NHK学園高等学校ってどう?⇒評判や学費・口コミを確認する!|通信制高校選びの教科書
NHK学園高等学校

NHK学園高等学校ってどう?⇒評判や学費・口コミを確認する!

まさに「THE 通信制高校」という名前にふさわしい「NHK学園高等学校」。

50年の歴史がある通信制で、これまでに68,000人、現在も約4,400人の生徒が在籍している日本最大規模の通信制高校です

この学校の特徴は、学費が安く、様々な年齢の人が自由に学べる環境が整っていること。

コースによっては年間学費10万円、教材は「NHK高校講座」で行うため、中高生だけでなく社会人や主婦の生徒さんも多いです。

学費的にも入学ハードル的にも、日本で一番「学びやすい」通信制高校のひとつといえるでしょう。

年間学費272,000円〜
スクーリング年4回〜週3回
通学コースネット学習コース/ネット学習Doitコース/ネット学習海外コース/登校コース/ベーシックコース/教養コース/海外特科コース
進学先慶応大学、早稲田大学、同志社大学、明治大学他

NHK学園高等学校の学費・授業料

学費の納入シミュレーション:スタンダードコースの場合

1年次生(24単位取得時)

受講料288,000円
施設設備充実費10,000円
教育運営費用20,000円
生徒会費2000円
合計320,000円

2年次生(26単位取得時)

受講料312,000円
施設設備充実費10,000円
教育運営費用20,000円
生徒会費2000円
合計344,000円

3年次生(24単位取得時)

受講料288,000円
施設設備充実費10,000円
教育運営費用20,000円
生徒会費2000円
合計320,000円

※上記のほか、教科書代等で1科目あたり2,000円程度かかり、その送料1,100円(年額)が必要になります。

就学支援金を受給した場合の実質的な負担額

就学支援金は世帯年収によって支給金額が変わります。下記は、年収区分別の就学支援金一覧です。

〜250万円240,000円の支援
約250〜350万円230,976円の支援
約350万円〜590万円173.232円の支援
590万円〜910万円115,488円の支援

これを踏まえた上での、実質的なNHK学園高等学校の年間学費は以下の通りです。

〜250万円32,000円
約250〜350万円41,024円
約350万円〜590万円98,768円
590万円〜910万円156,512円

NHK学園高等学校の徹底評価!

NHK学園高等学校は毎年1000名以上(!)の卒業生を輩出しているという日本最大規模の通信制高校です

仕事がある人や、自分のやりたいことが明確に決まっている人、主婦の人などがまず最初に検討すべき通信制高校といえるでしょう。

授業は「NHK高校講座」を使って進めていくので、自宅でもどこでも受講可能。

スクーリングも年4日、提携キャンパスに通うだけでOKなので、忙しい人でも自分のペースで高校卒業を目指すことができます。学費もコースによっては10万円代で済むため、経済的な負担も少ないのが大きな魅力です

NHK学園高等学校のコース

NHK学園高等学校の特徴として、インターネットを利用した自宅学習がメインのネット学習コースや、週3日程度登校し授業を受ける登校コースなどから自分に合ったものを選べることです

スタンダードコース&ライフデザインコース

スタンダードコースとライフデザインコースでは、NHKのEテレやラジオ第2で放送している「NHK高校講座」を視聴して勉強を進めます。

NHK高校講座はHP上でスマホでも見られるため場所や時間にとらわれず、自分の好きなペースで学習できるのが最大の強みです。

自分がどの科目をクリアしたかなどの学習の達成具合ははインターネット上で確認します。またレポートの提出も同じくインターネット上で行います。このレポートは記述式の問題となっていて、紙でのレポートと比べ、遜色ありません。

教師はメールを通じて質問に答えたり、解説するだけではなく、テレビ電話を通じてリアルタイムで勉強を教えてもらうことができます。

スタンダードコースのスクーリングは月1~2回で、全国にある協力校か、東京本校に登校しますあるいは10月から12月に行われる4日間の集中スクリーニングに参加することもできます。

一方、ライフデザインコースのスクーリングは年間2~4回でNHK学園高等学校のコースの中で最低限の登校日数で済みます。

登校コース

登校コースでは、週3日(水・木・金)登校し、勉学に励みます

1クラス20~25人の少人数制で、生徒の学力に合わせたクラス編成が行われます。これにより授業の難易度が適切になり、少人数指導も合わさって「勉強についていけない」と生徒があきらめてしまう時も安心です。

タブレットを使用したIT授業も取り入れており、更にはAIにより生徒の苦手分野を発見し、生徒一人ひとりに合わせた専用の問題集を与えられ効率的な学習が行えます。

放課後には授業で分からなかったことを質問できたり、部活動を行ったり、学園祭や遠足があったりと、学校生活を楽しむことが出来ます。

NHK放送センターで番組制作現場を見学するというNHK学園高等学校ならではの行事も。また、先生やカウンセラーの先生に直接、気軽に相談することもできます。

どんな境遇の生徒でも通いやすい環境

またこの学校には10代から80代までの人が通っており、

「色んな年代の人が学んでいるのが普通」

という雰囲気になっています。

他の通信制高校でも社会人受け入れがある学校は多いのですが、やはり現役中高生の年代(15歳〜18歳)が多くなります。ここまで幅広い年代が通っているのはNHK学園だけといえるでしょう

逆に、あまりに色んな年代の人が学んでいるので「学校」という雰囲気はなく、高校生で転編入する人は、戸惑うこともあるかもしれません

このあたりは、あなたがどんなキャンパスライフを送りたいか?を意識しながら、他の学校と比較してみてください。

NHK学園高等学校の進学実績

さすがに年間大勢の卒業生を輩出しているだけあって、

慶応大学、早稲田大学、同志社大学、明治大学などの国公立・私立問わず、難関大学へと卒業生を輩出しています

ただ母数も大きな学校になりますし、学費も安いこともあり、大学進学を希望する生徒はは予備校や塾と併用していることが多いです。学校のカリキュラムだけで、どれだけのレベルの大学を狙えるかは進学前に確認しておきましょう

NHK学園高等学校の口コミ・評判

オーストラリアにバレエ留学しているのですが、NHK学園には海外からでもインターネットを通じて学べるeコースがあり、海外からでも単位取得ができるので助かっています。

他にも何人かバレエ留学をしているようなのでライバルの存在を感じながら勉強とバレエを続けています。

高校には行かずに整備士として働いていたのですが、整備士の資格だけは高卒資格が必要と知り、もう一度高校入学を決意しました。

働きながら高校の勉強を進めるのは大変でしたが、NHK学園には年代の違うたくさんの人が通っていたので「自分もがんばろう」と思い勉強を続けてきました。卒業証書がもらえたときは感動で身体が震えるほどでした。

たくさんの年齢・職業の人が一緒に学んでいるので、月1-2回のスクーリングで、色々な話しを聞くことができたのが新鮮でした。特に社会人の方のアドバイスやお話は、自分の進路を考える上でとても役立ちました。
]幅広い世代の方が通っているので「これが高校生活?」というほど地味な毎日でした。

ふつうの高校生活を想像するとギャップで拍子抜けしてしまうと思います。NHK学園は社会人やお仕事をしている人が多く通っているので、高校中退後になんとなく来てしまったり、ハッキリとした目的意識がないと続かないかも。

僕はいじめによる不登校で中学校にはほとんど行くことができませんでした。高校受験の頃には更に入院もしていたので、高校に入るのは正直諦めてました。

NHK学園ではそんな僕でも自分のペースで通うことができ、授業もとても楽しかったです。今は大学4年生なのですが、小学校の先生を目指しています。NHK学園では、少しでもいいので自分の出来ることをこつこつやっていくことが大事だということを学びました。

みさお(2015卒業)
みさお(2015卒業)

愛知県在住です。近くの私立高校が「協力校」になっていましたので、月1〜2回、添削、面接指導を受けるために通学しました。

「協力校」迄は公共交通機関を利用していましたが、市電を利用して最寄りの電停から徒歩15分か、バスが1時間2〜3本と、通学の面ては少し不便さを感じでいました。

「協力校」は私立高校の割には設備が古く感じる、冷暖房完備と言っていながらも稼働していないこともあるので、冬は教室内が寒くて通学が辛かったです

学費は高いと感じることがありますが、通信制なので妥当な金額かな、と思いました。高校を中退して大学検定受験の予備校に約1年半通塾した後輩に聞くと、合計で約50万円、「大検取得して大学入学、卒業したから大検の意味があるよ。」と言われました。

NHK高等学校の本校は東京ですが、協力校が全国にあり、私は福岡の協力校に通っておりました。

学校は綺麗で広くエレベーターもあり、学食が充実しています。通学は月に2回、後はレポート提出、またテレビ、ラジオでNHK高校講座を視聴しレポート作成し、郵送する必要がありました。

レポートは教科書を見れば、大体が回答できるものばかりで、そこまで難しく感じることはありませんでした。

不定期ですが、本校の先生が、協力校に訪問して下さることもあり、学習や単位の相談にものっていただきました。働きながら通うことができるので、生徒の年齢も幅広く、風通しがよかったです。

みおり(2014卒業)
みおり(2014卒業)
学費は受講する科目数にもよりますが、大体1年に30〜35万程度です。

私が通っていた頃と少し異なるところもあるかもしれませんが、私が通っていた頃は紙レポートとネット完結学習の2種から選べ、自分にあった学習スタイルで学ぶことができました。

通信制高校ということで色々な不安がありましたが、先生方がとても優しく、レポートの添削なども丁寧でした

ただし授業はスクーリングで通う学校の先生から受けることになるので、そこは当たり外れがあるかもしれません

課題や進路の相談は本校(NHK学園)の先生にすることができ、やはり丁寧にサポートしていただいていた記憶があります。

進学実績なども知ることができ、NHK学園高等学校から国公立大学に進学した人も何人もいるようでした。

通学制よりも学費はリーズナブルですし、その割にしっかりしたサポートと質があったと思います。

古くからある通信制高校なので、そこも安心できるポイントです。(私の父もNHK学園高等学校の卒業生です。

25年ほど前に通っていたはず)簡単な球技大会のようなものもあり、主体性は必要になりますがとても楽しい学校生活が送れました。

あきひろ(2017卒業)
あきひろ(2017卒業)

学費がそこまで高くないにも関わらず、レポートの添削もしっかりしており、登校した際も先生のケアは手厚かったです

また、学校自体が大きく、教室数も多かった印象です。音楽室や調理室、もちろん体育館やグラウンドも揃っておりどこも清潔感はあったし不足感はありませんでした。

大学受験の際も、非常に気にしてくださり、面接練習をお願いすると快諾してくださった上に入退室から受け答えまで指導してくださいました。

このように、全体的に支払う学費に対して不満はほぼなく、むしろ妥当、もしくはそれ以上のことをしてくれる通信制高校だと思います。

先生方も一人一人に寄り添って接してくださるのでそういった点でも通いやすく、続けやすい学校だと思います。

NHK学園高等学校をおすすめできる人、できない人

NHK学園高等学校は、週5日決まった時間に登校する必要がない学校です。

中学校でつらい思いをして登校拒否となった方や、起立性障害などにより決まった時間に登校することが難しい方におすすめです

また、インターネットを利用してどこからでも授業を受けることができるため、より多くの時間を夢をかなえるための努力時間に充てたい人や、海外で頑張っている方にもおすすめと言えます。

少ない日数で定期的に登校し、学校生活も楽しみたいという方にも、東京周辺に在住の方であれば合っていると言えるでしょう。

一方で、全ての人におすすめできるとも言えません。

NHK学園高等学校には様々な世代の方が在籍し、学びを深めています。同じ高校生の年代の人を中心に関わりたいという方は、違う学校を調べてみた方が良いかもしれません

また、登校コースを行っている学校は東京本校だけですので、東京周辺に在住でない方は、週3日登校するコースは選択できません。東京周辺以外に住んでいる方で、少ない日数で定期的に登校したい方にはおすすめできません

NHK学園高等学校の入試情報

NHK学園高等学校の入試情報について説明します。

NHK学園高等学校の入試方法には、推薦入試と一般入試があります

入学選抜料は共に10,000円です。

推薦入試

推薦入試では、書類選考と面接によって合否選抜が行われます。推薦入試ですので、所属中学校の学校長の推薦が必要です。

しかし、一般的な高校の推薦入試で重視される、評定や出席日数は問いません。NHK学園高等学校の学習システムをよく理解し、入学後意欲をもって学習できることが重視されます。

面接はまじめに受け、勉強する意欲があることを面接官にアピールしましょう。

一般入試

一般入試でも選考方法は書類と面接です。

一般入試は新入学と後期入学の二つのタイミングがあります。

自分に合った通信制高校を選ぶヒント

通信制高校というと「学校に行かなくてもいい」というイメージがあると思います。

ですが一度も行かなくてもいい通信制高校はありません。国や学校が定めた回数は登校する必要があります。

そのため「行きたくない」と思う人ほど通学圏内にある通信制高校を選んだ方が、通学のハードルが下がってよいでしょう。

まずは通える範囲内にどのような通信制高校があるかを探しましょう。NHK学園高等学校だけでなく、他学校の資料も取り寄せて、学費やカリキュラムを比較するところからはじめてみましょう。

夏に向けて説明会やオープンキャンパスを開催中!希望校の資料を取り寄せよう
通学エリアの学校資料を請求する
\募集要項と願書は手元にありますか?/
通学エリアの学校資料を請求する