CATEGORY:駿台甲府高等学校

駿台甲府高等学校ってどう?⇒評判や学費・口コミを確認する!

通信制高校の一般的な入学季節は4月ですが、2学期制の学校では10月(出願は8-9月)にも編入を募集している学校もあります。自分にあった学校を見つけるまでには数ヶ月かかることもあるので、パンフレットは早めに取り寄せて募集要項を確認しておきましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→

予備校で有名な駿台が開設した高校の通信制課程です。

ここはズバリ、大学や短大、専門学校へ進みたい人のための学校です。母体が駿台だけあって、進学のサポート体制がしっかりしています。

前期・後期には進路・進学ガイダンスが行われ、希望すれば駿台予備学校の映像講座も視聴できますし、模試を単位として認定してもらえるのも嬉しい点。また系列の駿河台大学や短大、専門学校への推薦制度も用意されています。

普通高校を選ばなかった生徒でも、また、さまざまな事情で高校が続けられなかった生徒でも、大学進学を諦めなくていいんです!

普通高校に行かなくても、大学は行きたい、そこで逆転を狙いたい!

と思っている生徒は、駿台甲府高等学校を検討してみることをオススメします。

学費 253,000円~
スクーリング 集中スクーリングは半年ごとに6~8日程度(2~4日連続のスクーリングを2~3回)/その他、研修スクーリング、体育スクーリング、各種進路ガイダンス等
合格実績 信州大学、早稲田大学、上智大学、学習院大学、駒澤大学、駿河台大学、他多数

\願書と学校案内を取り寄せる/
↓↓↓

資料請求はこちら>>

駿台甲府高等学校の徹底評価!

勉強はキライじゃないけど、校則になじめない。

学校の人間関係がつらい…。

自分には学校は合わないんじゃないかな…。

そう感じている生徒はきっと多いですよね。

でも、大学へ行けば、クラスなんてものはないし、担任の先生もいません。自分の取る授業を決め、自分で登録し、時間割も決めていけます。中学や高校と合わなくても、大学に行って学ぶことまで、諦めないでください。

でも、その前に入試もあるし…。一人だと、受験準備もどうやったらいいかわからない。なんてことを考えている生徒に、駿台甲府高等学校の通信制課程はオススメです。

駿台甲府高等学校の学習は、基本はテキストを使っての自宅学習です。

スクーリングやNHKの放送講座でそれを補い、わからないところがあれば電話やメールでいつでも先生に質問できます。

さらに個別指導を申し込めば、チューターからマンツーマンで教えてもらえ、中学時代にわからないままになっているところや、つまずいてしまっているところもやり直すことができます

その他、近くの学習センターに行けば、自習室はいつでも使えますし、質問したり相談したりすることもできます。さまざまな面で、進学を応援してくれる学校です。

進学という夢を実現するためには、毎日の勉強を自己管理していく意志力が、絶対に必要です。

やる気を持って、毎日勉強を続けていきさえすれば、駿台甲府高等学校のさまざまなサポートシステムが、受験を後押ししてくれるでしょう。

ですが、逆に言えば、そういうモチベーションをきちんと維持し、自己管理ができないと、駿台甲府高等学校での勉強を続けることは難しいかもしれません。

通信制高校の中には、高い卒業率をうたう学校も多くあります。

そういうところでは、学習面の充実よりも、いろいろな体験講座やレクリエーションなどを増やして、何とか学校生活を楽しませよう、そうやって、卒業資格だけでも取らせてあげようという方針が立てられています。

もちろん駿台甲府高等学校の通信制にも、体育スクーリングや研修スクーリングなどのように、楽しそうなイベントも、ちゃんと用意してあります。

でも、それもあくまでも学習の一環。

リフレッシュできるチャンスを利用しながら、また頑張っていくんです。

確かにラクではないけれど、それをやりとげればきっと、進学の夢がかなうだろうし、それ以上に、自分の人生で、大きなものをつかみとることができるはず。

頑張る生徒を、全力でサポートしてくれる。それが駿台甲府高等学校の通信課程です。

駿台甲府高等学校の口コミ・評判


大学進学を考えていたので、この学校を選びました。レポートは個別指導ルームへ行って指導してもらったり、放送視聴を受けたりして、なるべく通うようにしました。

将来、法律関係の仕事に就きたくて、法学部に進もうと考えていました。ガイダンスで駿河台大学を知り、推薦がもらえるようにレポートや定期試験は頑張りました。

最初のころは勉強のペースがつかめず、だらだらしてしまいました。でも、個別指導ルームや自習室を利用することで、レポートもためずにちゃんと提出できるようになりました。

駿台甲府高等学校の学費・授業料

入学金 50,000円
教育充実費 12,000円
授業料 175,000円(1単位7,000円×25単位で計算)
科目登録料 16,000円(1科目1,000円×16単位で計算)
初年度学費合計 253,000円

*この他に、教育振興費、進路対策費、教科書代等が必要です。

*スクーリング等では個人の履修科目に合わせて別途実費が必要です。(研修スクーリング参加費約15,000円)

自分に合った通信制高校を選ぶヒント

通信制高校というと、「学校に行かなくてもいい」というイメージがあると思います。

通学のない、完全な通信制コースの学校もありますが、

通学圏内にある通信制高校を選んだ方が、勉強でわからない箇所を先生に聞くことができるため、完全な通信コースに比べて高校を卒業しやすくなります

まずは通える範囲の通信制高校を検索、駿台甲府高等学校だけでなく、他学校の資料も取り寄せて、比較するところからはじめてみましょう。

通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む