N高等学校

N高等学校ってどう? ⇒ 評判や学費・口コミを調べました。

N高等学校は、ネット社会である現代にマッチした、その名の通り、インターネット高校です。

学校の運営はカドカワが行っており、dwangoが行うプログラミングや、KADOKAWAによる文芸小説創作授業といった、他にはない授業が満載です。バーチャルを駆使した入学式/卒業式のニュースも話題になっています。

魅力的な授業が多いN高等学校ですが、実は通学のない通信コースは、年間学費253,000円(就学支援金を差し引くと、年間73,000円〜132,700円)で入学できます。これは他の通信制高校と比べても格安で、学費の安い通信制高校を探しているという生徒にも、おすすめできる通信制高校と言えます!

学費 253,000円〜
スクーリング 年間5日間~
通学コース ネットコース/通学コース/オンライン通学コース(2021年4月開設)/通学プログラミングコース
専門授業 プログラミング、文芸小説創作
所在地 沖縄県うるま市

N高等学校ってどんな学校?

「N高等学校」は、長年、文庫やコミックなどの出版事業を行うKADOKAWAと、ニコニコ動画などを提供するエンタテイメント企業であるドワンゴが共同で立ち上げた、ネットと通信制高校の制度を活用した新しいかたちの高等学校です。

2016年開校当初は約1500人だった生徒数も、時代の変化と共に様々な価値観が生まれる中で、従来にはない新しい学校を求める生徒たちに選ばれて徐々に生徒数を増やしていき、2020年には生徒数約1万5000人が在籍する高校となりました

この学校の特徴は、ネット学習の利点をフルに活かし、全日制高校と比べ短い拘束時間で高校卒業資格を目指せることや、充実した独自のプログラムで、日本はもとより世界で活躍する人材育成プログラムにも応募できることです

大学進学、専門職への就職など、多岐にわたる生徒の夢を、ICTツールとネットを駆使してサポートしています。また、N高校では入学に際して年齢の上限がなく、編入学や転入学、また、中学校にあまり通えていなかった人や、成人後でも学習意欲のある人はチャレンジすることができます。

N高等学校の徹底評価!

N高等学校では、

  • 自宅学習をメインに月に数回通学するタイプの通学コース
  • 通学不要で全国各地から学べるネットコース

の2つのスタイルが用意されていますが、どちらのコースでもN高校の「IT×グローバル社会を生き抜く”創造力”を身に付け、世界で活躍する人材を育成する」ためのプログラムが学べます。

N高等学校ならではのエンターテイメント授業

高校卒業資格取得のための必修授業と併せて、大学受験を目指すためのカリキュラム、プログラミングやWebデザイン、イラストレーターやゲームクリエイターなど、より専門的な分野についての講義も受けられます

約30年の歴史の中で数々の学習参考書を出版してきたKADOKAWA中経出版のノウハウ、そして、各業界を現役で活躍する講師陣による充実した講義が受けられることは大きな強みであります。

自分に合ったコースを選ぼう!選べる4つのコース

N高等学校に通う全ての学生は、以下の4つのコースから自分のライフスタイルに合うコースを自由に選択することができます。

ネットコース

ネットコースの最大の特徴は、必要な日数(年5日程度)さえ行けば、あとはもう学校に行く必要がなく、オンラインで高校卒業資格が得られることです。

昼夜逆転していても無理して昼型にならなくても大丈夫です。夕方に起きて完全に日が沈んだ深夜から勉強を始める、といったスタイルができるコースです。

オンライン通学コース(2021年4月開設)

オンライン通学コースは今あらゆる場所で使われている「ZOOM」のようなツールを用い、オンラインかつリアルタイムで学習するコースです。

ネットコースのように動画を見て、自分で教材を進めるような一方通行な学習だと物足りないと感じる生徒にオススメです。

通学コース

通学コースは基本的に毎日登校するコースです。特徴的なのがディスカッションやプレゼンテーションが重視されている点でしょう。

登校が苦痛。人とのコミュニケーションが苦痛な人は選ばない方がよいでしょう。

通学プログラミングコース

通学プログラミングコースはITエンジニアになることに特化した通学コースです。

ブレッドボードを使用した電子工作や、3Dプリンタなどを使って電子書籍リーダーを自分たちの手でイチから自作するなどの実践的な実習がカリキュラムに組み込まれています。

ラズパイをいじったり自宅NASを設置しているような生徒はこのコースでしょう。

大学進学や各種専門業界への進学実績

N高等学校の合格実績の中には、東京大学、京都大学、慶應義塾大学、早稲田大学といった難関大学をはじめ、医学部医学科や海外大学など、数多くの大学への合格実績があります

また、サービス業界、美容業界、旅行業界など、様々な分野の企業への就職実績があることも評価に値します。

高校卒業資格取得だけでなく、自身が興味のある分野の、より専門性の高い知識を身に付け、就職に活かすことができるのです。

N高等学校では、ネット学習を活用していることもあり、社会情勢などの変化にも影響を受けにくく、学習の遅れなどの心配が少ないのが特徴です。

生徒一人ひとりに担任がつき、分からないことがあれば気軽に相談できるということも、安心できるポイントでしょう。

N高等学校が向いている人、そうでない人

N高等学校は、

  • 将来の夢がはっきりしていている人
  • 好きな分野について学びたい人
  • スポーツや仕事に専念しながら高校卒業資格を取得したいと考える人
  • これまでの学校に居心地の悪さを感じ不登校になっている人、
  • まだ夢は見つかっていないけれど、充実したプログラムでの学習を通して、夢を見つけたいという人

といった、生徒の様々なニーズに応える通信制高校です。他人と競争しながらではなく、自分のペースで学ぶことができるからです。

反対に、自分のペースで進めていくということで、ある程度の自主性がないと学習が進んでいかないこともあります。学ぶ意欲や向上心のない人には向いていないかもしれません。

N高等学校の学費・授業料について

充実した内容の新しい通信制高校であるため「授業料は高いんじゃないの…?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、N高等学校、調べてみると意外と費用負担が軽いのです。

2020年度入学現在の学費は以下の通りです。

N高等学校【ネットコース】学費

入学金 10,000円
授業料 180,000円(1単位7200円)
施設設備費 50,000円
教育関連諸費 13,000円
合計 253,000円

※国から支給される就学支援金は授業料1単位あたり4,812円〜7,200円です。実質的なN高等学校【ネットコース】の学費は、73,000円〜132,700円となります。

N高等学校【通学コース】学費

入学金 110,000円(初年度のみ)
授業料 600,000円
施設設備費 240,000円
単位取得料 180,000円(1単位7200円)
その他 5,000円(セキュリティソフト代)
合計 1,135,000円

*就学支援金を差し引く前の金額となります。

N高等学校【オンライン通学コース】学費

入学金 22,000円(初年度のみ)
授業料 456,000円
事務手数料 5,000円
単位取得料 180,000円(1単位7200円)
その他 5,000円(セキュリティソフト代)
合計 668,000円

*就学支援金を差し引く前の金額となります。

N高等学校【通学プログラミングコース】学費

入学金 110,000円(初年度のみ)
授業料 902,000円
施設設備費 341,000円
単位取得料 180,000円(1単位7200円)
その他 5,000円(セキュリティソフト代)
合計 1,538,000円

*就学支援金を差し引く前の金額となります。

N高等学校の学費、各学校との比較

通学コースやプログラミングコースは、他通信制高校や一般的な私立高校と比べても、学費は高いです。

言い換えれば、高校卒業に必要な授業に加えて、将来的に活躍できるスキル(外国語やプログラミングなどのITスキル)を学ぶことができるからで、高校卒業+専門学校に通っていると思えば、納得できる学費かと思います

一方で、通学のない通信コースの学費は、実質的な年間学費は【73,000円〜132,700円】と、他通信制高校と比べて格安です。

N高等学校独自の映像授業を受け、確認テスト+レポート提出を繰り返しながら単位取得をしていきます。通信コースですが、生徒一人ひとりにオンライン上で担任がつき、電話やメール、Slackなどで質問ができます。

N高等学校は、専門授業が充実した学校というイメージがありますが、学費を抑えて通学のないネット学習だけで卒業したい生徒にも、おすすめできる通信制高校といえるでしょう

N高等学校を卒業した生徒の口コミ

N高等学校では、自分のやりたいことに時間を使えることと、家にいながら学習できるところが良かった
人とのコミュニケーションが苦手なので毎日通学する全日制ではなくN高に入学したが、好きなことを学びながら充実した時間を過ごすことができました
中学の勉強を復習しながら専門的な授業を受けることができ、やりたいことの方向性が定まってきた。生徒と同じ目線に立って指導してくれる先生が将来の夢の実現を後押ししてくれました
ケンイチ(2019卒業)
ケンイチ(2019卒業)

在校生なら無料で受けられる授業があり、特にプログラミングなど普通科高校にはないような科目が充実していてプログラミングのスキルを身に着けたい人には学費の割りにかなりお得だと思います

一方で大学進学を目指していたので無料予備校を利用していたが、少し物足りなく感じました

担任の連絡が何度も遅れることがあり、進路や卒業に関する重要なことまで期限ぎりぎりになったことがありました。

また担任のミスで自分の希望した履修科目が間違ったまま進級してしまいそうなことがあり、担任には大きな不満がありました

ワークショップなど単位のための授業以外のコンテンツが充実していたり、通学コースも増えたりとただの通信高校ではない工夫をしていて、高校在学中に何かをしたい人にはうってつけの学校だと思います

スクーリングの会場が少ないものの日数が少なく年1回で良いことも魅力の一つです。

しかし、私のような元不登校の生徒などのサポートはほぼなく、私にはメリットが少なく感じました。

ただ高校の単位を取るためだけなら、あまり割りに合わないかもしれません。

りゅう(2020卒業)
りゅう(2020卒業)
授業は基本的に全てスタディサプリのようなアプリで見ます。毎回のレポートもオンラインで受験し提出します。

レポート採点の結果もオンラインで見れますが、採点結果がでるのがとても遅いです。

授業内容ですが、ここの授業だけではなかなか大学受験は難しいです。専門学校を受験しましたが、それでもオンライン授業とたまにチャットで教員に質問するだけでは対策が難しかったです。なんとか合格して良かったですが……。

学費は高い方だと思いますが、国からの就学支援金もあります。パソコンやタブレットは支給されるわけではないので、それの初期費用も結構かかりました

教員のサポートは基本的にチャットで、たまに電話がかかってきます。

N高等学校の入試情報

N高等学校では、新入学生(現中3生)を対象に4月、7月、10月、1月の年に4回の入学月を設けています。

WEB出願ページから入学願書の登録をし、検定料と調査書を提出します。

通学コースの場合は、出願書類による選考と面接試験、課題作文で選抜されます。学力を測る試験はありませんので、「なぜN高等学校に入学したいか」という理由だけ説明することができれば、合格をすることが出来る内容となっています

学校説明会や個別説明会も全国各地の会場で開催されていますので、気になる方は足を運んでみてください。

N高等学校への入学に迷う方へのヒント

「自分らしさ」を探したい」

「自分に合った生活を送りたい」

こんな気持ちを持っている生徒はたくさんいます。

N高等学校は、今自分が置かれている状況や、周りの人が全てじゃないということを知ることができる通信制高校です

プロフェッショナルによる授業を体験できる学校は数多くありますが、N高等学校は「ネットの高校」という新たなスタイルの通信制学校です。

大学進学を本気で目指す人には生徒数30人限定の「N塾」がありますし、

ゲームや美容、小説などの専門はKADOKAWAの作家やクリエイター、そしてバンタンデザイン高等学校で専門的な学習が受けられます。

インターネットを通じて自由に、でも自分のやりたいことは本気で学びたい、という人は検討すべき学校のひとるといえるでしょう!

通信制高校には、こうした専門授業を学ぶことができる学校が色々あります。まずは通える範囲内にある通信制高校を検索、パンフレットを取り寄せるところからはじめてみましょう。

夏に向けて説明会やオープンキャンパスを開催中!希望校の資料を取り寄せよう
通学エリアの学校資料を請求する
\募集要項と願書は手元にありますか?/
通学エリアの学校資料を請求する