野田鎌田学園横浜高等専修学校

野田鎌田学園横浜高等専修学校ってどう?学費は高い?評判をまとめました!

野田鎌田学園横浜高等専修学校は料理とITの2つの分野に特化した学校です。

学校名の通り、高等専修学校なのでただ通うだけでは高卒資格が取得できるわけではありませんが、通信制のあずさ第一高等学校と提携しており、ダブルスクールで高卒認定と料理やITに関する資格を取得できます。

一般の高校の勉強と並行で将来の夢を実現するための勉強ができるのが野田鎌田学園横浜高等専修学校の魅力です。

実際に高校を卒業してから飲食業界やIT業界に就職して活躍する生徒もいますし、大学や専門学校に進学してさらに知識を深める生徒も多いです。

学費846,000円+制服代・教材費・積立金など
スクーリング週5日
通学コース調理高等科・情報高等科
専門授業料理・IT
所在地東京都杉並区上荻4丁目29番8号

野田鎌田学園横浜高等専修学校はどんな学校? 特徴を解説


野田鎌田学園横浜高等専修学校は東京都に拠点を持ち、東京都や埼玉県・千葉県・神奈川県などの周辺エリアから生徒が集まっています。

調理・ITを専門に学べる環境が整っていて就職に強く、生徒の8割が就職しています

残りの2割も管理栄養士などの資格を取得したり、ITに関する知識をより深めたりする目的で飲食・IT系の大学・専門学校に進学しています。

進路決定率は開校以来100%を誇っており、中学校の段階である程度やりたいことが固まっていて、少しでも早く手に職を付けたいと思っている生徒にはぴったりな学校でしょう。

野田鎌田学園横浜高等専修学校では高校在学中の資格取得の支援も行っています。

調理高等科の場合卒業と同時に調理師免許を取得可能です

また、専門調理師になるにあたって必要な学科試験の免除も受けられます。

その他にも多くの生徒が在学中に食育インストラクターなど飲食に関わる資格を取得しています。

情報高等科に関してもP検やMOSをはじめとするパソコン関連資格に挑戦する生徒がたくさんいます。

中にはITパスポートや、基本情報技術者のような国家資格に挑戦する生徒もいるほどです。

学校で学ぶ内容が資格試験の出題範囲と共通していることもあるので、効率よく資格を取得できるのも野田鎌田学園横浜高等専修学校の大きな魅力です

野田鎌田学園横浜高等専修学校のコース/カリキュラムについて


野田鎌田学園横浜高等専修学校は調理高等科情報高等科の2つのコースがあります。

それでは各学科のカリキュラムの特徴について解説していきます。

調理高等科

調理高等科では飲食業に携わる人材として必要な知識を身につけることができます。

座学では様々な国の食文化や食材それぞれの栄養、衛生管理など、飲食業で働いたり、将来的にお店を開いたりするにあたって必要な内容が中心です。

また、ただお店で働くだけでなく、保育園などの栄養士・調理師として働くにあたって必要な献立作成・集団調理についてもしっかり学べます。

野田鎌田学園横浜高等専修学校の調理高等科の実習時間は3年間で300時間以上。

様々なジャンルの調理経験を積むことで、高校卒業後に即戦力として働けるスキルも身につきます

情報高等科

情報高等科では1人1台パソコンが支給される環境で、ITについて学べます

学ぶ内容は今や社会人全員に求められるといっても過言ではないMicrosoft Officeを中心に、実際にソフトウェアを自分で操作してみる実習系の授業が中心。

その他にもハードウェア・ソフトウェアそれぞれや、データベースなどインフラ・プログラマーどちらに進むにも求められる知識や、機械工学系の職種を目指す場合に役立つ工学基礎などの講義が用意されています。

野田鎌田学園横浜高等専修学校の学費は高い?


野田鎌田学園横浜高等専修学校の学費は846,000円+制服代・教材費・積立金などです。

一般的にスクーリングのある通信制高校の学費の平均は50万円〜100万円前後。

これと比較すると野田鎌田学園横浜高等専修学校の学費は平均的と言えます。

ただ、野田鎌田学園横浜高等専修学校は通信制高校に通いながら専門的なスキルを身につけられる学校です。

スクーリングのある通信制高校で専門科目をオプションで付けると100万円超えもよくあることを考えると、実習が豊富かつ調理高等科なら調理師資格も取得できますし、むしろ学費はお得な学校と言えるでしょう。

しかも野田鎌田学園横浜高等専修学校は学費の割引制度も充実しています。早期推薦入学や特待生推薦入学で1期までに入学すると入学金が100,000円割引です。

しかも、国の就学支援金制度に加えて東京都に住んでいる生徒は東京都が運営する助成金制度も利用できるので、最大で45万円近い学費の割引が受けられます。

したがって、親の年収が低いけれど手に職を付けられる学校に行きたいと思っている生徒にぴったりな学校と言えるでしょう

野田鎌田学園横浜高等専修学校のサポート体制ってどう?


野田鎌田学園横浜高等専修学校は学校にカウンセラーを配置し、常時生徒の心のケアができる環境を整えています。

カウンセリングは1枠50分とし、しっかり時間を確保してじっくり生徒一人ひとりと向き合えるので、思春期の生徒でも安心して相談できるでしょう

また野田鎌田学園横浜高等専修学校は実習がメインの学校です。そのため通信制高校との両立はハードに感じるかもしれません。

ただ、単位に関しては必要最小限に抑えて負担を最小限にしていますし、場合によっては補習も行ってくれるので高校の勉強との両立も心配ありません。

野田鎌田学園横浜高等専修学校のメリット(向いている人)


それでは、どんな人が野田鎌田学園横浜高等専修学校に向いているのでしょうか。

学校のメリットから、野田鎌田学園横浜高等専修学校が向いている人の特徴を紹介します。

高校を卒業してすぐに調理の道に進みたい人

野田鎌田学園横浜高等専修学校では高校生の段階で専門学校で学ぶような調理に関する知識・技術を身につけることができます。

調理師免許も取得できますし、高校を卒業してすぐの段階で即戦力として働けるのは大きなメリットでしょう

手に職を付けたい人

生徒の中には経済的に生活が厳しく、将来大学や専門学校に進めるか不安な人もいるでしょう。

特に専門的なスキルが求められる仕事だと、大学や専門学校で知識やスキルをすでに身につけている人が優先的に採用されやすいです。

野田鎌田学園横浜高等専修学校なら、安い学費で高卒資格と調理師資格が取得できますし、国・東京都の奨学金・助成金制度も利用できます

また、学校でアルバイトを推奨しており、特に調理高等科は飲食系のアルバイトをしている生徒が多いです。

このように野田鎌田学園横浜高等専修学校ならお金の負担を最小限にして手に職が付けられます。

野田鎌田学園横浜高等専修学校のデメリット(向いていない人)


野田鎌田学園横浜高等専修学校が向いていない人は、大学進学、特に難関校を志望している人です。

野田鎌田学園横浜高等専修学校では実習を最優先しており、一般科目に関しては必要最低限の授業しか用意されていません。

特に情報高等科からIT業界への就職を希望する場合、いくら即戦力でも大卒と高卒で年収が変わってきますし、応募条件が大卒・専門卒以上の求人も多いので、できるなら大学に進学した方が良いでしょう。

しかし、理系の学部に進む場合基本的に数学2Bまでの知識が必須であるケースが多いですが、野田鎌田学園横浜高等専修学校では1Aまでしか取り扱っていません。

したがって、大学進学を希望する生徒は受験勉強のサポートが手厚い学校を選ぶことをおすすめします。