卒業生が語る!京都府立朱雀高等学校(通信制コース)ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。

<2018年12月:最新情報>

通信制高校は、年明け1月には出願が始まる学校も多く、12月は学校説明会が活発化する時期になります。願書や募集要項は学校説明会に参加しないと手に入らない学校もありますし、人気校は人数制限をしているところもあるので、まずは通学圏内の学校を調べて資料を取り寄せるところからはじめましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


こんにちは、過去に京都府立朱雀高等学校の通信制コースを卒業したJIGENです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

京都府立朱雀高等学校の基本情報

住所 〒604-8384 京都府京都市中京区西ノ京式部町1(最寄駅:JR二条駅)
学費 入学金 450円
授業料 175円(1単位)
その他 16,000円(教科書、諸経費など)
通学コース 全日制、定時制、通信制
スクーリング 週1~2日(月か水の夜間)or月1(日曜日)
進学先 進学25% 就職19%

公立の高校で、全日制から通信制まで私服で登校することができます。

そのためゆるやかな感じの学校で、通信制コースでは自由なイメージがあります。

登校する時間などが異なるので、他のコースの生徒と顔を合わせることは少なくなっています。

  京都府立朱雀高等学校の通学コースと時間割について

京都府立朱雀高等学校では基本的にはレポートを郵送で提出し、自宅のテレビなどで学ぶこともできます。

最低限の出席は必要ですが、週2回通っていれば問題はなく、夕方の6時頃から9時くらいまで授業を受けていることが多かったです。

最低限の出席をしていてレポート提出を行っていれば基本的に単位を取ることはできるので、そこまで無理に毎回出席することはありませんでした。

教室にはいつも違ったメンバーがいますが、毎回来ている人とそうでなない人がいるので、一人で黙々と授業を受けている人も多い印象を受けました。

私も出席は少なかったため、誰かと友だちになると言うことは少なく、少し話をする程度でした。

人付き合いが苦手でも通いやすいと思います。

すべての授業に出る必要はないので、自分が分からないと思った授業だけ受けるなど、融通はききやすい雰囲気でした。

京都府立朱雀高等学校の設備の充実度、専門授業の質

全日制や定時制もある学校なので、設備などは整っていました。

もちろん雰囲気も比較的明るいですし、学校自体も広いので開放感はあります。

私は途中まで全日制にかよっていましたが、通信制に変わったのであまり違和感を覚えることはありませんでした。

通常の全日制の授業を受ける教室があるので、通信制とは言え広い教室です。

クラスの人数は全員出席していることがほぼないので把握することが難しいですが、授業に行けば結構席は埋まっていたので人数自体は多いと思います。

京都市内の公立高校で通信制の学部がある高校はそれほど多くないと思うので、この学校は比較的たくさんの人が通っていたのだと考えています。

授業に関してはレポートを書く上で必要なことを教えてもらうことができたので、分からない部分を確認する時に役立つものでした。

京都府立朱雀高等学校のイベントや学校行事について

新入生として入学した時はスポーツ大会などの催しがあります。

あまり普段話すことが少ない人と関わりを持てるように他のイベントも行われています。

文化祭のようなイベントの代わりとして通信祭が毎年行われます。

この時は模擬店や劇などの催しが行われるので結構たくさんの人が出席していました。

もちろん練習などは強制ではないので自由ですが積極的に参加することもできます。

当日の通信祭では文化祭と同じようにいろいろな出し物を楽しむことができるようになっています。

また生徒総会が年に2回行われることが特徴です。

部活などをしている人にとっては予算なども決まりますし大切なイベントです。

また委員会の人選などもこの生徒総会で行われます。

卒業をする時には卒業祝賀会が行われます。

在校生が卒業する人達に対してお祝いをする会なので楽しむことができるでしょう。

通信制は卒業までにかかる時間も人それぞれなので、これまで大変だったことなども卒業祝賀会で話したりできますし、卒業の喜びを感じることができる会になっています。

京都府立朱雀高等学校の学校全体・クラスの雰囲気やいじめについて

必ず出席しなければならないと言うこともないので、自由度はとても高かったように思います。

クラスの雰囲気も常に和やかなものでしたし、そこまで深く関わることが少ないので、問題なども起こりにくかったように思います。

もちろんいつも出席している場合には何らかのトラブルもあるかもしれませんが、怖い雰囲気ではないので安心して通える高校でした。

やはり全日制もある学校なので、集まる層も一般的な雰囲気の生徒が多かったように思います。

年齢層などはさまざまですが、私が通っていた時にはふつうの高校生から20代で働いているような感じの生徒が多かったです。

あまり出席をしないつもりであれば、問題なく通える通信制高校だと思います。

京都府立朱雀高等学校から卒業後の進路について

卒業する前に、学校から進路についての話があります。

高校を卒業してすぐに働こうと考えている人も多いので、就職を斡旋してもらう人が多い印象を受けました。

もちろんすでに働いている人も多いので、そのような人はすでに進路が決まっていると言えます。

私の場合は学校で就職の斡旋を受けましたが、通勤の条件が合わないものが多かったため自分でも就職先を探しました。

本来は通信制を卒業した時点で働き始める予定だったのですが、家族の希望により専門学校へ進学することになりました。

コンピュータ系の学校に進むことになりましたが、通信制で高校を卒業しておいたことで、有利にはなったように思います。

奨学金も多少受け取ることができました。


通信制に通うと言うことは、何らかの理由があると思いますが十分に勉強はできる環境なので心配はしなくて良いと思います。

やる気があれば卒業することは難しくありませんし、時間はかかるかもしれませんが諦めずに頑張ってみてください。



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。12月は学校説明会も活発化するので、入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む