通信制高校の学費ってどのくらい? 各学校の学費・平均学費をまとめました!

<2018年12月:最新情報>

通信制高校は、年明け1月には出願が始まる学校も多く、12月は学校説明会が活発化する時期になります。願書や募集要項は学校説明会に参加しないと手に入らない学校もありますし、人気校は人数制限をしているところもあるので、まずは通学圏内の学校を調べて資料を取り寄せるところからはじめましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


こちらのページでは、全国にキャンパスを持つ有名通信制高校・サポート校の学費をまとめています。

  1. 自宅学習が基本の通信コース
  2. 週5日の通学コース
  3. 専門分野の授業を受けた場合のコース

の3通りの学費をまとめました。

上から学費が安い順に並んでいますので、学校選びにご参考ください。

※空白箇所はコースが用意されていない学校です!

有名通信制高校の学費一覧

学校形態 学校名 通信コース 週5通学 専門コース
通信制高校 NHK学園高等学校 190,000円
通信制高校 鹿島学園高等学校 199,000円 577,000円 339,000円~475,000円
通信制高校 クラーク記念国際高等学校 223,000円 860,000円
通信制高校 国士舘高等学校 228,012円
通信制高校 飛鳥未来高等学校 270,000円 550,000円 590,000円-770,000円
通信制高校 ヒューマンアカデミー高等学校 296,000円 736,000円~
通信制高校 第一学院高等学校 311,000円 945,000円
通信制+高認予備校 麻布高等学院 400,000円 400,000円
通信制高校 ルネサンス高等学校 490,000円
通信制高校 一ツ葉高等学校 495,000円 650,000円
通信制高校 星槎国際高等学校 545,000円 545,000円~
通信制+サポート校 WILL学園 592500円 756,500円
通信制 ウィッツ青山学園代々木校 817,200円 817,200円
通信制+サポート校 東京国際学園高等部 940,000円 940,000円 940,000円-1,114,000円
通信制+サポート校 聖進学院 940,000円 940,000円 940,000円
通信制+サポート校 中央高等学院 950,000円 950,000円
通信制+サポート校 市進ウイング高等学院 968,900円 968,900円 968,900円
通信制+サポート校 KTCおおぞら高等学院 930,000円
通信制+サポート校 トライ式高等学院 1,089,000円 1,089,000円~

*この学費は就学支援金を引く前の金額になります。実際の学費は、ここから約12万円程度が引かれた金額になります。

*通信制+サポート校に関しては、提携通信制高校の学費を足した金額を掲載しています。

*別途教材費やスクーリング費がかかる場合がありますので、詳しい学費は各学校にお問い合わせください→近くの通信制高校を検索して、パンフレットを取り寄せてみる。

通信制高校の平均学費はどのくらい?

通信制高校には、登校頻度を自由に選ぶことができる他、一般科目に加えて専門授業を受けることができるコースがあるなど、バラエティに富んだカリキュラムが特徴です。

授業料についても、通学コースや学校によって様々。通学コース毎のだいたいの学費は次のとおりです。

通信制:週1日通学コース

入学金 50,000円
授業料 175,000円 ※25単位習得
施設費 20,000円
合計 252,000円

 通信制:週3日通学コース

入学金 50,000円
授業料 175,000円 ※25単位習得
施設設備費 60,000円
特別活動費 20,000円
補修費 100,000円
合計 405,000円

通信制:週5日通学コース

入学金 50,000円
授業料 420,000円
教育充実費 300,000円
合計 860,000円

一般的な通信コース or 週1日登校の、自宅学習が基本のコースの学費は平均20-30万円程度となります。

実際には、ここから就学支援金(約12万円程度)が引かれるため、年間学費は10〜15万円前後まで下がります。

通学日数が多くなればなるほど、学校側のサポートも手厚くなります。学費を抑えようと通学日数の少ないコースを選ぶと、それだけ自己管理が求められるということは覚えておきましょう。

通信制高校+サポート校の平均学費はどのくらい?

通信制高校とサポート校が一緒になった高校だと、上の学費にプラスして、20万~30万円程が授業支援料などの名前で上乗せされます。

平均学費としては年間60-90万前後になりますが、美容や専門分野を学ぶコース、資格取得のための授業が加わると、さらに10万~20万ほど上乗せされることもあります。

学校によっては、普通の通信コースに加えて、専門1科目を50,000円、本格的なコースになると+100,000円で受けられる、、、といった細かい料金プランを出しています。

各学校の細かい学費プランは、学校HPに掲載されていないこともあります。

まずは通える範囲にある通信制高校を検索して、資料をまとめて取り寄せて学費を比較してみるのが、一番てっとり早いアクションといえるでしょう。

通える範囲にある通信制高校を
\検索・比較してみよう/
↓↓↓

通信制高校の学費が安くなる就学支援金とは?

就学支援金とは、高校に通う費用の一部を国が負担してくれる仕組みです。

具体的な支給額は以下のとおりです。

  • 1単位の年間支給額: 4,812円
  • 25単位履修した場合の支給額 : 120,300円
  • 卒業に必要な74単位分の支給額 :356,088円

※所得に応じて1.5~2倍を上限として支給額は加算されます。
※参考:高等学校等就学支援金(新制度)Q&A

私立の通信制高校の学費は、通信コースのみの学費だと20万円前後からあるため、年間の納入金が10万円未満になることもあります。

サポート校の授業料にも就学支援金は適応される?

就学支援金はサポート校の授業料には適応されません。

サポート校に入学すると自動的に提携先の通信制高校にも入学することになるので、そちらの授業料が割引され、結果的に負担が軽くなります。

就学支援金だけでは足りない!他の学費免除措置はある?

就学支援金の他にも、都道府県が独自に用意している学費免除補助があります。

各都道府県の「私立高等学校等授業料軽減助成金事業」「私立高等学校等就学支援事業」などがそれに当たります。詳しくは学校説明会などで質問をしてみてください。

まずは通える範囲内の通信制高校のパンフレットを取り寄せてみよう!

通信制高校の正確な学費は、パンフレットにだけ掲載している学校も少なくありません。

実際にパンフレットを取り寄せたら、実際には想定より高くて焦った!という声もよく聞きますので、自分が通う地域にあるキャンパスの正確な学費は、資料を早めに取り寄せて確認するようにしてください!

また人気校は受け入れ生徒数が限られているため、動き出しが遅かったために、願書を出す頃にはすでに受付締め切られていた!という例も

行きたい通信制高校が決まっている、決まっていないに関わらず、通える範囲にある学校の資料だけは今すぐ取り寄せましょう。

こちらのサイトを利用すると、お住いの地域にある通信制高校のパンフレットを一括で取り寄せることができます(入力も1分程で完了)。

住んでいる地域の通信制高校を検索して、HP上で情報を調べて・・・とやると時間もかかります。

希望校に入学するために、最初のステップであるパンフレット&願書の請求はすぐに行いましょう!

通信制高校のパンフレットを検索・取り寄せる→



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。12月は学校説明会も活発化するので、入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む