失敗しない!自分に合った通信制高校を選ぶ3つの手順

「通信制高校なんてどこも同じでしょ?」

「高校が卒業できるならどの学校でもいいよ!」

そんな風にあなたも思っていませんか?

もしあなたがそんな風に思っているなら、次の3つの手順で学校を選んでみてください

通信制高校は、一般の高校では考えられないような「自由なカリキュラム」が特徴です。

適当に学校を選んでしまうと「全然思ってたのと違う」とギャップを感じて、転校や退学をする生徒も少なくありません。

ここではあなたに合う通信制高校を見極め、選んではいけない学校を選ばないための、学校選びの手順をお話します。

目次

ステップ1:近くにある通信制高校をリストアップしよう

まず最初のステップでは、「通える範囲内にどんな学校があるか?」を探すことをしていきます。

通信制高校というと、

「自宅で学習をしたりレポートを書くなら、この学校でもいいじゃん」

なんて思われるかもしれませんが、、、

自分ひとりで勉強を進めていくのはなかなか大変ですし、定期的に通学して、わからないことは先生に聞いたほうが3年間で高校を卒業しやすいです。

また、高校卒業の単位を取得するためには、「年間20日間は登校しましたよー」という証明が必要になります。

これを通信制高校では「スクーリング」といいます。聞いたことがあるかもしれませんね。

学校によってはこのスクーリングを2泊3日程度の合宿で済ませることができる学校もありますが、

通える範囲にキャンパスがあった方がスクーリング(登校)はしやすいですし、単位習得の試験(期末テストのようなもの)勉強もしやすいです

進路相談にも乗ってもらえますので、結果として卒業しやすい傾向があります。

住んでいる地域+通信制高校」と検索すると、その地域にキャンパスがある学校が出てきます。まずは、無理なく通える範囲にある通信制高校を探してみましょう。

ステップ2:複数校のパンフレットを取り寄せよう

次に、学校の資料請求をしていきます! 気になる学校が見つかったら、どんどんパンフレットを取り寄せていきましょう。

学校によって全然雰囲気やカリキュラムが違いますので、いくつかの学校を比較するためにも3~5校ほどまとめて取り寄せてみることをオススメします

お住まいの地域の通信制高校はこちらのページからまとめて請求することができます

学校の情報はインターネットでも閲覧できますが、やっぱり紙のパンフレットの方がわかりやすいです。

通信制高校はキャンパスによって学費が違うところも多く、インターネットでは学費を掲載していない学校も多くあります。正確な学費は資料請求をするのが一番わかりやすいですね。

パンフレットで特に見ておくこととしては、、、

  • 正確な学費は年にいくらかかるか(スクーリング費を含む)
  • 専門スキルが学べる授業な週に何時間か、資格は取得できるか
  • 進学コースの大学進学実績はどれくらいか
  • 不登校や引きこもりのサポートはどうか(スクールカウンセラーの有無など)

などですね。

もし特別な専門や、留学をしたい!という目的があるなら、それが学べるかを必ず確認するようにしましょう。

その3:学校訪問をする

最後に、実際に学校を訪問して、雰囲気や学校設備を確認していきます。

通信制高校では、定期的にオープンキャンパスを開催したり、常に学校見学を受け入れている学校も多いです。

学校の雰囲気があなたに合うかどうか、見極めることはとても大事です。

「自分は大人しいのに、入学してみたら周りはみんな金髪・メイク。全然自分に合わなかった……」

なんて話もよく聞きます。

また、美容やメイク、漫画や声優など「専門スキル」を学びたい方は、この学校訪問をしっかりやるようにしてください

なぜなら、「専門が学べます」と言っても、その授業の質はピンキリだからです

入学はしたものの全然思った勉強ができず、結局その学校を退学してしまった、、、というような声もあるほどです。

  • その学校はどんな設備を持っている?
  • あなたが受けたい専門の授業は、週にどれくらいある?
  • どんな経歴の先生が教えてくれるの?

こうしたことを意識しながら学校見学をしていくと、あなたのイメージに合う学校が見つかるはずです。

「通信制高校なんて、どこも同じでしょう?」と思わず、ワクワクしながら学校を選んでみてくださいね!

まとめ:あなたが選んではいけない通信制高校を、選ばないために

ということで通信制高校を選ぶ3つの手順についてお話してきました。

これまでの流れをまとめると、

  1. 通える範囲にある通信制高校をリストアップする
  2. 複数校のパンフレットを取り寄せる
  3. 学校訪問をする

という手順になります。

この流れで学校を探すことによって、あなたにピッタリの学校が見つかる可能性はぐっと高まりますので、ぜひこの手順通りに学校を選んでみてくださいね。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次