屋久島おおぞら高等学校(KTC名古屋キャンパス)への入学を検討している方へ。卒業生が学校の雰囲気や通学コースの種類、学費について解説します!

<2018年12月:最新情報>

通信制高校は、年明け1月には出願が始まる学校も多く、12月は学校説明会が活発化する時期になります。願書や募集要項は学校説明会に参加しないと手に入らない学校もありますし、人気校は人数制限をしているところもあるので、まずは通学圏内の学校を調べて資料を取り寄せるところからはじめましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


屋久島おおぞら高等学校(KTC名古屋キャンパス)を卒業したKanoです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

屋久島おおぞら高等学校(KTC名古屋キャンパス)の基本情報

住所 〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町12-7
通学コース ウィークデイコース(週5日)
ツーデイコース(週2日)
サタデイコース(土曜日のみ)
学費 入学金50,000円
授業料10,000円(1単位)
施設料50,000円
スクーリング 集中スクーリング4泊5日(世界自然遺産 屋久島)

KTC名古屋キャンパスは名古屋市中村区椿町にあり、JR名古屋駅の新幹線口から徒歩5分ほどで着きます。

通学コースは主に、週5日のウィークデイコース、週2日のツーデイコース、週1日のみのサタデーコースがあります。

ウィークデイコースやツーデイコースは授業制なので、授業の中でレポートを進めていく形になります。

サタデーコースの場合は、自宅学習がメインになり、自分で課題レポートを進める必要があります。

ほかにも大学進学をメインにした特別進学コースや、個別指導コースなどもあって、自分のライフスタイルに合わせて通学スタイルを選べます。

屋久島おおぞら高等学校(KTC名古屋キャンパス)の通学コース


私はアルバイトをメインにしていたので、サタデーコースを選びました。

サタデーコースの良い点は、通学時間が選べるところです。

時間割は9:20から50分単位で区切られていて、その時間の単位が設定されています。

自分が学習したい単位の開始時間に通学すれば、十分間に合います。

先生も教室内にいるので、わからない問題があれば、すぐに質問できます。

先生はユーモアな方ばかりで、楽しく分かりやすく教えてくれます。

少人数だからこそ、生徒一人一人のことをよく覚えていて、気にかけてくれます。

堅苦しい雰囲気もなく、自分のペースで休憩しながら取り組めます。

サタデーコースはウィークデイやツーデイよりも人数が少なく、アットホームな雰囲気です。

平日は仕事をしている人が多く、年齢幅も広いです。

似たような環境の人との交流を持つことができるので、学習以外にも得られるものは多いです。

週1日の通学までにレポートを進めなければいけないので、効率よく学習する力も身に付きます。

屋久島おおぞら高等学校(KTC名古屋キャンパス)の設備の充実度、専門授業の質


キャンパスは学校のような外観ではなく、オフィスビルの一角のような雰囲気です。

1階部分が入り口になっていて、エレベーター又は階段で移動できます。

キャンパス内は、オフィスや学習塾のような内装になっていて、学校というイメージはあまり湧かないです。

小さいテーブルがいくつか並べられていて、好きな場所に座れます。

テストの日は、会議室のような長テーブルのある部屋で行うことが多いです。

空調も完備されていて、夏は快適に過ごせます。

トライアルレッスンは、基本的に教室内で行われ、クッキング用の調理器具や、ヘアメイク用のマネキンまで充実しています。

数多くのトライアルに対応できるように、専門機材などが取り揃えられています。

スポーツは学校外の施設を借りて行うので、本格的です。

ダンスのレッスンは人気があり、フロア全体を使ってのびのびと踊れます。

音響設備も整っていて、学校とは思えないクオリティーの高い授業を受けられます。

トライアルレッスンを楽しみに通学する生徒が多いです。

屋久島おおぞら高等学校(KTC名古屋キャンパス)のイベントや学校行事


KTCはキャンパスごとにさまざなイベントを行っています。

オープンキャンパスに出掛けたり、室内でクッキングや職業体験をしたり、時にはアウトドアでレクリエーションを楽しんだりと、年間を通してイベントが多いです。

中でも在学中の一大イベントといえば、屋久島へのスクーリングです。

本校が屋久島にあるので、屋久島の広大な自然に触れながら、皆でグループワークや体験学習をします。

世界遺産の屋久杉を見られる貴重な経験です。

普段味わえない非日常空間だからこそ、開放的になれます。

便利なものが何もない中で、生きるということの本質を知ることができます。

また、グループワークを通して他の生徒との交流も深まり、楽しい思い出になります。

屋久島おおぞら高等学校(KTC名古屋キャンパス)の雰囲気やいじめ


私が通っていたサタデーコースは、少人数なのもあって、いじめなどは全くありませんでした。

仕事をしている方が大半なので、各自黙々と課題レポートに取り組んでいました。

先生が良い雰囲気を作ってくれるので、途中から入学した生徒も自然と溶け込んでいました。

忘れ物をした時はさっと貸してくれたり、つまずいている時には一緒に考えてくれたりフォローされることが多かったです。

同年代とはまた違った思いやりの心があり救われました。

屋久島おおぞら高等学校(KTC名古屋キャンパス)の卒業後の進路


高校卒業の認定を受けることが目標でしたが、無事卒業できました。

在学中から飲食店でアルバイトをしていていて、卒業後に正社員採用の話があったので受けました。

高校卒業は自分の中での一区切りでもあったので、このキャンパスで学習できて良かったです。

課題レポートを提出して単位を取るシステムなので、自分で時間配分をしながら取り組むようになり、時間の使い方も上手くなりました。

サタデーコースのメンバーには、大学に進学をした人もいるので、全日制じゃなくても、諦める必要はないです。

ウィークデイコースでトライアルレッスンを受けている生徒は、専門学校へ進学する人が多く、キャンパスで学んだことが活かされています。

在学中の経験が多方面で役立ちます。


高校生活の価値が見出だせなくて、一度諦めてしまいましたが、このキャンパスに入学して良かったです。

縛られない学習スタイルが自分には合っていて、ストレスなく通学できました。

皆それぞれの事情を持っていて、お互いに分かり合えるので、人間関係に疲れてしまっている方や、全日制が合わなかった方にはおすすめできます。



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。12月は学校説明会も活発化するので、入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む

通信制高校ってどんな手順で選ぶの?

昨年、不登校の娘さんの通信制高校選びを経験されたお母さんに、「どんな手順で、娘さんの通信制高校を選んだのか?」についてインタビューしてみました。不登校で進路に悩んでいるという方の参考になればと思います!

インタビュー記事を読む