N高等学校

N高等学校ってどう?⇒評判や学費・口コミを確認する!

N高等学校は、ネット社会である現代にマッチした、その名の通り、インターネット高校です。

学校の運営はカドカワが行っており、dwangoが行うプログラミングや、KADOKAWAによる文芸小説創作授業といった、他にはない授業が満載です。バーチャルを駆使した入学式/卒業式のニュースも話題になっています。

魅力的な授業が多いN高等学校ですが、実は通学のない通信コースは、年間学費253,000円(就学支援金を差し引くと、年間73,000円〜132,700円)で入学できます。これは他の通信制高校と比べても格安で、学費の安い通信制高校を探しているという生徒にも、おすすめできる通信制高校と言えます!

学費 253.000円〜
スクーリング 年間5日間~
通学コース ネット通信コース/提携通学コース
専門授業 プログラミング、文芸小説創作
所在地 沖縄県うるま市

\願書と学校案内を取り寄せる/
↓↓↓

資料請求はこちら>>

N高等学校の徹底評価!

N高等学校はインターネットを通した高校という、今までにない新しいスタイルの学校ということで話題を呼んでいます。

引きこもりや不登校といった、何らかの事情があり学校に通いたくないという生徒を無理に外に出すのではなく、自宅にいながら充実した高校生活を送ることが期待できます。

自宅にいても、講師陣がウェブを通して生徒全員とのコミュニケーションを図るので、通常の通信教育とは違って、途中で辞める生徒を少なくしようという試みですね。

時間や場所を気にせず学習できるのが、N高等学校の最大の特徴です。

また、東大合格を目指すN塾や、代ゼミ・バンタン高等学院と提携しているので、

  • 大学進学を視野に入れた勉強(N塾、代ゼミ)
  • 美容などの専門を学ぶ授業(バンタン)

と通学スタイルを選択することも可能です。

数多くの分野の中から自分の興味のある授業をセレクトして受講できるカリキュラムとなっています。

自分に合った方法で自分らしい選択ができることも、N高等学校の強みといえるのではないでしょうか。

N高等学校の授業内容はどう?

N高等学校の授業内容は、インターネットだから可能となる科目が多く、様々な業界で活躍している企業との連携という形をとっています。

その一例として

『文芸小説創作授業』 

KADOKAWAから作品を出版する作家による指導を受けられます。

『エンタメ授業』 

小説・ゲーム・アニメなどのコンテンツを多く生み出している、電撃レーベルで活躍中のトップクリエーターによる講義です。

『クリエイティブ授業』

バンタングループの現役プロ講師によるクリエイティブ授業がネットで受けられます。

などがあります!

こうしたマルチメディアを学べる学校は、通信制高校は多いのですが、KADOKAWAがやっているということもあり、このあたりの充実度は群を抜いています。

参考:N高等学校のオープンキャンパス:プログラミングの授業風景

N高等学校から大学進学は可能?

N高等学校では、大学受験を目指す生徒のための受験教育も受けることができます。

通称ビリギャルでおなじみの、「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」の著者・坪田信貴先生が、スペシャルサポーターとして就任しています。

『好きなことを好きなだけ』コンセプトに抱えてスタートされた高校ということあり、単位をきちんと取得すれば高卒資格が取得できます。

N高等学校の学費・授業料について

充実した内容の新しい通信制高校であるため「授業料は高いんじゃないの…?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、N高等学校、調べてみると意外と費用負担が軽いのです。

2020年度入学現在の学費は以下の通りです。

N高等学校【ネットコース】学費

入学金 10,000円
授業料 180,000円(1単位7200円)
施設設備費 50,000円
教育関連諸費 13,000円
合計 253,000円

※国から支給される就学支援金を差し引くと、授業料が1単位あたり4,812円〜7,200円が支給されます。実質的なN高等学校【ネットコース】の学費は、73,000円〜132,700円となります。

N高等学校【週5通学コース】学費

入学金 110,000円(初年度のみ)
授業料 600,000円
施設設備費 240,000円
単位取得料 180,000円(1単位7200円)
その他 5,000円(セキュリティソフト大)
合計 1,135,000円

*就学支援金を差し引く前の金額となります。

N高等学校【週3通学コース】学費

入学金 110,000円(初年度のみ)
授業料 440,000円
施設設備費 175,000円
単位取得料 180,000円(1単位7200円)
その他 5,000円(セキュリティソフト大)
合計 910,000円

*就学支援金を差し引く前の金額となります。

N高等学校【週1通学コース】学費

入学金 110,000円(初年度のみ)
授業料 280,000円
施設設備費 110,000円
単位取得料 180,000円(1単位7200円)
その他 5,000円(セキュリティソフト大)
合計 685,000円

*就学支援金を差し引く前の金額となります。

N高等学校【プログラミングコース】学費

入学金 110,000円(初年度のみ)
授業料 902,000円
施設設備費 341,000円
単位取得料 180,000円(1単位7200円)
その他 5,000円(セキュリティソフト大)
合計 1,538,000円


※国が支給する就学支援金を引く前の金額になります。

N高等学校の学費、各学校との比較

通学コースやプログラミングコースは、他通信制高校や一般的な私立高校と比べても、学費は高いです。言い換えれば、高校卒業に必要な授業に加えて、将来的に活躍できるスキル(外国語やプログラミングなどのITスキル)を学ぶことができるからで、高校卒業+専門学校に通っていると思えば、納得できる学費かと思います。

一方で、通学のない通信コースの学費は、実質的な年間学費は【73,000円〜132,700円】と、他通信制高校と比べて格安です。

N高等学校独自の映像授業を受け、確認テスト+レポート提出を繰り返しながら単位取得をしていきます。通信コースですが、生徒一人ひとりにオンライン上で担任がつき、電話やメール、Slackなどで質問ができます。

N高等学校は、専門授業が充実した学校というイメージがありますが、学費を抑えて通学のないネット学習だけで卒業したい生徒にも、おすすめできる通信制高校といえるでしょう

N高等学校の口コミ

N高学校は2016年にできたばかりの学校なので、卒業生の口コミはまだありません。

卒業生や在校生の声が集まり次第、掲載いたします。

N高等学校への入学に迷う方へのヒント

「自分らしさ」を探したい」

「自分に合った生活を送りたい」

こんな気持ちを持っている生徒はたくさんいます。

N高等学校は、今自分が置かれている状況や、周りの人が全てじゃないということを知ることができる通信制高校です

プロフェッショナルによる授業を体験できる学校は数多くありますが、N高等学校は「ネットの高校」という新たなスタイルの通信制学校です。

大学進学を本気で目指す人には生徒数30人限定の「N塾」がありますし、

ゲームや美容、小説などの専門はKADOKAWAの作家やクリエイター、そしてバンタンデザイン高等学校で専門的な学習が受けられます。

インターネットを通じて自由に、でも自分のやりたいことは本気で学びたい、という人は検討すべき学校のひとるといえるでしょう!

通信制高校には、こうした専門授業を学ぶことができる学校が色々あります。まずは通える範囲内にある通信制高校を検索、パンフレットを取り寄せるところからはじめてみましょう。

通信制高校の資料を取り寄せる