4回ぐらいのペースで通学していました。

授業時間も全日制の高校のように夕方までびっしり授業があるわけではありません。

大体長くても15時くらいまでにはその日の授業日程は終了しましたし午前中だけの授業の日もありました。

履修した科目の対面授業の時間数が決められていてこれを自分のライフスタイルに合わせて満たしていく感じになります。

レポートと呼ばれる宿題みたいなものが出されますのでこれを決められた期日までに提出していく必要がありますけど内容量はそこまで多くないですので登校日ではない日に自宅でマイペースにこなしていっても十分間に合うレベルです。

愛知産業大学三河高等学校の設備の充実度、専門授業の質


この高等学校は全日制と通信制と校舎が別々に別れていますが通信制の校舎は全日制の校舎と比べますと全体的に真新しくて綺麗な環境だと感じました。

教室の広さは他の全日制の高校とそんなに変わらないですけど、通信制の人数は同じ学年で男女を合わせても自分が在籍していた時は15~18人くらいでしたので結構少人数ですね。

少人数なのもありまして普通の教室の広さでものびのびと落ち着いて勉強ができる環境ですし生徒達も授業中は割と皆静かに授業を受けていました。

またパソコン実習室、LL教室、視聴覚室、電気機器室などといった特別な教室もかなり充実しています。

通信制の授業の中には体育の授業もありましたけど夏のプールの授業は暑さとは無縁の室内プールでの授業でしたのでそこは嬉しいポイントでした。

どの授業の教師も優しい教師が多い印象で厳しい指導をする教師はあまりいない印象でした。

授業内容は基本的には皆が分かるように指導する感じでしたので基礎的な内容の授業が多かったですので学力が高い生徒さんは少し物足りなさを感じるかもですがそういった生徒さんは独自で更に自習をしてましたね。

愛知産業大学三河高等学校のイベントや学校行事


文化祭や体育祭や社会福祉施設などへの清掃ボランティア活動などといった色々なイベントが行われていますが、自分が在籍していた頃は参加しているのは全日制の生徒ばかりで通信制の生徒は参加していなかったです。

文化祭は自分は見学に行ったことはあります。

色々な模擬店が美味しいものを調理していましてとても美味しかったですし生徒達のライブ演奏も聞くことができてまあまあ楽しかったです。

見学は通信制の生徒でも任意でできますので気になる方は行ってみるといいかもしれません。

通信制の方は文化祭や体育祭といった行事がない代わりに授業のカリキュラムの中に、クラスのメンバー全員でこの高等学校の傍に位置するお寺である一畑山薬師寺へ参拝しにいくというものがありました。

いくら通信制とは言え普通の授業だけでは味気ない学生生活になってしまうと思いますので、こういった気分転換みたいなカリキュラムは他の通信制の生徒達ともっと仲良くなれるいい機会でしたしいい思い出になりました。

愛知産業大学三河高等学校の雰囲気やいじめ


通信制にきている生徒の多くは以前通っていた全日制の高校で教師と合わなかったりいじめなどに遭って心の傷を背負っている生徒が多かったですので、どちらかというと内向的な生徒が多くいじめというものはなかったです。

ただ少数派としましてお調子者タイプの生徒もいますのでちょっとしたからかい程度は少しありました。

全日制のように毎日一日中顔を合わすこともないし生徒の数が少人数というのもいじめが発生しないいい要因だと思います。

自分もこの高等学校の通信制にきた始めの頃は他の生徒と仲良くやっていけるかどうかとても不安でしたが、放課中は優しく声をかけてもらえましたし優しい方が多かったですのですぐに雰囲気になじむことができましたよ。

愛知産業大学三河高等学校の卒業後の進路


自分はこの高等学校の通信制で単位を取得して卒業後、県内の4年制大学の外国語学部へ進学し今では地元の自動車部品メーカーで勤務しています。

しかしこの高等学校の通信課程の授業内容を受けただけでは大学へ進学することは難しいと思います。

この高等学校で受けた授業やカリキュラムが進路に影響することはないですけど、大学へ進学したいならば通信制の授業が全て終わった時間などに自習室で自分の学力に合わせた自習をするなどといった努力が必要になってくると思います。

4年制大学へ進学する生徒はあまりいませんでしたが、短期大学や専門学校へ進学する生徒は結構いました。

それ以外の生徒は卒業してそのまま民間の企業に就職したりする感じですね。


全日制の高校での生活になじめなかった方、いじめなどに遭ってしまった方、是非この高等学校の通信制でまた高校生活を始めてみませんか?

単位制ですので単位が足りない分だけの履修で大丈夫ですし全日制のように毎日通学する必要もありませんので、とてもマイペースな環境で高校生活を楽しむことができますよ。

同じような境遇の生徒さんも多いですしきっと他の生徒さんとも馴染んでいけると思います。勉強面でも皆のレベルに合わせた基礎的な授業が中心ですのでとても安心ですよ。

先生たちも優しい先生が多いですし少人数ですので個別に分からないことも聞きやすいですよ。



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む