青森山田高等学校

青森山田高等学校の通信制ってどう?学費は高い?口コミ評判を確認する

青森山田高等学校の年間学費

74,000円~/年間

資料請求する(無料)
※通信コース/就学支援金適用時
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

テニスの錦織圭選手や卓球の福原愛選手が卒業した、スポーツの名門、青森山田高等学校の通信制課程です

試合や遠征で忙しいスポーツ選手も数多く在籍している通信制課程ですが、ボクシングの元選手である竹原慎二や畑山隆則も、引退後、青森山田高校の通信制課程に入学し、卒業しています。

そんなところにも、この学校のモットー、「高校を卒業したい」という気持ちがある人なら誰にでも開かれているという姿勢がよくあらわれていますね。

広域ですが、現在募集は北海道・青森・秋田・岩手となっています。スクーリングが月に2回、青森校と札幌校で行われるので、そこに通える生徒という条件での募集となっています。

青森山田高等学校(通信制課程)の基本情報

本校住所 青森市幸畑2丁目3-1
学費 74,000円〜
スクーリング 月2-3回
所在地 青森、札幌

青森山田高等学校は、青森県青森市に本部を構える学校法人青森山田学園が設置した私立の高等学校です。

大学進学から自動車、調理といった専門系まで、様々な学科がある他、サッカーを始めとしたスポーツ強豪校として、全国規模で知られています。

全日制課程に加えて、青森県並びに岩手県と秋田県、それに北海道を対象とした普通科限定の通信制課程にも対応している点が、大きな特徴です。なお、北海道から通う生徒の場合は、札幌市内に分校が設置されているため、下宿等をして本校のある青森県まで通う必要はなくなります。

青森山田高等学校(通信制課程)の特徴

青森山田高等学校の特色は、通信制課程であっても、きちんと担任制を取っているということです

ですから、スクーリングがない時でも学校に行けるし、勉強の相談にものってもらえるので安心ですね。

青森山田高等学校は、全日制、通信制を含めて、これまでにスポーツ選手や芸能活動を行う生徒たちを、大勢育てています。

ですから、スポーツをやりながら高校の卒業資格を取りたいと考えている生徒に、とてもオススメの学校です。

中学の勉強がわからない生徒のサポートも

これまでに、授業への参加が不規則になりがちな生徒に対する指導のノウハウは充分に蓄積されていますから、中学を卒業したり、高校を中退したりしてから時間が経っている生徒でも心配ありません。

昔習ったことをほとんど覚えていないような生徒でも、心配しなくて大丈夫。「高校を卒業したい」という気持ちさえあれば、しっかりと面倒を見てもらえます。

レポートとスクーリングについて

レポートは、1科目につき年間で2~12回提出します。大変そう、と思うかもしれませんが、レポート学習会が定期的に開かれているので大丈夫。

わからないところがあれば、学習会ばかりではなく、月2回ほどあるスクーリング、それ以外の日でも学校に質問に行くことができます。そうして前期と後期の2回の定期試験に備えます。

月2回のスクーリングだけでは、なかなかクラスメイトと顔を合わせる機会もありません。

それを補う意味でも、また、毎日の学習にメリハリをつけるためにも、さまざまな行事が用意されています。

研修旅行や春と秋の遠足、映画鑑賞会があったり、スキーやスノーボードの講習会があったり。せっかくのチャンスなので、思いっきり楽しみましょう。

青森山田高等学校(通信制課程)の口コミ・評判

先生が「いつでも相談に来ていいよ」と言ってくださったのが嬉しかったです。1人でできるかどうか不安だったのですが、無事卒業できました

いつもレポートが丁寧に添削されていたのが嬉しかったです。赤ペンで書き込まれたアドバイス、何度も読み返しました。

高校を中退して5年たっていたのですが、やっぱり高卒資格が欲しくて通信に進みました。中学のレベルからもう一度、教えてもらえました

青森山田高等学校(通信制課程)の学費は高い?

青森山田高等学校の学費詳細

青森校の学費

入学金  30,000円
授業料 144,000円(25単位取得時/就学支援金対象)
教育充実費  20,000円
諸経費  24,000円
就学支援金 ▲144,000 ※世帯年収590万円未満
初年度学費  74,000円〜 ※就学支援金適用時

札幌校の学費

入学金  30,000円
授業料 144,000円(25単位取得時/就学支援金対象)
教育充実費  26,000円
諸経費  24,000円
就学支援金 ▲144,000 ※世帯年収590万円未満
初年度学費  80,000円〜 ※就学支援金適用時

その他の費用

教科書代 7,000円
行事参加費 1,500円程度(日帰り研修旅行,スポーツ活動及び創作体験など)
卒業時卒業経費 20,000円程度

青森山田高等学校の学費は高い?

青森山田高等学校の通信制課程は、スクーリングを受ける場所が青森校か札幌校かによって、年間あたりの学費支払額が一部変わる点が特徴です。

1年あたりの学費を見ると、東北3県の生徒は188,000円、北海道の生徒は194,000円支払う計算です。通信制高校の平均学費は、週1日のスクーリングと25単位取得の場合で252,000円ですが、青森山田高等学校は平均より割安に設定されています

一般的な通信制高校の場合、1週間に1日もしくは5日程度行うスクーリングがあり、スクーリングの回数が多いほど、学費も増える傾向にあります。

青森山田高等学校の場合、学習意欲を持つ生徒を対象として、3年間で卒業させる目的で、全日制課程と同様の学年担任制を採用している点が、他の通信制課程を持つ高校との違いです。

学年担任制を採用すると、一般的にはスクーリングの回数が増えがちですが、社会人も対象とする関係上、スクーリングに要する日数は、毎月3から4回に設定されています。つまり、他の通信制課程高校よりも、スクーリングの回数が少なくなっているため、結果として年間あたりの学費が平均よりも低くなります。

青森山田高等学校に学費免除はある?支援金・奨学金情報

就学支援金

家庭の事情で、全日制課程の高等学校に通えず、青森山田高等学校の通信制課程に入学した場合、私立の高等学校に通う生徒を対象とした国の支援制度として、就学支援金が適応できます

青森山田高等学校の授業料は、1年あたり144,000円に設定されていますが、生徒及びその家庭の収入状況によって、最大0円まで変動する仕組みです。

もし、年間の収入が250万円以下の場合は、授業料144,000円が全て免除されるため、年間の支払額は青森校なら44,000円札幌校なら50,000円となります

なお、年間収入が590万円以下の場合は、就学支援金は118,800円となり、青森校で69,200円、札幌校なら75,200円になる計算です。

青森県の奨学金制度

なお、青森山田高等学校には、学校独自の育英奨学生制度がある他、最大で月35,000円受け取れる青森県の育英奨学生並びに、月16,000円の青森市奨学生制度があります。

さらに、オリエントコーポレーションとの提携で、学費サポートプランも用意されていますが、これらの学費支援制度は、原則として全日制課程に通う生徒を対象としています。

ただし、青森山田高等学校の全日制課程からの編入等、一定の条件を満たせば、通信制課程でも適応できる可能性があります。就学支援金が受けられない等、年間学費が100,000円を超える場合に、有効な選択肢の一つです。

青森山田高等学校の通信制を卒業した生徒の声(口コミ評判)

青森山田高等学校の口コミ評判
ミモリ(卒業生)
ミモリ(卒業生)

学校法人青森山田学園の広域通信制課程を卒業したミモリです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

青森山田高等学校の基本情報

青森山田高等学校では、青森大学の所有する施設を一部借りて授業が受けられます。

本人の学ぶ意思を尊重する学校で、やる気さえあれば高校卒業の単位取得を全面的にサポートしてくれる学校です。進学や就職など、本人の希望に沿った指導をしてくれる頼もしい学校です。

青森山田高等学校の通学コース

ミモリ(卒業生)
ミモリ(卒業生)

学校に登校し、教室で先生の授業を受けるスクーリングは月に3・4回程度です。

学校の指定する日に授業に出席して、自宅ではレポート(宿題のようなもの)が与えられ、それを提出して単位を取っていきます。

青森山田は、著名なプロスポーツ選手の学習支援をしていることでも知られる学校ですが、原則的にはスクーリング会場のみの登校で卒業となります。

だいたい週に一回、半日授業を受けるくらいなので、仕事やアルバイトをしている人でも、育児をしている人でも無理なく通える学校だと思います。

レポートといっても、負担になるほど多い課題を与えられるわけではないですし、レポートの内容も、難しいものを求められるわけではないので、頑張りすぎなくても卒業することはできます。

担任制ではありますが、教科は各科目ごとの先生から教わり、前期、後期と分けて期末試験とあります。

スクーリングは74単位、特別学習は30単位以上の習得で卒業を果たすことができます。

青森山田高等学校の設備の充実度、専門授業の質

ミモリ(卒業生)
ミモリ(卒業生)
青森山田高等学校の通信制課程は青森大学の所有する4号館の2階を使わせてもらい、授業を受けています。

新しい施設ではないですが、施設内はわりと清潔感があります。

青森山田高等学校の通信制課程の生徒は、基本的には、与えられた学年の教室と職員室以外の場所は立ち入ることが出来ず、自由に館内を歩き回ったりはできません。

教室は一般的な学校の教室の広さで、中学のときに使っていた教室の、或いは1・2年まで通っていた高校の教室だと思って良いでしょう。

通信課程なので、全日制高校のように定員を設けてクラス分けをしているわけではないので、その学年によってクラスの人数はまちまちのようです。

また、月に何度かしか顔を合わせないので、クラス全員を把握することは難しく、もしかすると仕事や家庭の事情等で止むを得ずスクーリングを欠席する人もいると思うのですが、だいたいクラスには20〜30人前後が在籍し、学年1クラスといったところのようです。

青森山田高等学校のイベントや学校行事

ミモリ(卒業生)
ミモリ(卒業生)
青森山田高等学校広域通信制課程の学校行事やイベントは、年に数回の特別活動があります。

主なイベントとしては、社会科見学として青森県内にある食品工場などを見学させてもらったり、青森県内の名所をめぐる遠足などがあります。

工場見学の行き先や、遠足の行き先は、学年ごとに行き先が違っていたり、その年によって毎年違っているようです。

私が参加した年にはバスに乗って十和田湖町の奥入瀬渓流に行ってきましたが、わたしをこちらの学校に紹介してくれた先輩が行った遠足の行き先は、津軽方面だったと聞いています。

雰囲気的には、通信課程ということもあり、年齢もバラバラなので、年の近い人や、地元が同じ人同士が固まって行動することが多いようで、各グループがすでに決まってしまっているような感じでした。

やむを得ずに特別活動に出席出来ない人の場合には、その分のレポートを提出することで、単位をカバーできるような体制となっています。

この他、3学年の進学希望者には進学説明会なども実施されています。

青森山田高等学校の雰囲気やいじめ

ミモリ(卒業生)
ミモリ(卒業生)
学年全体の雰囲気は良好です。

特にいじめや、からかいなど嫌なことをする生徒や、生徒同士のトラブルが起きたのを見たことはありません。

通っている生徒は、主に10代の若い人が多く、家庭の事情で全日制高校に進学出来なかった人や、学力不振で全日制高校に落ちてしまった人、全日制高校の中退者の編入が多いです。

まれに私のように、20代で高校卒業の認定を目指して通っている人もいます。

中には子供を育てながら通っている人もチラホラいて、スクーリングのある人は家族に協力を仰ぎ、子供を預かってもらって通学しているママさんもいました。

仲の良い子が固まっているのもよく見かけたので、同じ中学出身だったり、同じアルバイト先の子が一緒に通学しているのかなとも思いました。

年代が違う生徒同士がすごく仲良くなって交わるということもあまり見かけませんが、だからといって仲が悪かったり、いじめをするような大人気ない人は1人もいないので安心して通うことができます。

青森山田高等学校の卒業後の進路

ミモリ(卒業生)
ミモリ(卒業生)
私自身は子供を産んでから、20代でこちらの学校にお世話になりました。

一度高校を中退した経験があり、仕事をする為に高校卒業の資格を取得するために入学したので、特に進学の事は考えておりませんでした。

就職活動のサポートも私自身は希望していたわけではなかったので、学校にお世話になることなく、自分で就職活動をして歯科医院で働くことになりました。

若い10代の学生さんの中には、進学を希望している人も多くいたようです。

そのような進学希望の生徒さんには、学校側は手厚いサポートをしてくれます。

主な進学先は、大学でいうと青森大学に進学をする人が多く、全国の私立大学にもたくさんの進学実績があります。

この他、青森明の星短期大学や、大妻女子短期大学、佐賀女子短期大学、札幌国際大学短期大学部などの短大や、青森山田自動車専攻科、青森県ヘアアーチスト専門学校、東京誠心調理師専門学校などの専門学校への進学者も多数です。

やはり有名私立大学や、国立大学に進む人はほとんどおらず、県内の大学〜専門学校に進学するか、就職するかが一般的のようです。

青森山田高等学校の入学を検討している生徒へ

ミモリ(卒業生)
ミモリ(卒業生)

青森県に在住し、事情があって全日制の高校に進学することができなかった人をはじめ、高校卒業の資格を持たない社会人の人には、是非こちらの青森山田高等学校通信制課程をお勧めしたいです。

「勉強についていけるか」

「仕事やアルバイトをしながら単位を取ることができるか」

「子育てをしながらの勉強だと、子育てがおろそかにならないか」

などいろいろな不安があるかとは思いますが、こちらの学校は、それぞれの事情を考慮して高校卒業資格認定に向けてサポートしてくれる頼もしい学校です。

進学を希望していたり、将来の目標が明確なのであれば、先生方が希望の進路に近ずくようにサポートしてくれます。

ただし、難関大学の受験となるとかなり厳しいと思われます。

事情がある中でも、優秀で真面目な人は稀に薬学部に進学する人もいると聞いたことがありますが、そこには計り知れない努力が必要だと思われます。

まずは高校卒業の認定があれば、就ける仕事の幅はかなり増えますので、自分の将来のために頑張ってみてほしいです。