MENU
聖進学院

聖進学院ってどう?学費・偏差値・口コミを確認する!

聖進学院の年間学費

662,000円~/年間

資料請求する(無料)

聖進学院は、NPO法人東京教育カウンセリング研究所から公式サポートを受けており、発達障害で悩む生徒の自立支援を得意とする通信制サポート校です

それぞれの発達課題に配慮した授業を通じ、生徒は感情コントロールの方法や社会性を身につけることが可能です。

たとえば「言語理解」に課題のある生徒でも授業をスムーズに理解できるよう、イラストや映像を見せたり、板書をすぐ消さず残しておいたり、抽象的な言葉の使用を避けたりといった工夫がされています。

物忘れが多い、集中力が続かないといった課題には、授業を15分単位にしたり、1回ごとの指示を短くしたりと対応しています。

学費 662,000円〜
専門授業 普通コース/個別コース/はるかぜ教室
通学コース 【普通】基礎学力をつけたい方、大学進学を目指すコース
【個別】集団生活に自信がない方、自分のペースで学習するコース
合格先実績 神奈川大学、埼玉学園大学、城西大学、大正大学他
所在地 埼玉県さいたま市南区南浦和2-41-5

聖進学院の通学/サポートコース解説

1.普通コース(年間学費:662,000円〜

普通コースは「高卒資格」の取得はもちろんのこと、生徒に社会で生きる力を身に着けさせることを目標にしたコースです。

学習は生徒ひとりひとりが授業の内容が分かるところまで戻ってから始まります。勉強の「分かる」が楽しいことだということから学ぶためです。

また社会で生きるためには人とのつながりが不可欠です。そのためクラブや学校行事に積極的に参加して人とのつながりを作る模擬的なことができます。

3年間キッチリ学び、大学進学、専門学校進学、就職活動などのサポートが行われます。

個別コース(年間学費:732,000円〜

個別コースは人がたくさんいる場所が苦手、一人の方が落ち着くといった集団生活が苦手な生徒向けのコースです。

最初はできるだけハードルを下げた生徒にとって負担の少ない登校回数にできたり、朝はじまるのが遅かったりとゆっくり目のペースで学習を進めることができます。

ゆっくりなペースで大丈夫なら個別から少人数へ、少人数から集団へと移ることも可能です。もちろん移らないことも可能です。

3.はるかぜ教室

主に、発達障害や学習障害がある生徒向けのコースで、聖進学院ならではのサポートコースといえます。

主要5科目の個別サポートだけでなく、社会生活で必要となる認知機能、ソーシャルスキル、コミュニケーションのトレーニング授業を含みます。認知力向上のトレーニングも用意されており、集中力が向上し勉強ができるようになったり、将来の仕事に取り組みやすくなることが期待されます。

2022年度 聖進学院の年間学費について

普通コースの学費

入学金 80,000円
授業料 422,000円
施設量 40,000円
教材費 30,000円
通信制高校費用 342,000円
就学支援金 ▲252,000円(世帯年収590万円未満の場合)
年次合計 662,000円

※世帯年収によって就学支援金の支給額が変わります。590万円以上〜910万円未満の支給額は101,052円/年次学費は【812,948円】となります。

個別コースの学費

入学金 80,000円
授業料 512,000円
施設料 20,000円
教材費 30,000円
通信制高校学費 342,000円
就学支援金 ▲252,000円
年次合計 732,000円

※590万円以上〜910万円未満の就学支援金額は101,052円/年次学費は【882,948円】となります。

他の通信制高校にはない、聖進学院ならではの特徴は?

発達障害への理解がある教師/スクールカウンセラーの多さ

全教員が定期的にカウンセリング講座を受講していることも、聖進学院の特徴です

相手の立場になって共感しようとする「カウンセリングマインド」の習得が目指されており、教師の考えを押しつけず子どもの気持ちを重視することが徹底されています。

また、教員間での情報共有も重視。生徒それぞれの個性や出席状況を全員で把握し、トラブルを抱えていそうな生徒には教師全体で対応することが可能です。

ユニバーサルデザイン化された授業

聖進学院の授業は、

  • 視覚優位の生徒
  • 聴覚優位の生徒
  • 書字が苦手な生徒

など、それぞれの生徒の特徴に配慮した授業のことです。

たとえば、言語理解が難しい生徒には、表やイラストなど視覚的に伝えたり、ロールプレイングで身体を動かすような作業で理解を助けます。

板書を長く残したり、一文を短くするなど、全日制の高校では考えられない、個性にあった教育を受けることができます。

聖進学院を卒業した生徒の口コミ・評判

見た目が派手でも、学校にうまく行けなくても、それを全部受け止めてくれる先生の存在がありがたかったです。

思うように通学ができないときもありましたが、担任の先生が最後までサポートをしてくださり、無事に高校を卒業することができました。

2年生のときのボランティア活動を通じて福祉やリハビリテーションの分野に興味を持ち、卒業後は福祉の専門学校に通うことになりました。

聖進はサポート校なので、高校卒業資格を取るために別の通信制高校に入学しなくてはならない。奨学金制度もあるが、授業料が2校分になるのが大変だった。文化祭などのイベントが少なく、卒業アルバムもないのが寂しかった。

発達障害や学習障害をもつ生徒に検討してほしい通信制サポート校

集団行動が苦手な生徒でも、聖進学院なら「個別コース」で学校生活になじむことができます。

個別学習から始め、グループ学習、集団学習へと移行し、「普通コース」で集団授業を受けることも可能です。

登校する日や時間は自分で決められるので、自分にとってちょうどいいペースで学習を始められます。

小学校の範囲から丁寧に教われるクラスも、専門学校・大学への進学を目指すクラスもあるため、どの段階にいる生徒でも目標に向けて成長することができるでしょう。

聖進学院 卒業生からの声

もちこ(卒業生)
もちこ(卒業生)

通信制サポート校「聖進学院」を卒業したもちこです。

聖進学院は、「大智学園高等学校」の指定サポート校です。私服通学と制服通学が自由に選べます。

冬にはスノーボード教室などの授業があり、楽しみながら普段出来ないスポーツの経験が出来るのが特徴です。卒業後の進路も進学したい生徒、就職したい生徒に合わせて先生が相談に乗ってくれます。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

聖進学院の通学コースについて


普通コースは通常の高校と同じように授業があり、習熟度や生徒達の性格によってクラスが分かれています。

真面目に勉強したい生徒、静かで大人しい生徒、みんなでわいわいするのが生徒など同じような生徒と同じクラスになるので自然に友だちになれます。

月曜、火曜、木曜、金曜の週に4日間授業がありました。

国語、数学、理科、社会、英語、道徳、保健体育などの授業があり、担当の先生がいます。

私のクラスは集中力が続かない生徒やノートを取るのが遅い生徒のために先生が場を和ますお話をしてくれたり和気あいあいとした雰囲気で授業が行われていました。

担任の先生は一人一人ときちんと向き合ってくれて普段は友だちのように、時には厳しく指導をしてくれました。

また夏休みには大学受験を目指していた生徒のために夏期講習を開いてくれるなどそれぞれの生徒に合わせて授業をしてくれます。

私は願書の書き方や小論文の書き方などを個別に指導してもらいました。

就職を希望する生徒には就職先を一緒に探すなどしてくれていました。

聖進学院の設備の充実度、専門授業の質


都内にあるビルにあります。

駅から徒歩5分くらいで周りにはコンビニもたくさんあるのでお昼ごはんを買いに行く時も色んな場所に行けました。

お弁当を持ってこない生徒にとって昼食のバリエーションがあるというのは大きなメリットでした。

教室は20人くらいが1クラスになっています。

教室の窓が大きくて開放感がありました。クラス間での交流はあまりありませんでしたが、その分同じクラスの生徒との交流が濃密でした。

また学校に入ってすぐ職員室があり、すぐに先生の顔が見えるので、近寄り難い職員室…というイメージではなく、明るく入りやすい職員室で先生に相談もしやすい雰囲気でした。

冬の時期にはインフルエンザ対策として登校してすぐに熱を計って、蔓延しないような対策がとられていました。

福祉コースを選択している生徒もいましたが、卒業後すぐに介護の仕事に付けるようになっています。

途中でコースを変えることも可能で、1年間で介護職員初任者研修、3年間で介護職員実務者研修を修了できます。

聖進学院のイベントや学校行事


冬にはスノーボード教室がありました。私は人生初のスノーボードでしたがインストラクターの方が優しく教えてくれました。

何度も転んだりこわくて降りられないこともありましたが、全ての生徒が滑れるようになるまで根気よく指導してくれました。

そのおかげか2回目に参加した時は昨年よりも早くコツを掴めるようになっていて上達できた達成感がありました。

宿の中では別のクラスの生徒と交流する機会があって、普段の学校生活では出来ないことが沢山出来ました。

漢字検定を校内で受験出来たこともよかったです。

前日に対策講座を開いてくれて、無事に漢検2級を取得することが出来ました。

修学旅行は富士急ハイランドに行ったのを覚えています。

絶叫系のアトラクションが苦手だったので正直行くのが怖かったのですが、友だちと怖くないアトラクションに乗ったりおしゃべりしたり充実した修学旅行になりました。

通信制の学校だと修学旅行はないのかなと思っていたので、とても大切な思い出になりました。

聖進学院にはいじめはある?学校の雰囲気について


真面目に勉強したい生徒、静かで大人しい生徒、わいわいするのが好きな生徒と生徒の性格によってクラス分けされていました。

私は2年生の時に編入したので、最初はちゃんと通えるか、クラスの生徒と打ち解けられるか心配でした。

なかなか自分から声をかけられない性格でしたが、先生が他の生徒と自然に話せるように話しかけてくれたりしてすぐに友だちが出来ました。

少人数のクラスなのでクラスのみんなが友だちみたいな雰囲気です。

いじめについては何日も登校していない生徒がいたら先生が気にかけてくれたり、いじりの度が過ぎたらすぐに介入してくれたり、そういったことが起きないようにとても先生が気を配ってくれている環境でした。

その分授業に集中出来ていい環境だったと思います。

聖進学院の卒業後の進路


私は四年制大学の心理学専攻に進みました。

AO受験をしたのですが小論文の書き方やエントリーシートの添削、面接のやり方など受験するにあたり先生が個別に指導してくれました。

学校で漢字検定が受けられたので漢検2級を取得することが出来ましたが、面接の時に面接官の教授と漢字検定についてのお話になり、とても会話が弾んだのを覚えています。

無事に合格出来たのでこの学校で漢字検定を取得して本当によかったと思いました。

就職活動をする生徒には面接での立ち振舞やスーツの着方などをイチから教えてくれていました。

就職先を探してくれたり、どんな職種がいいか一緒に悩んでくれたり親身になってくれます。

他には専門学校に進む生徒もいました。

出席日数が危ない生徒についても個別に連絡を取るなどして全員が卒業出来るようにしてくれる学校です。

どの進路でも決まったら一緒になって喜んでくれるいい先生方です。

中学生活や高校生活の中で先生や友だちと上手く関係が築けなかったり勉強について行けなくて不登校になってしまった…そんなふうになって学校に行くのが怖くなってしまってもこの学校なら大丈夫です。

通うのが楽しくなる学校だと思います。