サンプルページ

これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれるため、ブログ投稿とは異なります。サイト訪問者に対して自分のことを説明する自己紹介ページを作成するのが一般的です。たとえば以下のようなものになります。

はじめまして。昼間はバイク便のメッセンジャーとして働いていますが、俳優志望でもあります。これは僕のブログです。ロサンゼルスに住み、ジャックという名前のかわいい犬を飼っています。好きなものはピニャコラーダ (通り雨に濡れるのも) 。

または、このようなものでもよいでしょう。

XYZ 小道具株式会社は1971年の創立以来、高品質の小道具を皆様にご提供させていただいています。ゴッサム・シティに所在する当社では2,000名以上の社員が働いており、様々な形で地域のコミュニティへ貢献しています。

新しく WordPress ユーザーになった方は、ダッシュボードへ行ってこのページを削除し、独自のコンテンツを含む新しいページを作成してください。それでは、お楽しみください !

学校選びに失敗しないために

通信制高校には、公立校と私立校がありますが、

1.通学圏内の通信制高校をリストアップする

2.資料を取り寄せる

3.学校見学や説明会に行ってみる

という3つの手順を踏んでいくと、自分に合わない通信制高校を選ぶ確率はぐっと減ります。

通学がほとんどない通信制高校もありますが、授業でわからないことがでてきたときに相談できず、そのまま勉強が嫌になって、中退してしまうことも

いざ、というとき相談できる環境を用意しておく上でも、

通学県内にある通信制高校

を選んでおいたほうが、高校卒業はしやすいです。

また、2020年から、国から支給される就学支援金によって、私立校であっても授業料が免除となりました(世帯年収590万円未満の場合)。

私立校であっても、年間学費10万円以内で通える高校はたくさんあります。

また、公立に比べて私立高校のほうが、生徒のサポート体制や専門授業が充実していて面白い学校が多いです。

まずは、通学圏内にある通信制高校をリストアップして、学費や専門授業の質など、希望に合った学校を選択していきましょう。

近所の通信制高校をいちいち調べるのは時間もかかりますし、学校の漏れもでてきます。

効率よく情報収集をするには、一括資料請求サイトで住所を入力して、パンフレットをまとめて送ってもらうのが簡単です

人気校の場合、受入生徒数に制限があることもありますので、まずは早めに資料を取り寄せて、学校説明会や学費などの情報を確認するところからはじめましょう!

通学圏内の学校資料を一括請求する(無料)