卒業生が語る!桃谷高等学校(大阪キャンパス)ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。

<2018年12月:最新情報>

通信制高校は、年明け1月には出願が始まる学校も多く、12月は学校説明会が活発化する時期になります。願書や募集要項は学校説明会に参加しないと手に入らない学校もありますし、人気校は人数制限をしているところもあるので、まずは通学圏内の学校を調べて資料を取り寄せるところからはじめましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


桃谷高等学校(大阪キャンパス)を卒業したRunです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

桃谷高等学校(大阪キャンパス)の基本情報

住所 大阪府大阪市生野区勝山南3丁目1-4 (最寄駅:JR環状線「桃谷」駅)
通学コース 多部制単位制(クリエイティブスクール) I部・Ⅱ部
多部制単位制(クリエイティブスクール)III部
通信制 日夜間部 ・昼間部
スクーリング 週3日

桃谷高校は5つのコースがあり、朝から昼まで通う子・昼から夕方まで通う子・夕方から夜まで通う子や、色々な事情を抱えて通われてる方が多く、年齢も幅広く60代ぐらいまでの方が通われてます。

桃谷高等学校(大阪キャンパス)の通学コース


私が通っていた多部制単位制I部・Ⅱ部は定時制で、I部は午前9時から12時30分までで、II部が午後13時30分から17時10分までの時間帯となります。

時間割は自分で選択します。

これを受講登録と言い、1年分(前期と後期)を選択します。

時間割は、月金・火木と同じ授業を受け、水曜日はHRがあり、3.4限目は総合的な学習と言う、韓国について学ぶ授業や映画を観るだけの授業、物を作る授業などがあり、時間割を決める時に第1希望から第5希望まで決め、決まった授業を受けにいきます。

授業は100分連続授業(50分×2)と言って、休み時間はなくトイレ休憩だけです。

また、2限目が終わって3.4限目の授業の教室に移動する時も10分しかありません。

授業が始まってから5分までが遅刻扱いになり、授業始まってから10分までに教室に居てないと授業に出ても欠席扱いになります。

単位取得ができる欠席回数は24回になります。

25回になると、授業は受けれますが単位は貰えません。

また、100分連続授業なので1.2限、3.4限と同じ授業を受けるので欠席できる日数は12日だけとなります。

水曜日は授業日数が少ないので6回休むと単位は貰えません。

クラスも無いし、教室も授業によってバラバラなので教科書などは毎日持ち帰らないといけません。

体育など人数が多い授業はクラスで別れて授業します。

卒業に必要な単位は74単位で、3年で74単位取得できなければ4年次・5年次と進んでいきます。

学年がないので、進級する・しないは無く留年もありません。

在籍期間は6年まで可能です。

私の場合は、国語や数学、社会や理科などの必須科目を優先的に選択し、授業に出るのが苦にならない様に前期と後期でちりばめました。

桃谷高等学校(大阪キャンパス)の設備の充実度、専門授業の質


桃谷高等学校は、8階までありエレベーターが3つあります。

東館と南館・新棟南館があります。

講堂・食堂もあり、体育館が食堂の上(2階)にあります。

食堂は主に夜間に通ってる生徒だけ給食が出ます。

I部・Ⅱ部は、昼間を食べる場所だけ貸して貰えます。

食堂の他にI部・Ⅱ部の職員室横に21教室という教室がありそこも開けてくれます。

食堂前にはベンチが5〜6個あります。

食堂横には自動販売機が2台設置されています。

プールもありますが授業では使う事がありません。

教室の広さは基本的な広さですが、その倍小さな教室もあり、教室が二つ繋がってるくらい大きな教室もあります。

1クラスは多くて36人ほどです。

クラスといってもあっても無い様なものなので、少ない時で3人とか5.6人です。

簿記や韓国語、中国語など分かりやすく説明してくれますし理解するまで付き合ってくれます。

また、簿記など資格が取れる授業は試験日や試験範囲など教えてくれるので簡単に受ける事ができます。

桃谷高等学校(大阪キャンパス)のイベントや学校行事


学校行事は、体育祭と文化祭だけで修学旅行はありません。

体育祭といっても名前だけで、内容はバトミントンやバレーボール、バスケットボール等楽しみながら出来ますし、参加するかしないかは自分で決めれます。

クラス対抗といった競技も無いので、友達とどれやる?と相談しながら決めれます。

他は、握力測ったり跳躍を測ったり反復横跳びなど体力測定があり、強制では無いので楽しんでできます。

文化祭も同様にやるかやらないかは自分で決めれますし、クラスの出し物も自分たちで決めれます。

毎年バラバラですが、焼き芋やたこ焼き、肉まん、スーパーボールすくいや射的、ポップコーン等色々出てます。

体育祭と文化祭、両方とも単位が足りてれば行かなくても良いので自由に参加できます。

全て自分たちで決めて作っていくので、クラスの仲を深めたり協力しながら楽しんで進めていく事ができます。

桃谷高等学校(大阪キャンパス)の学校全体・クラスの雰囲気やいじめ


学校の雰囲気も良く友達と喋ってる人、1人で行動してる人など様々な人が居てるので息苦しいなどといった事はありません。

やんちゃな子も居てますが、何かしらの事情や悩みを抱えてる子の方が通って居ます。

昔はいじめがあったみたいで2階より上の階は自殺防止で窓は半分も開きません。

今はずっと一緒に居るのはクラスの人より友達なので無いと思います。

先生達もフレンドリーで親身になって話を聞いてくれるので良い環境で学校に行く事ができます。

問題を起こす人は目立つので、先生達に目を付けられてます。

問題が起こっても先生達がすぐに対象してくれるので安心して通えます。

また見て見ぬふりをする先生は居なく、しっかりと怒ってくれるので授業も受けやすいです。

桃谷高等学校(大阪キャンパス)の卒業後の進路


私は就職を希望していましたが諸事情でアルバイトをしています。

学校での授業やカリキュラムで資格情報も教えてくれますし、資格試験も教えてくれるので自信もつきます。

やりたい事が見つかった人は、進路もスムーズに決める事ができます。

特に総合的な学習の授業では色んな企業の方々が来て下さり、話を聞いたり色々な企業について知る事も出来ます。

進学も同じで、総合的な学習の授業で色んな大学の方々が来て下さり、話を聞いたり体験する事ができます。

時期によっては、大学の方からオープンキャンパスにと誘っていただけたりするので進路について考える事ができます。

周りは就職する人の方が多かったです。


クラスでまとまって行動するのが苦手な人や自分のペースでやっていきたい人、クラスに馴染めない人などはおすすめです。

逆に普通科に問題なく通えるような子はおすすめしません!サボり癖がつきやすく、辞めて行く子が多いです。



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。12月は学校説明会も活発化するので、入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む