ドガポンクリエイター高等学院

ドガポンクリエイター高等学院ってどう?学費は高い?評判をまとめました!

インターネットが普及し、スマートフォンやタブレット端末が当たり前のように利用されている社会において、YoutubeやTikTokといったオンラインメディアを通じて配信される動画への注目が高まっています。

ドガポンクリエイター高等学院は、そのようなインターネットを使いこなすとともに、動画の制作などを手掛けることができる人材を育成することを目的として設立された学校です

同校を卒業した若者たちの多くは、社会に出て即戦力のクリエイターなどとして活躍しています。

学費 年間70万円
スクーリング 年2回各3日から5日(集中スクーリングの場合)
通学コース なし(ただし、部活動や校外学習あり)
専門授業 動画制作の専門授業あり
所在地 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F

ドガポンクリエイター高等学院はどんな学校? 特徴を解説

続いて、ドガポンクリエイター高等学院の特徴を、3つのポイントから見ていくことにします。

専門スキルが取得可能

ドガポンクリエイター高等学院を卒業すると、高校の卒業資格が取得できますが、それに加えて、同校で学ぶことによってインターネットや動画制作についての専門的なスキルが身に着けられます

それらのスキルは、オンライン関係の仕事をする上では必要不可欠なものですので、将来的にそういった仕事を希望している学生にとっては、同校で学ぶのは魅力的な選択肢であると言えるでしょう。

出席ノルマがない

ドガポンクリエイター高等学院では、オンライン学習に重点を置いており、他の通信制の学校によくあるような出席ノルマは一切設けられていません。

通学しなくても、専用チャットを使って、自習室や職員室、交流グループ、学年毎のグループといった単位で、教師や生徒と交流できるようになっているので通信制の学校にありがちな孤独感にさいなまれるといった心配はあまりありません

作品発表会やオンライン勉強会、著名人の講演会といった各種行事も充実しているため、充実した学校生活を送ることができるでしょう。

丁寧な指導

ドガポンクリエイター高等学院では、生徒一人ひとりに、講師とチューターがダブルで付いてくれ、基本的なパソコンの仕組みや使い方から高度な動画制作のスキルまで一から丁寧に指導してもらうことが可能です。

そのため、初めてパソコンに触れる学生でも無理なく学習を進められ、卒業時にはプロのクリエイターとして活躍していけるだけの実力が得られるのです

ドガポンクリエイター高等学院のコース/カリキュラムについて


ドガポンクリエイター高等学院では、通常の動画クリエイティブ/マーケティング総合コースに加えて、オプションで利用できるその他のコースが用意されています。

ここでは、それぞれのコースやそのカリキュラムの内容を紹介します。

動画クリエイティブ/マーケティング総合コース

動画クリエイティブ/マーケティング総合コースは、ドガポンクリエイター高等学院で学ぶすべての学生が履修するコースです。

動画制作に加えて、ディレクターやマーケター、インフルエンサー、マネージャー、プロデューサーとして活躍できる、動画に関する幅広いスキルを習得できるというのがこのコースの特徴です

動画マーケティング企業が監修した実践的なカリキュラムを通じて学べるようになっているので、このコースを終えた学生は即戦力として活躍できるだけの実力を身に着けることが可能です。

コピーライティングコース

コピーライティングコースは、その名の通り、コピーライティングについてのスキルを学ぶコースです。

台本の構成から、タイトルやサムネイルの作り方まで、一通り学べるようになっているので、ディレクターやマーケターとして活躍したい学生におすすめできます

Youtubeチャンネル応用コース

Youtubeチャンネル応用コースは、動画サイトであるYoutubeを利用して商品やサービスの売上をアップさせるために必要なスキルを身に着けるコースです。

プロが監修した実践的なカリキュラムで学べるようになっているので、実践的な力を養うにはもってこいです。

ドガポンクリエイター高等学院の学費は高い?


ドガポンクリエイター高等学院の学費は、年間70万円となっており、前期と後期に分けて35万円ずつを支払う必要があります。

また、学費とは別に入学金として6万円を納めなければなりませんので、初年度は併せて76万円の出費となります。

この76万円というのは、一般的な通信制高校の学費が20万円前後であるというのと比べると、高めであると言えるでしょう。

通信制高校よりも、むしろ私立の高校と同じくらいの水準であるため、決して安いとはいえません。

もっとも、だからといってドガポンクリエイター高等学院の学費が割高であると考えるのは早計です。

というのも、同校のカリキュラムを通じて身に着けられる動画制作のスキルなどは、通常の高校に通っていたのでは、決して学ぶことができない高度な内容だからです

ドガポンクリエイター高等学院では、生徒が一流のスキルを学べるようにするために、現役プロ講師がマンツーマンに近い形で指導に当たる体制を構築しています。

また、カリキュラムについても業界の第一線でビジネスを行っている企業に監修してもらい、実践感覚を養えるリアルな内容となっていますので、他校ではなかなか経験できない本格的な環境の中でパソコンや動画制作に関するスキルを養えるというわけです。

同様の環境で学びたい場合には、動画に特化した専門学校に通ったりする必要がありますが、そのためには100万円を超えるような学費を負担しなければなりません。

それを考えると、ドガポンクリエイター高等学院の学費は、割安と言えるかもしれません。

ドガポンクリエイター高等学院のサポート体制ってどう?


ドガポンクリエイター高等学院では、生徒が自分のペースで一歩一歩着実に学びを深められるように、現役のプロ講師とチューターによるダブル専属体制を採用しています

授業で分からないことが出てきた場合や、自分の進路に悩んでしまったような場合には、オンライン上で生徒が彼らに気軽に質問できる環境が整っているので、通信制であっても途中で学ぶ意欲を失ってしまうようなことはありません

また、チューターはメンタルサポートも担当しているため、不登校やアスペルガー症候群、ADHDといった症状で悩んでいる生徒も受け入れ可能です。

学校内にはメンタルサポートの専門家もいるので、何かあった場合でも安心して相談することができるでしょう。

ドガポンクリエイター高等学院のメリット(向いている人)


ドガポンクリエイター高等学院で学ぶ最大のメリットは、卒業後に即戦力として業界で活躍できるだけの高度な動画制作などのスキルが身に着けられるという点にあります。

プロの講師にマンツーマンに近い形で指導してもらえるため、これまでに動画を作った経験がないという生徒でも、着実にスキルアップをしてクリエイターになるという夢を実現できるというのが同校の持つ最大の魅力なのです。

また、通信制でありながら部活動や課外学習といったイベントが用意されているため、学習のモチベーションを保ちやすいというのも同校に通うメリットです。

ドガポンクリエイター高等学院のデメリット(向いていない人)


ドガポンクリエイター高等学院で学ぶうえで注意しなければならないデメリットは、それほど多くはありませんが、強いて挙げるとすると、基本的に通信制の学校なのでたまには教室でクラスメイトと席を並べて学びたいと考えているような生徒には向かないかもしれないという点を頭に入れておいた方が良いかもしれません。

もっとも、オンラインチャットなどを通じて、クラスメイトと交流する機会はふんだんに用意されているので、そこまで大きなデメリットとは言えないでしょう。

学費の安い通信制高校へ資料請求!
簡単無料1分で資料請求