美川特区アットマーク国際高等学校

アットマーク国際高等学校ってどう?学費は高い?口コミ・評判を確認する!

「インターネットで学ぶ」これがアットマーク国際高校の大きな特徴です。

カリキュラムがあらかじめ決められているわけではありません。自分が取りたい科目を自由に選んで、スカイプを使いながら授業を取り、単位を取得していきます。

自分で決めたカリキュラムを、自分なりに勉強していく。自宅学習でもネットを通じて専任の先生(コーチ)がつく「ネットコーチングプログラム」を受ければ、わからないことをいつでも質問可能です。

学校に通いながら授業を受ける「スクールコーチングプログラム」もあります。興味を持った生徒はぜひ資料請求をしてみてください!

卒業率学費専門授業スクーリング
準備中準備中日本の技能(和紙、水引、加賀毛鉤)、声優など年間数日(一般的な通信制高校の5分の1)

美川特区アットマーク国際高等学校の特徴

変わった学校名には歴史がある

2004年、インターネットを活用した学校の設立が、石川県に「美川サイバータウン教育特区」として認められました

その特区制度の元設立されたのが美川特区アットマーク国際高等学校です。ちなみに「アットマーク」というのは、「アットマーク・ランディング」という会社の名前です。

2004年の構造改革で、株式会社による学校の設立が認められたのです。通信制高校の中には、こうした株式会社立の学校がほかにもいくつもあるのですが、美川特区アットマーク国際高等学校のようにはっきりと出しているところはあまりありません。

「美川」でのスクーリング

ネットでの対面授業が中心のアットマーク高校では、スクーリングの日数も少なくて済みます。

そのかわり、白山市でのスクーリングは、体験型が中心の楽しいもの。この地域に伝わる和紙作りなどの伝統技能を学ぶこともできます。このときに梳いた和紙が、卒業証書になるなんて、きっと感動的ですよね!

金沢と東京、ふたつのキャンパス

ネットで学ぶのもいいけれど、やはり学校らしく毎日通いたい。そう考える人には、金沢と東京(品川)の2ヶ所にキャンパスがあります。

キャンパスといっても、時間割があるわけではありません。「スクールコーチングプログラム」で自分の取りたい授業を選択して受けます。

さらに、ネットで授業を受ける「ネットコーチングコース」の人でも、学校で自習することができるんです。

特に、大学受験を考えている生徒にとって、毎日通えるのはありがたいもの。同じ志を持った生徒と刺激しあえるし、わからないところは先生に直接聞くこともできます。

自分の希望をしっかり持って、いろんなやり方で学校を利用する。生徒一人ひとりが、このように主体的にとらえることができるのは、美川特区アットマーク国際高等学校の大きな強みですね。

先生ではなく「プライベートコーチ」として

美川特区アットマーク国際高等学校では、先生のことを「プライベートコーチ」と呼んでいます

スカイプを通じて、メールを通じて、1対1で対話を重ねていく。ネットを通じてなら話せることもあるかもしれません。

そうすることで、人を信頼することを学び、信頼されることを学んでいくんですね。1人の先生が大勢のクラスの生徒を受け持つ全日制の学校では、決してできないことですね。

美川特区アットマーク国際高等学校に興味を持った生徒は、インターネットを使った新しい通信制のスタイルを、ぜひ実感してみてください。

美川特区アットマーク国際高等学校の学費は高い?

美川特区アットマーク国際高等学校の年間学費

美川特区アットマーク国際高等学校の2021年度入学現在の年間学費は以下の通りです。

一年次二年次三年次
入学金100,000円
授業料250,000円250,000円240,000円
学習サポート料120,000円
教育充実・施設費30,000円
教育諸経費84,000円円
年間合計584,000円484,000円474,000円
  • 1単位=10,000円
  • 学費の支払い方法の詳細は合格時の書類にて送付

美川特区アットマーク国際高等学校の学費は高い?

一般的な通信制高校の場合、週1日程度の通学で25万円ほど、週3日の通学では40万円ほど、週5日の通学の場合は約80万円が年間に必要な費用となります。そして、通学日数が少ないと一年間にかかる学費が減る傾向にあります。

美川特区アットマーク国際高等学校は元々スクーリングの日数を抑えた形で学ぶことができるようになっていることを考えると、ネット生の学費は高めで、全日制並みに通学するスクール生の学費は平均または平均より少し低めということがいえます

美川特区アットマーク国際高等学校は学費の価値がある学校?

ですが、美川特区アットマーク国際高等学校には、授業料に換算できない魅力がたくさんあります。

例えば、多様性を認めた学校運営がされていることが挙げられます。元々からだが弱く体力に自信がない方や持病を持っている方、才能を活かす活動をしている方は、全日制の高校に通うこと自体、難しくなります。

できれば最低限のスクーリング日数で高校卒業資格を得たいと考えるのも無理はありません。その点、美川特区アットマーク国際高等学校は、他の通信制高校よりもスクーリング日数が少なめに設定されているので、様々な事情を持つ方が広く学べるようになっています

美川特区アットマーク国際高等学校にしかない学び

美川特区アットマーク国際高等学校では、特色ある授業が魅力で、生き生きとした学びができることにメリットを感じる方も多くいます。

伝統工芸が盛んな石川県に本拠地がある学校の強みを生かし、アクセサリー作りを通して金沢の伝統技能を学んだり、和装体験ができます。また、有名な声優を招いてアフレコ体験をしたり、ミュージシャンの弾き語りを体験できる授業もあるようです。

紙漉き体験を通して手作りの卒業証書を作ることができるのも、こちらの学校の特徴です。英会話に力を入れ、国際感覚を身につけるような授業も展開されています。

学費免除はある? 特待や奨学制度について

美川特区アットマーク国際高等学校では、特待制度は設けていないようです

学校独自の奨学金制度やローンもありませんが、国や各自治体などが設ける奨学金制度や教育ローンを利用することができます。

まず、利用可能な奨学金等の一つとして、高等学校等就学支援金制度があります。こちらは、国公立や私立を問わず、高等学校に通う生徒に対して、国が学費を支給する制度です。返還が不要で、全日制だけでなく定時制や通信制高校に通う方も対象になります。

支給の有無や支給額は保護者の世帯年収によって異なりますが、最大で1単位当たり12,030円が支給されます。また、住民税非課税世帯などの方は、授業料以外の費用を支給する高校生等奨学給付金制度も利用できます。

美川特区アットマーク国際高等学校で利用できる貸付金制度としては、日本政策金融公庫や提携銀行による教育ローンが挙げられます。奨学金にしても貸付制度にしても、学校の事務局に相談すると、より詳しい内容を聞くことができるようです。

美川特区アットマーク国際高等学校の口コミ・評判

自由に学べる学校です。時間も自由になる時間が多いので、バイトをしたり、バンド活動したりしました。おかげで自己管理の習慣が身につきました。(セルフコーチングコース)
ネットで授業を受けながら、キャンパスにも通っていました。真剣に受験を考えるようになってからの先生との面談は、とても参考になりました。(ネットコーチングコース)
自分のレベルに合わせてマイペースで無理なく勉強ができました。個性的な友達が多くて、毎日がとても楽しかったです。(スクールコーチングコース)

自分に合った通信制高校を選ぶヒント

通信制高校というと「学校に行かなくてもいい」というイメージがあると思います。

ですが一度も行かなくてもいい通信制高校はありません。国や学校が定めた回数は登校する必要があります。

そのため「行きたくない」と思う人ほど通学圏内にある通信制高校を選んだ方が、通学のハードルが下がってよいでしょう。

まずは通える範囲内にどのような通信制高校があるかを探しましょう。美川特区アットマーク国際高等学校だけでなく、他学校の資料も取り寄せて、学費やカリキュラムを比較するところからはじめてみましょう。