卒業生が語る!群馬県立前橋清陵高等学校ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。

<2018年12月:最新情報>

通信制高校は、年明け1月には出願が始まる学校も多く、12月は学校説明会が活発化する時期になります。願書や募集要項は学校説明会に参加しないと手に入らない学校もありますし、人気校は人数制限をしているところもあるので、まずは通学圏内の学校を調べて資料を取り寄せるところからはじめましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


を卒業したしばふです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

群馬県立前橋清陵高等学校の基本情報

住所 群馬県前橋市文京町2丁目20-3(最寄り駅:JR前橋駅)
通学コース 普通課昼間部
普通課夜間部
普通課通信
看護課通信
学費 入学料:500円
教科書代:約20,000円
スクーリング 2回/月

県立前橋高校と県立前橋女子高の定時制夜間部を統合し、名称をあたらしくしたのが前橋清陵高校です。

通信制も普通課と准看護士となるコースがあります。

また、無学年生であり授業クラスには在学生が年齢に関係なく授業を受けます。

クラス単位での行動はほとんどなく、また制服もありません。

群馬県立前橋清陵高等学校の通学コース


私は普通課の昼間部に通っていました。

夜間部や通信制との交流はほとんどないのですが、私は部活が昼夜合同だったので、夜間の友達もいましたしよく夜間部へ遊びにいったりしていました。

年齢は15歳以上だれでも受験できるのでいろいろな年齢がいました。

昼間部は2時間1枠の授業で2単位、一日に6単位3教科を勉強します。そのため荷物は少ないです。

しかしロッカーなどがなかったので、荷物は授業ごとにすべてもって移動します。

月・木、火・金が同じ授業で水曜日だけ一週間に1度だけの授業になります。

各授業も年齢がばらばらで、最低限の必須授業以外は好きな授業を選択していきます。

1、2年で毎日6時間勉強していると、3年のときには少し卒業単位までに余裕があり、私は部活をしていたので早く帰るよりも朝を開けて学校へ行っていました。

そのため、3年になって免許を取れる許可をもらったあとは朝の空いている間に自動車教習を受けに行くことができました。

群馬県立前橋清陵高等学校の設備の充実度、専門授業の質


通信制の中には、車いすなどを利用する人もいるので2か所ほどエレベーターがあります。

しかし、普段は利用しないので電源が入れる鍵がかかっています。

当時1クラス40人で2クラス、1学年80人だけでした。

1年で1単位でも習得できれば、次年へクラスはあがりますが、卒業必要単位が足りなければ、4学年として残留する形になります。

そのため、4学年は1クラスでした。夜間部もほぼ同数です。

ただ、夜間部は最低単位まで4年かかるので4年も2クラスありました。

図書館や特別授業教室もしっかりとあります。

普通教室は、エアコンのついている新教室と、旧校舎とわかれていてホームルームで使う教室としては、3年4年次のクラスがエアコンのある教室になります。

図書館には、数人で使う平机のほかに個人で使える勉強机があります。

辞書類なども数冊ずつ用意されており、授業などでは借りにいけます。

体育は体育館で行われることがほとんどですが大きな体育館ホールは3階にあり、2階には卓球や柔道などができる武道室があります。

群馬県立前橋清陵高等学校のイベントや学校行事


芸術教室として映画を観賞する機会があります。

体育館で上映されるときもありますし、映画館に公開している映画を見に行くこともあります。

修学旅行は、仕事を持っている生徒を考慮して日帰りで行なわれます。

泊まりではないので、低予算で行くことができます。また、3年間のうち一度だけではなく、毎年行くことができます。

もちろん、行かずに登校し早めにあがって遊びに行くこともできます。

バスでの旅行になるので、ほとんどが関東近隣へのおでかけになります。

普段あまりクラスの人間と顔を合わせることがないので、ぎこちない雰囲気のクラスもあります。

クラスの中でも仲の良いグループがあり、それが数個集まっている感じでありりお互いに干渉しない適度な距離感があります。

部活動をしているひとはどちらかといえば、部活の仲間とのほうがどのイベントでも盛り上がります。

テストは年に4回です。回数は少ないですがその分出題範囲は広くなります。 など、学内のイベントや学校行事について教えてください。

群馬県立前橋清陵高等学校の雰囲気やいじめ


自分のことは自分でするという雰囲気です。

不登校な生徒でも、自分のペースで通うことが多いのでいじめにあったりして不登校だった、中学はいきたくなかったなどの生徒もいます。

また、純粋に勉強は嫌いだったから、という生徒や自分のペースでやりたいことをしたいから、という理由の生徒もいます。

ほかの高校を中退した生徒が、高校を卒業したいからと通っていることもあります。

中学時代にいじめにあったりした生徒もいるので、そう言った雰囲気はないです。

また、クラスでの行動もほとんどないのでいじめにはなりません。

近くに大きなショッピングセンターがありますが、先生が巡回したりしているし駅までの道も大きく夜でも明るいので治安的にはとても良いと思います。

群馬県立前橋清陵高等学校の卒業後の進路


私は卒業後、学校推薦枠で県内の医療系の専門学校へ進学しました。

まじめに授業にでて、テストに出ていれば評定は悪くはないので、推薦枠をもらうことができました。

同じ学校へは自分の他に学校推薦枠で1名進学しました。

同学年の中で卒業後は専門か短大へ進学する人が多く、大学受験が2割ほど、そのまま就職やフリーターなど仕事につくことを選ぶ人が2割ほどでした。

また年長者の中には、すでに仕事についている人もいたのでそう言った人は、もともと仕事に戻っていく感じです。

学校の授業の質的に、当時は底辺に合わせて授業を組む形だったので大学受験をする人は、自分で塾や先生に教わりに行くなどしないと受験には難しかった、というようなことを受験した友人は言っていました。


中学校は不登校だったけれど、高校は通ってみたい人。

勉強はして、高校は卒業したいけど普通高校へ通うことに抵抗がある人などにはお勧めだと思います。

自己管理が必要にはなりますが、授業に毎日通えなかったら、通信と併用したり自分のペースで卒業を目指すことができます。



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。12月は学校説明会も活発化するので、入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む