卒業生が語る!新潟県立高田南城高等学校ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。

<2018年12月:最新情報>

通信制高校は、年明け1月には出願が始まる学校も多く、12月は学校説明会が活発化する時期になります。願書や募集要項は学校説明会に参加しないと手に入らない学校もありますし、人気校は人数制限をしているところもあるので、まずは通学圏内の学校を調べて資料を取り寄せるところからはじめましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


新潟県立高田南城高等学校の通信制を卒業したサイです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

新潟県立高田南城高等学校の基本情報

住所 新潟県上越市南城町3丁目3-8(最寄駅:高田駅)
通学コース 普通科
学費 入学金:500円
学費:330円(1単位)
諸費:7,500円
スクーリング 2日/週 (火・日)

新潟県上越市にある公立の定時制、通信制の高校です。最寄り駅は、高田駅から徒歩約20分です。

校舎のすぐ目の前には日本三大夜桜で知られる高田公園があります。

新潟県立高田南城高等学校は、昭和43年に創業しました。

「全国一、面倒見のよい定時制・通信制高等学校」
「全国一、進路希望達成率の高いて定時制・通信制高等学校」
の2つをスローガンに掲げています。

通信制過程は「だれでも・いつでも・どこでも」学ぶことができるいことをモットーに、学びの場を提供しています。

また、不登校傾向の生徒や特別な支援を必要とする生徒へきめ細かい対応もしています。

新潟県立高田南城高等学校の通学コース


私が選択した通学コースは通信制です。通信制は毎年必修科目と選択科目の単位の取得を目指します。

通信制の場合、授業のある日は毎週日曜日と火曜日です。授業のある日のことをスクーリングと呼びます。

1時間目から5時間目まで授業が続くというよりは、自分の履修している科目の授業に出席するという流れです。

時間割によっては1日2コマの授業しかないということもあります。

出席日数が決まっているため、最低限の出席日数に足りていれば、それ以降の授業に出る必要はありません。

したがって、スクーリングは週に2日ありますが、週1日の登校や、次の週は登校しないということも可能です。

登校する日が少ないので、家ではレポートや課題を行い、郵送にて学校に提出します。

担当の先生が採点し、間違ったところを訂正して返送してくれます。返ってきたレポートを確認し、復習するという勉強方法です。

自分のペースで勉強でき、解らない問題などがあれば、スクーリング時に先生に質問していました。

新潟県立高田南城高等学校の設備の充実度、専門授業の質


学校の設備として、校舎は三階建てで、体育館などもあり、全日制の高校と同じような造りになっています。

通信制に関しては、自分のクラス・担任の先生はいますが、自分の教室、自分の席がありません。

授業がない時や昼食を食べるときは休憩室を使用していました。その休憩室はいろいろな生徒が自習に使用したり、仲のいい人同士で談笑していました。

体育の授業の際は、バスケットボール、テニス、バドミントンのラケット、野球のグローブ、バッドなどの用具もあり、体育の自由競技の時間は好きな競技を選んで、バドミントンを楽しんでいました。

実際、私が体育でバドミントンの相手を探していた時、かわいい女子生徒がいました。

声をかけようか迷いましたが、彼女も相手を探していたため、私から声をかけて一緒にバドミントンをしました。

その授業のおかげで彼女とは仲良くなることができました!私が今までプレイしたバドミントンの中で一番思い出深いバドミントンになりました。

新潟県立高田南城高等学校のイベントや学校行事


学校行事やイベントは体育祭、文化祭、遠足、体験学習など様々なものがありました。

全日制の高校と異なり、体育祭、遠足などの行事は強制参加ではなく、単位取得の一環として、自由に参加することができます。

私は運動がとても苦手で、子供のころから体育祭や体育の時間が嫌でしたし、苦手でした。

したがって、私は高校時代、体育祭には出たことがありません。

私が参加したイベントで一番印象に残っているのは、遠足です。

学校のある上越市の名所を歩いてまわるような遠足でした。小高い山の上にある戦国時代の城跡を先生から案内してもらい見学しました。

現在では石碑が建っているだけですが、この辺りの歴史に触れることができ、とても感動しました。

また先生から脇野田駅を案内してもらいました。脇野田駅は現在の上越妙高駅で北陸新幹線の駅です。

当時はまだ新幹線の建設も着工しておらず、イメージが湧きませんでしたが、上越妙高駅を利用した際は、昔、ここに見学しにきたなぁと思い出します。学校行事にも参加してよかったと思っています。

新潟県立高田南城高等学校の雰囲気やいじめ


学校全体やクラスの雰囲気については、自分の教室や席がないので、毎日顔を合わせるクラスメイトというものはいません。

しかし、雰囲気はとてもよく、いじめなどは経験しませんでした。もちろんいじめの現場を目撃することもなかったです。

どのような生徒が通学していたかというと、小中学校時代に不登校になり、全日制の高校に通うことができなかった生徒、またいじめや非行など様々な理由があり、退学や中退し、この高校に転入してきた生徒、ほかには中卒で仕事に就いたが、高校を卒業したいため、仕事をしながら通学する生徒などがいました。

年齢も幅広く、様々な立場や環境の生徒がいましたが、学校の雰囲気もよかったため、通いやすいと思います。

新潟県立高田南城高等学校の卒業後の進路


卒業後の私の進路は京都にある四年制の大学に進学しました。

この高校で勉強したこととは直接関係はありませんでしたが、日本史がとても好きだったため、日本史が学べる大学を選びました。

新潟県内には日本史を学べる大学があまりなく、担任の先生に相談しました。

すると先生は親身になって相談にのってくれ、京都にある大学を調べて教えてくれました。

その先生のおかげで、受験し、無事に入学することができました。

また周りの友人は、私と同じように四年制の大学に進学する人もいましたし、専門学校に進学し、資格取得を目指す人もいました。

また、もともと仕事をしながら通学していた生徒はそのまま自分の職場で仕事に専念していました。

高校が卒業できて良かった、と話していました。


今、新潟県立高田南城高等学校への入学を悩んでいる生徒、これから入学をする生徒の皆さん、悩んでいるならやってみよう!前へ進もう!!

私は全日制の高等学校にない良さがこの高校にはあると思います。

今まで不登校で学校に行けなくなった人、働きながら高校卒業を目指す人、頑張って、第一歩を踏み出して下さい。



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。12月は学校説明会も活発化するので、入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む