通信制高校の評価

卒業生が語る!福島県福島私立尚志学園ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。

福島県福島私立尚志学園を卒業したメーメです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

失敗しない学校選びのためには、

  1. 通える範囲にある通信制高校を調べる
  2. 資料を請求して見比べる
  3. 学校説明会に行ってみる

という3つの行動が大事です!

通学圏内にある通信制高校を選んだほうが、勉強や進路でわからないことを聞きに行くことができるので、高校卒業がしやすくなります

まずは住所を入力して、学校資料をまとめて取り寄せましょう▼

通学圏内の学校資料を一括請求する(無料)

福島県福島私立尚志学園の基本情報

住所 〒960-8044 福島市早稲町2-24(最寄駅:福島駅東口)
通学コース 普通科
単位制
通信制

プランニングで科目選択し必要日数の授業に参加(課外修行を含む)、レポートの提出期限を守って提出、期末試験受講する。

74単位取得しなければならない、通常の通信制の高校にはない3年間在籍での卒業可能で課外授業イベントが多いことが特徴的。

他の高校よりも資格を取得している人多い。進学、就職率も高い。

福島県福島私立尚志学園の通学コース


授業によって出席日数が定められており、その日数に参加すること教科ごとのレポートを提出することで期末試験が受講できる。

課外授業に参加するとある教科の授業に参加したことになりその分の教科の授業出席日数へと反映されることになる。

期末試験も合格点が決まっており達成しなければ赤点となり追試試験となる。

成績は、授業参加日数+レポート評価+試験結果の総合した成績でつけられることとなる。

選択教科と指定教科のない時間もあるため日によって授業がある場合とない場合、ない時間帯とある時間帯がある。

ない時間帯は学習室で自主学習に取り組む人がいたり一度帰る人がいたり高校周辺で過ごすなどさまざまです。

ほとんど自由参加に近い高校です。

卒業できる時期は最低でも三年ですが中退して他校からの転入な場合はその取得していた単位+卒業するのに足りない単位をプラスし無事卒業することが可能となります。

卒業年数も自分で設定することができマイペースに決めることができます。

福島県福島私立尚志学園の設備の充実度、専門授業の質


2017年度に新しく校舎が建てられたばかりの駅チカでとてもきれいな高校です。

教室の広さは普通の高校とほとんどかわりないと思います。

前までは校舎が別の場所にあり登校するのも駅から10分くらい歩いた場所にありましたが、駅から3分かかるかかからないかの場所に建てられたのでとても通いやすいです。

体育の授業の時は毎回別の施設集合で授業を受けていましたが、校舎に体育館もできたようなのでとても楽になったとのではないかと思います。

尚志高校の単位制・通信制へ通うか迷っている中学生や一般の方は入った方がいいと思います。

在学していて入って後悔したことは全くなくて無理せずに自分のペースで集中して学習をすることもできてよかったです。

人と接することが苦手な方でも先生と話すことさえできるなら大丈夫です。

授業の質も分からないくらい難しいということはなくやる気があるかないかで理解できる内容ではないかなと思います。

福島県福島私立尚志学園のイベントや学校行事


行事は1年生からでも毎年修学旅行があり基本は東京でスカイツリーや東京タワー、ディズニーランドかディズニーシーに行くみたいですが、アンケートを取って人数の多かった場所に行くみたいで大阪のUSJとか京都の金閣寺や清水寺をみたりすることもあったみたいです。

参加は自由なので1回だけの生徒がいたり3年間連続でいく生徒もいるみたいです。

イベントごとは毎年学校祭があります。

お化け屋敷がやっぱり人気だそうですよ!!たこ焼きやクレープなどの食べ物は無料だそうです。

生徒以外の一般の方も入ることができるので迷っていいる方は行ってみて雰囲気とか説明を受けてみるとといいと思います。

その他にも、遠足やスケートなどの体験事は毎年同じだったり変わることもありますがイベント数や学校行事数は多い高校なので楽しいです。

わらじ祭りには生徒会をしている子や自由参加という形でダンスを期間中練習して本番に向けて頑張っているみたいですよ!

福島県福島私立尚志学園の雰囲気やいじめ


クラスの雰囲気は本当に和やかな雰囲気自由な感じがとても感じられます。

先生と生徒の距離感も近くて悩みとかの相談も聞いてもらうことができたり、解決方法を一緒に真剣に考えてもらったりもしました。

私服,コスプレ、市販の制服を組み合わせて着てくる生徒、全日制の尚志高校の制服を着てくる生徒服装は自由で色々で授業を受けていました。

いじめはないと思います。

出席する教科もほとんどの人がバラバラなので本当に仲がいい人同士が合わせて同じ教科をとる感じの子が多いし、コミュニケーション能力が高い子は毎回違う子と会話してますね。

ひとりで居たい子は一人でいるし誰かといたい子は仲いい子でグループでいるっていう感じが多いと思いますよ。

福島県福島私立尚志学園の卒業後の進路


卒業後の私の進路は大学に進学して一般事務の正社員就職をしました。

大学で勉強したものとは全く異なる仕事に就きました。

学校での授業やカリキュラムは、進路に影響しなかったこともありましたが、英語とか勉強する中で勉強にはとても役にたったと感じています。

周りの生徒は大学に進学していく子や専門学校に通うことになった子がほとんどでした。

もちろん、就職活動をして就職をして正社員の道を選んでいた子もいました。

みんなどこかの道にはちゃんと進んでいましたよ!

大学は近辺や県内よりもは県外に決める子が多いかなと思われました。

就活している人をみて進学を選んだ私は就職するにはちゃんと仕事できるのか不安だったのですごいと思っていました。

アルバイトと学業を両立ししたて頑張りたいと考えている人やじっくりと自分のペースで卒業したい方にお勧めです。

体験できてよかったとおもうことはやっぱり成人したら自由がきかないときもあるので、学校行事に参加してみたり、体験学習に参加して良かったと思いますし良い思い出です。

学校選びに失敗しないために

通信制高校には、公立校と私立校がありますが、

1.通学圏内の通信制高校をリストアップする

2.資料を取り寄せる

3.学校見学や説明会に行ってみる

という3つの手順を踏んでいくと、自分に合わない通信制高校を選ぶ確率はぐっと減ります。

通学がほとんどない通信制高校もありますが、授業でわからないことがでてきたときに相談できず、そのまま勉強が嫌になって、中退してしまうことも

いざ、というとき相談できる環境を用意しておく上でも、

通学県内にある通信制高校

を選んでおいたほうが、高校卒業はしやすいです。

また、2020年から、国から支給される就学支援金によって、私立校であっても授業料が免除となりました(世帯年収590万円未満の場合)。

私立校であっても、年間学費10万円以内で通える高校はたくさんあります。

また、公立に比べて私立高校のほうが、生徒のサポート体制や専門授業が充実していて面白い学校が多いです。

まずは、通学圏内にある通信制高校をリストアップして、学費や専門授業の質など、希望に合った学校を選択していきましょう。

近所の通信制高校をいちいち調べるのは時間もかかりますし、学校の漏れもでてきます。

効率よく情報収集をするには、一括資料請求サイトで住所を入力して、パンフレットをまとめて送ってもらうのが簡単です

人気校の場合、受入生徒数に制限があることもありますので、まずは早めに資料を取り寄せて、学校説明会や学費などの情報を確認するところからはじめましょう!

通学圏内の学校資料を一括請求する(無料)