卒業生が語る!東林館高等学校ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。


東林館高等学校を卒業したパピ子です。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

家から近い通信制高校を検索してみよう!


自分の通学圏内にはどんな通信制高校があるの? 下記のリンク先から、全国の主要な通信制高校のパンフレットや入学願書をまとめて取り寄せることができます。10月入学に向けて、願書はいち早く取り寄せておきましょう!

検索できる学校の一例
資料一括請求スタート▶▶

こちらの記事もおすすめです▶▶ ちょっと待って!自分に合わない通信制高校を選ばないための3つの手順

東林館高等学校の基本情報

住所 〒720-0814 広島県福山市光南町1丁目1番35号 福山駅南口からから徒歩10分
通学コース コミュニケーションコース
フォローアップコース
受験対応個別指導コース
学費 (学年制)
入学金:100,000円
授業料:15,000円(月額)
施設料:50,000円(入学時)
(単位制)
入学金:20,000円
単位料:8,000円(1単位)
施設料:10,000円(年間)
教育充実費:1,000円(月額)
スクーリング 月1回。年間12回。
集中スクーリングあり

東林館高等学校は、生徒の精神的な心のサポートに力を入れている通信施高校になります。

通信制高校サポート校として自分の登校ペースからスタートしていき、3年間で高校卒業を目指すコースである「コミュニケーションコース」やコミュニケーションコースをベースに学力を補充することをサポートする「フォローアップコース」大学受験に対応した「受験対応個別指導コース」の3つのコースがあります。

また、生徒・保護者・先生の連携を大切に生徒が安心した高校生活が送ることが出来るような環境が整っている通信制高校でもあります。

東林館高等学校の通学コース


私は、人とコミュニケーションをとることが苦手だったので、人とのコミュニケーション能力を身に着けていきたいと考えて、コミュニケーションコースで3年間高校生活を送りました。

コミュニケーションコースでは、週1回から毎日まで、登校日数を自分で決めることが出来ます。

自分のペースに合わせて、登校日数を決めることが出来るので、プレッシャーを感じることなく少しずつ高校生活になじめるようにしていくことが出来ました。

時間割は、レポート学習や勉強以外の講座を受けることが出来るようになっています。

レポート学習では、自分がレポートに取り組んでいて分からなかったところを先生が教えてくれるようになっていました。

勉強以外の講座は、レクリエーションなどが含まれた講座が主になり、人とかかわる講座が多数揃っていました。

勉強以外の講座に取り組むことで、自然と人と関わるようになりますので、コミュニケーション能力が身につくようになりました。

東林館高等学校の設備の充実度、専門授業の質


学校の設備の充実度はとてもいいです。

東林館高校では生徒の癒しの学校になるような環境を作ることに日々努力をしています。

学校はオフィスビルのような雰囲気で学校に通っている感覚がありませんでしたので、とても学校に行きやすかったです。

学校に入ったら、エントランスがありまして、明るい雰囲気でした。

自習室も整っていますので、授業がないときに勉強をしたいときによく活用しました。

また、教室での授業が困難な生徒のためにスクーリング個別学習室というものがありました。

私も東林館高校に入学した当初は、教室での授業はできなかったので、よくこのスクーリング個別学習室を利用していました。

スクーリング個別学習室は、自分が何をしているか相手にはわからないようにブースがちゃんと設けられていますので、人目を気にすることなく勉強に取り組むことが出来て落ち着く場所でもありました。

専門授業の質についてですが、特に専門授業というものはありませんでしたが、多様な講座が開講されていました。

東林館高等学校のイベントや学校行事


東林館高校のイベントや学校行事はたくさんあります。

イベントや学校行事は入学式から卒業式までに全日制高校と同じくらいあります。

私は、友達と一緒にバス旅行やスキー・スノボー合宿など東林館高校での学校行事の思い出はたくさん作ることが出来ました。

また、全日制高校にはない学校行事もありました。

例えば、ソフトボール大会やボウリング大会がそうでしたが、生徒と先生で大いに盛り上がったことを今でも覚えています。

ソフトボール大会やボウリング大会では、みんなでスポーツを一緒に楽しみました。

東林館高校の生徒たちは、みんなで和気あいあいと楽しもうとしてくれるので、自然とその輪の中に入ることが出来ました。

スポーツが苦手でもみんなで笑いあって楽しむことができました。

学校行事を通じて仲良くなった友達もたくさんいます。

友達がたくさんできることでさらに学校行事に出るのが楽しくなってきました。心から笑顔になれる学校行事ばかりでした。

東林館高等学校の雰囲気やいじめ


学校全体やクラスの雰囲気は、いじめもなくとても和気あいあいとした雰囲気でした。

私は、東林館高校に来る前は、人とうまくコミュニケーションがとることが出来なくて、友達も一人もいなかったのですが、東林館高校に通い始めてからは、同じ境遇の友達がたくさん通っているので、共感することができて、友達がたくさんできました。

友達がいることがこんなにも楽しいことだと気づかせてくれました。

また、先生方もとてもフレンドリーで優しくて面白い先生ばかりで、授業が終わった後も先生とたくさんおしゃべりをしました。

友達だけではなくて先生と話すことがとても楽しみでした。

先生は、威圧的ではなくて、生徒と同じ目線でいつも対応してくれたので安心感がありました。

東林館高等学校の卒業後の進路


東林館高等学校の卒業後の進路は、主には大学や専門学校に進学する人が圧倒的に多いです。

もちろん就職する人もいます。

東林館高校の先生は、自分の進路のことも一緒に考えてくれました。

先生と話すことで、新たな自分の適性を教えてくれたこともありました。

すごく先生が話しやすいので、進路相談にはたくさん乗ってもらいました。

大学進学を目指している場合は、先生が受験対策をしてくれることもあります。

東林館高校では勉強以外の講座がたくさん開講されていますので、自分の才能に気づくことが出来たり、今までやったことのない講座に取り組むことで、自分の特技に気づいたりして、その才能を生かした専門学校への進学の道も用意されています。


東林館高校は、学校の集団生活になじめない人や、コミュニケーションをとることが難しい人、学校が大嫌いな人でも、生徒に癒しを与えるために全力で心のサポートをしてくれる先生たちばかりなので、東林館高校に行くと、今までの自分を変えることが出来ます。


通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む