飛鳥未来高等学校

【調べてみた】飛鳥未来高等学校の偏差値ってどのくらい?入試の難易度や合格のしやすさを解説

飛鳥未来高等学校の資料を請求する

飛鳥未来高等学校の偏差値はいくつなのでしょうか?

受験を考えている生徒にとって偏差値は気になる要素です。

しかし、飛鳥未来高等学校には偏差値は存在しません。

飛鳥未来高等学校ってどんな学校?

飛鳥未来高等学校は奈良県に本校がある高等学校です。

通信制の高等学校で自学自習が基本のスタイルとなっています。

卒業生からスポーツ選手や芸能人も出ているので、通信制の高等学校の中では知名度の高い学校です。

また、札幌から福岡まで全国に数多くのキャンパスが存在しており、自分の通いやすいキャンパスを選べます。

他にも春の遠足やボランティア活動、体育祭などの参加型のイベントが多数開催されており、他の学生とコミュニケーションを築くこともできます。

生徒のほとんどが進路を見つけられている

飛鳥未来高等学校は、他の通信制高等学校と比べて進路決定率が高いのも特徴です。

2019年度3月の卒業生の進路決定率は約93%となっており、在学中だけでなく進路についてもしっかりサポートされていることがうかがえます。

他にも校則は比較的自由なので服装や髪型を自由に楽しめることもあり、在学生からの評判が良いのも特徴です。

学習面、メンタル面の両方で教員が丁寧にサポートしてくれるのも、高い評価を得ています。

このようなことから、飛鳥未来高等学校は偏差値が気になる人以外にも、色々な人におすすめできる通信制の高等学校と言えるでしょう。

飛鳥未来高等学校の偏差値はいくつ?


飛鳥未来高等学校の受験を考えている人にとって、とても気になることの一つが偏差値でしょう。

果たして今の自分の偏差値で飛鳥未来高等学校に受験しても合格できるのだろうか、と不安に感じている学生は多いはずです。

しかし、飛鳥未来高等学校を受験するのに、偏差値は気にする必要は無いといえます。

なぜならば、飛鳥未来高等学校は通信制の高等学校なので、一般的な高等学校のように学力を測る入学試験が存在しないのです。

これは、全国にある飛鳥未来高等学校のキャンパスの共通点となります。

合格するには面接のデキが大事

飛鳥未来高等学校で採用されている入学試験は、面接試験です。

また、この面接試験を受けるには受験資格が必要で、その受験資格とは学校説明会に参加していることとなります。

この学校説明会に参加さえしていれば、他に受験資格は一切必要ありません。

受験に際して学力が選考基準になることは一切ないので、誰でも安心して受験できるでしょう。

入学後に学力テストが行われますが、これはあくまで自分が今どの程度の学力なのかを把握するためのもので、入学の選考になることはありません。

また、面接試験でも難しいはあまり尋ねられないようです。

対策が必要な面接ではありませんので、自分の思うことを正直に伝えていきましょう。

ただし、あまりに社会常識に反することを答えると、不合格になってしまう可能性もあります。

返答はあくまで常識の範囲内で、更にリラックスした態度で挑めばほぼ間違いなく合格できるはずです。

また、キャンパスによって入試内容が異なってくる場合もあるので、入試を考えているキャンパスの資料を請求して、細かく確認しておくことをおすすめします。

しかし、基本的にどのキャンパスでも学力を問われる試験は行われないので安心してください。

飛鳥未来高等学校に合格するには?


飛鳥未来高等学校の入学試験は書類選考と面接試験になっており、力を問われることはありません。

この書類選考や面接試験も決して難しいものではなく、受験した人はほぼ全員合格できるでしょう。

偏差値などは全く気にする必要がありませんので、学力が不安で他の学校の受験を躊躇してしまうという人でも安心して受験できます。

ただし、申請しても合格できないことも存在します。

申請しても入学できない。どうして?

飛鳥未来高等学校の各キャンパスは、受け入れ人数が決まっています。

このキャンパスの受け入れ人数以上の入学希望者が殺到してしまうと、申請のタイミングによっては入学できない可能性があるのです。

飛鳥未来高等学校は、申請して書類選考さえ通過すれば、基本的に誰でも入学できる学校です。

せっかくの入学のチャンスを定員オーバーで逃してしまうのはとても勿体ないです。

このような事態を避ける為にも、自分が通える範囲にどのようなキャンパスが存在するのか、そしてそのキャンパスについての資料や願書は早めに用意しておくということを心がけていきましょう。

早めに動き出すことが、入学に向けての一番の対策と言えるでしょう。

通信制高校の資料を取り寄せよう

通信制高校の学費は、公式HPに全てのコースの学費が掲載されている学校もありますが、詳細な学費はパンフレットにだけ掲載している学校も少なくありません。

実際に資料を取り寄せたら「学費が思ったより高くて焦った!」という声もよく聞きますので、自分が通う地域にあるキャンパスの正確な学費は、資料を早めに取り寄せて確認しておきましょう。

飛鳥未来高等学校の資料請求に進む