卒業生が語る!兵庫県立青雲高等学校ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。

<2018年12月:最新情報>

通信制高校は、年明け1月には出願が始まる学校も多く、12月は学校説明会が活発化する時期になります。願書や募集要項は学校説明会に参加しないと手に入らない学校もありますし、人気校は人数制限をしているところもあるので、まずは通学圏内の学校を調べて資料を取り寄せるところからはじめましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


兵庫県立青雲高等学校を卒業したマスオです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

兵庫県立青雲高等学校の基本情報

住所 兵庫県神戸市長田区池田谷町2丁目5
通学コース 通信制
普通科
学費 入学料:4000円程度
諸経費:4000円程度
教科書代:約1~2万円程度
スクーリング 2回程度/月

青雲高校は長田高等学校の敷地に併設されている通信制の学校です。

大学のように単位を取得し、レポートを提出すれば卒業できます。

校則は比較的ゆるめで、どんな服装で通っても問題ありません。

登校回数も月に数回程度とそれほど多くはないため、仕事やアルバイトで忙しい方も通いやすい高校になっています。

兵庫県立青雲高等学校の通学コース


私が選択したのは日曜のスクーリングコースです。

日曜のスクーリングは長田高等学校や青雲高校の本舎、2つの設備を使うことができます。日曜は青雲高校の生徒しかいないため、設備が使い放題です。

卒業年数は4年間を選びました。通常推奨されているのは4年間のほうです。

74の単位と特別活動の出席時間が30時間を越えないと卒業できないため、3年間コースだとかなりがんばらないと単位を獲得するのは難しいといえます。

時間割についてですが、生徒の自由に組むことができます。月に2、3回程度のスクーリングしかなく、最初に1年間の時間割が配布されます。

時間割はクラスごとのものではありません。クラスで集まるのはホームルームのときだけです。

どの教室で授業を受けようが自由で、疲れたなと思ったら授業を受けずにまったりとしても構いません。

極端な話、単位を取得できたら、もう授業は受けなくても良いのです。

中には必要単位が2個という授業もあります。

同じ授業は1日2回まで受けることができるため、1日で単位を消化することも可能です。

もっと言えば、登校日に通わなくても問題ないという場合もあります。

これに関してはスケジュールの組み方次第ですが、生徒の好きに行動できるため、自由なスクールライフを送ることができます。

兵庫県立青雲高等学校の設備の充実度、専門授業の質


長田高等学校と青雲高校の設備があって、充実しているのは前者のほうです。

まずなんといっても教室の数が多く、校内も広いです。机と椅子の数も多いですが、クラス単位の授業ではないため、机と椅子の数が足りなくなることもあります。

ですが先ほども述べたように教室の数は多いため、隣の教室から借りてくれば授業を受けることができます。

といっても教室内に人が溢れることは滅多になく、基本的には机と椅子には空きがあります。

どこに座っても自由であるため、友人と一緒に授業を受けやすい環境と言えます。

また食堂や自動販売機などの設備も充実しているため、食堂で腹ごしらえをする人も多いです。

もちろん弁当の持参もオーケーです。弁当だけ用意して、飲み物は自動販売機で購入するのもありです。

他にも広い体育館や広大な運動場も完備されています。晴れの日は運動場、雨の日は体育館での授業が多めです。

青雲高校は普通科であるため、専門授業はありません。ですが変わったところでいえば、心理学の授業がありました。

ただし必須科目ではなく、受けたい人だけ受けるというものであるため、選択していない人も普通にいます。

兵庫県立青雲高等学校のイベントや学校行事


春の交流会や秋の遠足、文化祭など季節ごとに行事があります。

参加は個人の自由であるため、イベントや学校行事は出なくても問題はありません。

ですが交流会や遠足などの出席時間は特別活動として記載されるため、手軽に単位を獲得できます。

たとえば動物園への遠足は家族と一緒に参加でき、園内での行動は自由です。

集まるのは着いたときと帰るときだけですので、あまり学校行事という感じはしません。

目玉と言えるイベントは文化祭で、お客としてだけではなく、出展側としても参加できます。

いろいろなお店が立ち並び、お笑い芸人の漫才が開催されることもあります。

合宿形式のスクーリングですが、基本的に学校行事と言っても生徒同士で行動することはありません。

個人の自由が尊重されているため、1人で行動しても良いし、誰かと一緒に参加しても良いしと比較的ゆるいです。

イベントや行事は和気藹々とした雰囲気で進みます。それというのも厳しいルールがないからです。

自由な行動が心を育み、誰もが楽しそうにイベントや行事に参加しています。

家族と参加オーケーというのも和やかな雰囲気を作るのに一役買っていると言えます。

兵庫県立青雲高等学校の雰囲気やいじめ


通信制高校はクラスがあってないようなものです。

それと言うのも大学のように単位制だからで、一応クラスメイトはいますが、それほど近しい存在ではありません。

そのためいじめはない代わりに仲の良い友達もできにくい面があります。

また私のクラスには上は四十代、下は現役高校生までいて年齢もバラバラでした。

もちろん現役高校生の占める割合が多かったのは確かですが、このように年齢もバラバラということもあって、余計にいじめはなかったのでしょう。

ただクラスの雰囲気は決して悪いものではありませんでした。

和気藹々というほどではないものの顔を合わせば挨拶くらいはしましたし、スクーリングを受けているときも比較的和やかな雰囲気だったと思います。

ただそれも年齢が上の人が上手にリードしてくれたからだと思います。

兵庫県立青雲高等学校の卒業後の進路


卒業後の進路は希望すれば進学も可能でしたが、大半の生徒は就職でした。

というよりも入学したものの途中で止めてしまう人も多く、卒業できたのは半数ほどだということだったので、そもそも卒業が難しいのが通信制高校かと思います。

私はしっかり4年間学び無事卒業することができましたが、卒業した時点で就職はまだ決まっていませんでした。

そして学校に通っていた当時はアルバイトをしていたのですが、結局今でもアルバイト生活のままです。

それを考えるとよほどなりたいものがない限り、通信制高校を卒業して、すぐに就職するのは難しいのではないかと感じます。

そんなわけでクラスの過半数以上は進路が決まっていない状態か、あるいは元々働きながら学校に来ていたかのどちらかでした。


通信制高校というとラクなイメージがあるかもしれません。

確かに毎日通わなくていい分、普通の高校よりはラクかもしれませんが、その反面、よほど自分を律することができなければ途中でなまけてしまい卒業するのが難しくなります。

それは自宅学習も同様です。

ですのでしっかり学びたい人にこそ通信制高校を勧めたいです。



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。12月は学校説明会も活発化するので、入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む