宮崎県立宮崎東高等学校(通信制)への入学を検討している方へ。卒業生が学校の雰囲気や通学コースの種類、学費について解説します!

通信制高校は4月を過ぎても、途中入学(編入)が可能な学校がたくさんあります。最近は通わなくても、インターネットで学べる学校も増えてきています。どんな学校があるのか、まずはパンフレットを取り寄せて見てみましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


こんにちは、過去に宮崎県立宮崎東高等学校を卒業したHeikeです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

宮崎県立宮崎東高等学校の基本情報

住所 〒880-0056 宮崎県宮崎市神宮東1丁目2番42号 (最寄駅:日豊本線宮崎神宮駅)
通学コース 通信制課程/定時制課程 夜間部/定時制課程 昼間部
スクーリング 月2回(日or月)

宮崎東高等学校は通信制課程と定時制課程(夜間部・昼間部)の2課程2部が開設されている単位制高等学校です。

2学期制で、単位は前期・後期ごとに単位を認定します。

条件を満たせば、9月卒業(前期卒業)も可能になります。

また定時制、通信制課程の学校にもかかわらず学校行事が盛んなことが特徴です。

学校行事に参加することで多くの単位が取れるというメリットがあるので、毎回多くの生徒が参加します。

宮崎県立宮崎東高等学校の通学コースと時間割について

私が通っていたコースは、2週間に2日、自宅近くの指定された公立高校に授業を受けに行くといったコースでした。

宮崎県は他の件に比べ交通の便が悪く、通信制高校も少ないので、みんながみんな宮崎東高等学校に通える環境ではありません。

私もその一人でしたので、近くに指定された高校があったことはとても助かりました。

県内に合計5校ほど授業を受けられる高校があったと思います。

車やバイクでの通学も可能で、国語、数学、英語以外は自分の選択した授業だけを受けられるといったような自由な校風でした。

授業時間は1限90分です。

2限目に自分の選択していない授業があり3限目まで待たなければならないということが多々ありました。

授業のない日は、配布されたレポートを郵送で提出して単位を取っていくというようなシステムです。

最短卒業するために、レポートには提出期限がありました。

宮崎東高校には、先生たちが常駐しているのでわからないところがあった際にはいつでも教えてもらいに行くことができます。

ただ私の場合は、高校まで遠かったため2週間に1度しか教えてもらいに行くことができずに、不便さを感じました。

宮崎県立宮崎東高等学校の設備の充実度、専門授業の質

キャンパスの内装自体は普通の公立高校と全く変わらないなといった印象です。

ましてや私は近くの公立高校で授業を受けていたので何も変わりませんでした。

教室の広さも40人クラス程度の普通の教室です。

しかし1教科に対する平均的なクラスの人数は5~10人といったところでした。

授業ごとに受ける生徒も変わってくるので物理などの専門授業になるともっと人数は減って1人だけでマンツーマンで授業を受けたというようなこともありました。

私は理系の大学入学を目指していたので、物理を専攻していたのですが、先生の質はとてもよかったと思います。

ただし2週間に2度という貴重な授業時間なので自発的な勉強も必要でした。

また、大学進学への意思を伝えるとなお一層親身になって授業を教えてくれました。

進学希望の生徒は少ないので、進学意思のある入学希望者は事前に先生たちに伝えることが良いと思います。

個別に自宅住所まで、課題や大学入試情報などを送ってくれることもあり助かりました。

宮崎県立宮崎東高等学校のイベントや学校行事について

学校行事は本校である宮崎東高等学校に足を運ばなければなりません。

しかし、参加するとその分もらえる単位が多かったので多くの生徒が参加していました。

そのころになれば私にも数人友達ができていたので楽しく過ごすことができました。

若い生徒もれば、子供を抱っこした主婦、お年寄りなど年齢層の様々な生徒で運動会をするので特に面白みがありました。

運動会は先生たちのほうが張り切っていたような印象が強くあります。

勝敗やチーム分けなどもなく、自分が出たい種目だけ出場できるのも魅力でした。

ただし、1人2種目は必ず出場しなければならないので、さぼったりすることはできないので種目によって人気が集中したりすることもありました。

幅広い世代と汗を流すなんてなかなかない機会ですので楽しめると思います。

また、私は参加してないですが修学旅行などのお誘いもありました。

かなり破格の値段で行けるというところが魅力的でしたがほとんどが知らない生徒だったので参加しませんでした。

宮崎県立宮崎東高等学校の学校全体・クラスの雰囲気やいじめについて

授業や学校の雰囲気はとてもよかったと思います。

俗にいう、不良・ヤンキーと呼ばれる生徒も多かったですが、それもあくまで見た目だけで最終目標は高校卒業したいという意思で集まっているので割とまじめに授業に参加しているといったような印象です。

年齢層も幅広いので、授業に対する意欲は高かったように思われます。

また、どの世代でも同じような年齢の方とグループができてたり一緒にお昼ご飯を食べているような光景もよく目にしたのでいい雰囲気だったと思います。

いじめなども見たことも聞いたこともありません。

2週間に2回しか会うこともないので、人間関係も割とドライなものだったように思えます。

引っ込み思案な様子の人も多かったみたいですが、熱心に授業を受けていました。

宮崎県立宮崎東高等学校の卒業後の進路について

私は4年生大学に進学しました。

予備校も並行して通っていましたが、やはり通信制といえども、公立の高等学校なので情報は多く提供していただきました。

特に大学進学希望者は少ないので、親身になって接してくれたことが1番うれしかったです。

学校や授業でのカリキュラムはあまり進学に影響しなかったのかなと思います。

授業数や時間が、普通の高校に比べてあまりにも少ないので、普段の勉強の中でわからないところをリストアップし授業のある日に先生たちに教えてもらうという形をとっておりました。

授業はあくまでも単位を取らせる、卒業させるための授業なので、レポートに沿って進めていくことが多かったです。

また、生徒によって学力のレベルも様々なので、授業以外に自分で勉強する必要がありました。

ただ、先生の質や教え方はとても分かりやすいものだったので、多少は大学入試にも影響したかなと思います。

授業よりもサポート体制が思った以上に整っていたことが、私が大学進学できた1つの要因だと思います。

また卒業した生徒たちは、在学中に就業している人も多かったため、そのままその仕事を続ける人や高卒でないと受けられなかった地元の企業に就職していく人が多かったです。

専門学校や大学進学する人もいましたが少数でした。


通信制高校は何かしらの理由があって入学してくる人がほとんどです。

全日生に通っていたが素行不良で退学になったり、金銭面、いじめなどいろんな境遇の人がいます。

そのような様々な世代の人たちが、高校を卒業したいという1つの目標をもって授業に取り組む素晴らしい場所だと思います。

そのため、青春ドラマのような高校生活にあこがれている人にはお勧めできません。

また、大学進学希望者も進学校に比べるとテストもなく自分の意思で学業に励むのでモチベーションを保つのに苦労すると思います。

みんなが高校に通ってる間に、同世代以外の人たちと触れ合えたことが、私にとって特別な経験だったと思います。

必ず高校を卒業するんだといった強い意志を持った方であれば、充実した生活を送ることができると思いますし卒業した際の喜びも大きいです。

通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む