CATEGORY:一ツ葉高等学校

一ツ葉高等学校ってどう?⇒評判や学費・口コミを確認する!

通信制高校の一般的な入学季節は4月ですが、2学期制の学校では10月(出願は8-9月)にも編入を募集している学校もあります。自分にあった学校を見つけるまでには数ヶ月かかることもあるので、パンフレットは早めに取り寄せて募集要項を確認しておきましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→

熊本に本校がある通信制高校です。九州を中心に、千葉や代々木などの関東地域にもキャンパスを出しています。

36年の歴史を持つ通信制高校で、通信コースから難関大を目指す進学コースまで幅広く用意しています。

特に進学コースに強いこだわりを持っており、通信制高校の自由さを活かした「個別指導」「30年以上のノウハウの蓄積」に自信があります。

慶応義塾をはじめ毎年難関校に生徒を輩出しているので、進学を希望する人は選択肢に入れておくといいでしょう!

学費 374,700円~
スクーリング 年1回2泊3日
通学コース 【一般コース】マイペースでの高校卒業を目指します。
【週1日コース】自宅学習を基本として週1日登校します。
【大学進学コース】大学進学に向け受験対策に力をいれています。
【単科履修コース】全日制高校で取得できなかった単科を補うコース。
【一ツ葉高校本科生コース】一ツ葉高校の通信教育を利用し、独学で高卒を目指します。
合格先実績 慶應義塾大学、東京理科大学、立教大学、鹿児島大学他
所在地 立川、代々木、熊本、千葉、小倉、福岡

\願書と学校案内を取り寄せる/
↓↓↓

資料請求はこちら>>

一ツ葉高等学校の徹底評価!

一ツ葉高等学校は36年の歴史を持つ通信制高校で、

  • 一般コース
  • 大学進学コース
  • 週1日コース
  • 単科履修コース
  • 本科生コース

の5つがあり、少人数制の個人指導を徹底しています。

この学校が特に自信を持っているのが「大学進学コース」。

グループ学習塾「筑紫修学館」で蓄積されたノウハウや、現役予備校教師によるオンデマンド授業なども活用し、希望大学に合格するための個別カリキュラムを作成。先生がマンツーマンで勉強のサポートをしてくれます。

通信制高校の勉強やレポートは、受験に比べればめちゃ易しいので、難関大を目指すのは、別に予備校に通う必要がある学校も少なくありません。

一ッ葉はグループの予備校の授業をそのまま受けることができるので、経済的な負担が少なくなるのがお母さん的にはありがたいですね。

他の学校にはない、一ツ葉高等学校の取り組みは?

一ツ葉高等学校ならではの取り組みとしては、対人関係の技術を学ぶ「ソーシャルスキル科目」というものを導入していること。

「友人関係・先生との接し方・仕事先での対人関係を論理的に学ぶ」

ことができます。

高校で、コミュニケーションスキルを明確に学習科目として扱っている学校はとても数が少ないんです!

いつも友達づきあいがうまくいかない、と悩んでいる生徒にはピッタリの科目ですし、高校卒業後すぐに就職を考えている生徒、AO試験を考えている生徒にも役立ちますね。

一ツ葉高等学校の口コミ・評判


先生はとても優しく、わかりやすい授業をしてくれる。また生徒の話をよく聞いてくれる。自分のペースに合わせて学習できるし、先生が面白いため勉強が苦にならない。

遠足や映画鑑賞会など、授業以外の学校行事が多く楽しかったです!

後で親に聞いた話だけど、週5通っていた私は、私立高校に通うよりも学費が高かったとか…。

意外と派手な生徒が多い!うまくコミュニケーションができない自分は馴染むのが大変だった。

一ツ葉高等学校の学費・授業料

こちらでは、一ツ葉高等学校の学費・授業料をまとめています。例として、代々木キャンパスの学費を掲載いたします。

大学進学コースの学費

項目 標準設定額
入学金 50,000円
キャンパス費用(年間) 590,000円
施設設備費(学年更新時) 30,000円
教育充実費(学年更新時) 50,000円
授業料(1単位) 7,000円

一般コースの学費 ※毎日登校型

項目 標準設定額
入学金 50,000円
キャンパス費用(年間) 450,000円
施設設備費(学年更新時) 30,000円
教育充実費(学年更新時) 50,000円
授業料(1単位) 7,000円

週2日登校コースの学費

項目 標準設定額
入学金 50,000円
キャンパス費用(年間) 270,000円
施設設備費(学年更新時) 30,000円
教育充実費(学年更新時) 50,000円
授業料(1単位) 7,000円

その他に必要な費用

  • 教科書代
  • インターネット教材
  • 模擬試験代(ベネッセ等)
  • スクーリング費用
  • 行事運営費(本科生コースは除く)
  • 卒業記念品代(卒業年度生)
  • 受験用教材費(大学進学コースのみ)

自分に合った通信制高校を選ぶヒント

通信制高校というと、「学校に行かなくてもいい」というイメージがあると思います。

通学のない、完全な通信制コースの学校もありますが、

通学圏内にある通信制高校を選んだ方が、勉強でわからない箇所を先生に聞くことができるため、完全な通信コースに比べて高校を卒業しやすくなります

まずは通える範囲の通信制高校を検索、一ツ葉高等学校だけでなく、他学校の資料も取り寄せて、比較するところからはじめてみましょう。

通学圏内にある通信制高校を検索・資料を取り寄せてみる→

通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む