MENU
通信制高校の評判を調べる

鹿島朝日高等学校ってどう?学費・偏差値・口コミ評判

鹿島朝日高等学校の年間学費

97,000円~/年間

資料請求する(無料)
※通信コース/就学支援金適用時
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

鹿島朝日高等学校は岡山県を本拠地とする通信制高校です。47都道府県、日本全国どこからでも入学できます。

・一人ひとりの個性を尊重する学習スタイル

・将来を見据えて学べるオプションコースが豊富

ネット指導制から週5日制などの選択肢から希望に合う学習スタイルを選択でき、無理なく卒業を目指せます。

自分の都合に合わせて通学頻度を選べるため、毎日のスクーリングに不安のある生徒や趣味やアルバイトなどに時間を有効活用したい生徒にもおすすめの通信制高校です。

鹿島朝日高等学校の基本情報

住所 岡山県岡山市北区御津紙工2590
スクーリング 月2回程度
※夏期・冬期・春期の集中スクーリングで指導を受けることも可能
通学コース ・週2日~5日制
・週1日制
・自宅学習制
・個人指導制
・家庭教師制
・ネット指導制
学校URL https://www.kg-school.net/asahi/

鹿島朝日高等学校は岡山県に本拠地がある通信制高校です。通信制高校「鹿島学園高等学校」の姉妹校となっています。

この学校の大きな特徴は豊富な学習スタイルが用意されていることです。ネットを通じて学習を受けたり、毎日通って学生生活を楽しんだりするなど、理想とする過ごし方を選択できます。自分に合う学び方でマイペースに卒業を目指せる通信制高校です。

鹿島朝日高等学校の通信制ってどう?通学コースや学校の特徴・評判について

鹿島朝日高等学校では、

・週2日~5日制
・週1日制
・自宅学習制
・個人指導制
・家庭教師制
・ネット指導制

という全6種類の学習コースが用意されています。

週2日~5日制

学習センターに週2~5日通学し、指導を受けるコースです。週2日から通学できるため、少ない日数から学校生活をスタートして少しずつ生活リズムを整えたいという人にもおすすめです。また、本人の希望に応じて週5日通学し、しっかりとサポートを受けながら卒業を目指すこともできます。個人の希望に合わせて通学日数を調整できることが魅力です。

週1日制

学習センターに週1日通学し、指導を受けるコースです。週1日のみの通学となるため、時間を有効活用できます。学業以外にも自分の好きなことや趣味に時間を使いたいという人にもおすすめです。また、週1日のみのため、通学するための体力的・精神的な負担を軽減できるコースといえます。たとえば、中学時代に不登校で毎日通学できるか不安という人にとっても安心材料となるでしょう。

自宅学習制

自宅学習制は基本的に通学せず、自宅学習をメインで行い卒業を目指すコースです。スクーリングは年間数日程度のため、働きながら卒業を目指すこともできます。通学する日数を減らしたい、働きながら卒業したいという人に向いています。

個人指導制

個人指導制は学習センターで自分が希望する時間に指導を受けられるコースです。先生がマンツーマン指導してくれるため、自分のペースで学習できます。聞きたいことがあるときも1対1の指導ならその場ですぐに質問でき、速やかに疑問を解消できるでしょう。マイペースでコツコツと学習したい、周りの学習ペースについていけるか不安という人におすすめです。

家庭教師制

家庭教師制は自宅に講師を呼んで指導を受けるコースです。通学の必要がないため、なるべく外出したくない、通学の時間をほかのことに使いたいという人に向いています。自宅というプライベートな空間で直接指導を受けられるため、落ち着いて勉強できるでしょう。

ネット指導制

ネット指導制はパソコン、スマートフォン、タブレットなどの端末を使い、テレビ電話などを通じて指導を受けるコースです。場所や時間に縛られず、好きなところで好きなときに学習したいという人に向いています。

鹿島朝日高等学校の口コミ・評判

鹿島朝日高等学校の評判を調べてみると「サポート体制が整っている」「活気があり明るく楽しい学校」という意見がみられました。

このことから、サポート面が充実している様子がうかがえます。コースの種類も豊富で自分の希望に合わせて通学スタイルを選べるため、中学時代に不登校経験のある人や、友達を作って学校生活を充実させたい人などでも安心でしょう。

鹿島朝日高等学校の学費(2023年度)

鹿島朝日高等学校の学費

入学金 38,000円
授業料 200,000円(25単位取得時/就学支援金対象)
施設費 24,000円
通信費 5,000円
システム管理費 30,000円
就学支援金 ▲200,000円
※世帯年収590万円未満
初年度学費  97,000円 ※就学支援金適用時

上記は通信コースの金額となり、進学やITなどのオプションコースを選択する場合は、別途サポート費用がかかります。

オプションコースは、各キャンパスによって設置されているコースが異なります。まずは最寄りの鹿島学園の資料を取り寄せ、希望のコースがあるかどうかを確認されてください。

>> 鹿島朝日高等学校の資料を取り寄せる

国や自治体の学費支援制度

鹿島朝日高等学校は通信制高校に該当するため「就学支援金」が適用されます。

これは申請が認められた場合に授業料が減免される制度です。ただし、国の規定によって所得制限が設けられている点に注意しましょう。また、在学月数や履修単位数などによる制限もあるため、詳細を確認しておく必要があります。

鹿島朝日高等学校が用意している学費支援制度

鹿島朝日高等学校では提携教育ローン「学費サポートプラン」が用意されています。これはオリエントコーポーレーションが入学金や授業料などの納付金を一時的に立て替えるものです。その納付金は毎月分割で支払うことになります。

奨学金情報

日本政策金融公庫による、国の教育ローンがあります。受験にかかった費用や学校納付金、教材費や通学費用などの用途に活用できます。受験前でも申込みが可能です。制度の詳しい内容や手続きについては、専用のコールセンターで問い合わせることができます。

鹿島朝日高等学校の通信制に偏差値はある?入試情報について

学力試験がないため偏差値はなし

鹿島朝日高等学校の入試では学力試験がなく、筆記試験は実施されません。主に書類選考および面接で選考が実施されます。選考対象は中学卒業者となります。

なお、新入学の場合は「4月入学」「10月入学」の2つがあり、それぞれ出願期間が設けられています。あらかじめ期間をよく確認し、不備がないように準備しておきましょう。

どちらも願書受付から2週間以内に選考結果が連絡されます。

転入学・編入学については随時入学の受付が行われており、選考結果は新入学と同様に願書受付から2週間以内に選考結果の連絡があります。ただし、入試・募集の内容は変更となる可能性があるため注意が必要です。入学希望者は余裕を持って資料請求を行い、最新情報を確認しましょう。

鹿島朝日高等学校の入試対策は必要?

鹿島朝日高等学校では学力試験が実施されないため、入試にあたり特別な対策は必要ないといえます。ただし、書類選考だけではなく面接が必要となるため、基本的なマナーは身につけておくと良いでしょう。

鹿島朝日高等学校の通信制が向いている生徒/向いていない生徒

向いている生徒

鹿島朝日高等学校は、

・周りのサポートを受けながら卒業を目指したい人
・自分の希望に合わせて通学スタイルを決めたい人
・充実した学校生活を送りたい人

などにおすすめの通信制高校です。

先生が生徒一人ひとりに合わせて適切な履修方法を提案します。学校生活から卒業後の進路まで、不安なことは何でも相談できる環境が整っていることが特徴です。

充実したサポートを受けながら卒業を目指せます。また、学習スタイルが豊富で通学の日数を自分の希望に合わせて選べることも魅力です。しっかり指導を受けて勉強に集中したい人からマイペースに自宅で学習したい人まで、自分で学校生活の過ごし方を決めたい生徒におすすめできます。

鹿島朝日高等学校が向いていない生徒

鹿島朝日高等学校は、

・学習スタイルを自分で決められない
・選択肢が広いと悩んでしまう

などには向いていない可能性があります。

鹿島朝日高等学校は学習スタイルの選択肢が豊富であり、ある程度自分でどのような学校生活を希望するか決定する必要があります。また、鹿島朝日高等学校は制服・私服のどちらでも通学が可能であり、服装に関する自由度が高い傾向です。

そのため、選択肢が広すぎると悩んでしまう、ある程度規則やルールがあったほうが安心できるという人は、悩んでしまう可能性があるでしょう。

鹿島朝日高等学校 卒業生の口コミ