卒業生が語る!中央高等学院(池袋校)ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。

<2018年12月:最新情報>

通信制高校は、年明け1月には出願が始まる学校も多く、12月は学校説明会が活発化する時期になります。願書や募集要項は学校説明会に参加しないと手に入らない学校もありますし、人気校は人数制限をしているところもあるので、まずは通学圏内の学校を調べて資料を取り寄せるところからはじめましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


中央高等学院を卒業したクリです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

中央高等学院(池袋校)の基本情報

住所 東京都豊島区東池袋1-12-8(最寄り駅:JR池袋駅から徒歩3分)
通学コース ライフサポートコース
通信制高校サポートコース
高卒認定試験コース
大学入試コース
社会人コース
中学生コース
介護福祉就職コース
スクーリング カリキュラムによる

ひとりひとりの生徒の個性を受け入れようと努めてくれる学校です。

生徒の相談に親身に乗ってくれたうえで、どのようなコースを選択し、どのようなカリキュラムを組めば良いかをアドバイスしてくれます。

中央高等学院(池袋校)の通学コース


私は通信制高校サポートコースを選択しました。

このコースは、毎日学校に通学する必要はなく、自宅での勉強と学校への通学を併用しながら勉強を進めていき、3年間で卒業できるコースとなっています。

私の場合は、通学する日数は週に1日でした。

私は高校に通うことが馴染めず、一度、普通科高校を中退した経歴がありました。

そのため高校に通うという点についてはトラウマが消えなかったため、入学ガイダンスで担任教諭に相談したうえで、週に1日に通学するのみで、その他は自宅で学習するというカリキュラムを組んでもらいました。

学校に登校した日の授業のカリキュラムは、対面で教わったほうが上達する英語と、苦手としていた数学、そして科学と人間生活という科目の3つの授業構成となっていました。

なお、この学校は1時限目のスタートが午前10時です。一般の高校と比べると1時間遅くなっています。

このため、朝が辛い生徒には、やさしい授業編成となっています。

そして2コマの授業だけで午前は終了し、昼食をはさんで午後1時から3時限目が始まります。

中央高等学院(池袋校)の設備の充実度、専門授業の質


授業の質は、習熟度の低い生徒を基準にして行われています。

通信制高校は、私のように高校を中退している人間や、中学時代から不登校を続けてきた人が通っている学校です。

このため、例えば英語の授業ならば、本来ならば中学で習うレベルの英単語や英文法をメインに扱って授業を進めていました。

そのため、習熟度の高い生徒にとっては退屈な授業と感じられたのかもしれません。私にとっては、自分のレベルとぴったり合うと感じていました。

先生の特徴としては、情熱的な感情を前面に押し出してくる方がいたり、温和な性格でひとりひとりの生徒を気遣うタイプの方もいました。

この点は、普通の高校とは異なり、生徒に対してはフレンドリーでした。

キャンパスの内装は、白い色で統一されていました。なおかつ外から日光が室内に入りやすいように設計されていました。

このため、学校にいるときは暗い気持ちに襲われずに済みました。

太陽の光を浴びていると、人間は明るい気持ちを持つのだと感じることができました。

また、教室の広さは普通の高校よりもやや狭い程度で、約30名が座れる広さとなっていました。

このキャンパスの特徴は、自習スペースがオープンスペースとなっていることや、職員室が受付にあり、オープンスペースとなっている点です。

どこでも誰でもが、自由にコミュニケーションをとれるように設計上、配慮がされていました。

中央高等学院(池袋校)のイベントや学校行事


大きなイベントは毎月のように開催されます。

普通の高校のように4月には入学式がありますし、5月にはディズニーランドへの遠足がありました。

また、7月には修学旅行がありました。

他にイベントとしては、ボウリング大会や冬にはスキー教室もあり、イベントは充実していました。

しかし、クラスメートとは普通の高校のように毎日顔を合わせてワイワイガヤガヤと学校生活を過ごしているわけではなく、それぞれ一人一人の生徒は、通学ペースが異なります。

毎日通学してくる生徒がいれば、週に1日しか通学しない生徒もいるため、普通の高校とは異なり連帯感は乏しいのが実情です。

それに、生徒ひとりひとりには、後ろめたさがあったり、さまざまな事情により通信制高校に通学しているのです。

そのため、積極的に友達を作る生徒もいますが、お互いに一定の精神的な距離感を置きつつ、イベントを楽しむ生徒のほうが多かったです。

そして、3月に卒業式が開催され、単位を取得した生徒は卒業していくのでした。

中央高等学院(池袋校)の雰囲気やいじめ


この学校に通っている生徒のほとんどが、私のような高校中退者や、中学時代からの不登校者です。

いわば社会のレールから一度脱線した人間が通っている学校です。

このため入学当初のクラスの雰囲気は、生徒同士がどこかよそよそしいものがありました。

そして、一方では「自分たちは社会のレールから脱線した人間だよな」という気持ちをお互いに抱くような雰囲気も漂っていました。

そのため、例えば教室の入り口などで生徒同士がぶつかりそうになると、お互いに道を譲って「どうぞどうぞ」という態度で遠慮をしていました。

生徒のなかには、いわゆる尖った生徒もいましたがごく少数でした。

それに尖った生徒も他の生徒と徒党を組もうとはしませんでした。

このためクラス内にいじめは発生しませんでした。

中央高等学院(池袋校)の卒業後の進路


私は卒業後は、大学の通信課程に進学しました。

大学の通信課程ならば、入学試験は簡単な論文で済むのです。

そして大学の通信課程は通信制高校よりも自由度が高く、自宅でレポートを書いて大学に郵送で提出し、試験に合格さえすれば単位を取得できるのでした。

年に数回、スクーリングに出席する必要はありましたが、大学へ出向いたのは4年間で2回で済みました。

私の場合は、通信制高校での授業やカリキュラムは、私の進路については強い影響はなかったです。

ただ、高卒資格を取得することができたため、大学に進学することができたというメリットがありました。

そして私は大学卒業の資格を得ることができたのです。

なお、通信制高校の私の同級生のなかには、大学受験に合格して昼間の大学に進学した人もいました。

一方では、高卒資格を得るとすぐに就職した人もいました。

また、どうしても組織に馴染めないということでフリーターとなった人もいます。


私のように一度高校を中退してしまっても、再度チャレンジできるのが中央高等学院です。

しかも毎日通う必要はありません。私のように週に1日の通学でも問題ありません。

週に何日通うかの選択肢は、あなた自身にあります。自分の気持ちに対して無理をする必要はありません。

一度挫折してしまったけれども、なんとか高卒の資格を取りたいという人には、最適といえる学校です。



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。12月は学校説明会も活発化するので、入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む