卒業生が語る!栃木県立学悠館高等学校ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。

<2018年12月:最新情報>

通信制高校は、年明け1月には出願が始まる学校も多く、12月は学校説明会が活発化する時期になります。願書や募集要項は学校説明会に参加しないと手に入らない学校もありますし、人気校は人数制限をしているところもあるので、まずは通学圏内の学校を調べて資料を取り寄せるところからはじめましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


栃木県立学悠館高等学校を卒業したキヤマです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

栃木県立学悠館高等学校の基本情報

住所 〒328-0042栃木県栃木市沼和田町2-2
通学コース 定時制
通信制
学費 入学料:500円
諸会費:11,000円
教科書代など:15,000円
受講料が必要になる場合があります
スクーリング 週1日(原則日曜日・火曜日も可)

午前・午後・夜間の好きな時間に通学することのできる定時制と、自宅での勉強が優先される通信制の2つのコースがあります。

定時制は3部制になっており、夜間の3部のみ商業科もありますが、基本は普通科になります。

通信制では自宅での勉強が主ですが、スクーリングといって学校へ行くこともあります。栃木市にある定時制と通信制のみの男女共学の学校です。設立からまだ浅いため、とても綺麗な校内をしています。

栃木県立学悠館高等学校の通学コース


私は最初に、平日の午後に学校へ通うことが主となる定時制2部へ入学しました。単位制なので、必須科目や自由科目含めて、自分に合った時間割を組むことが可能となってます。

その時の1日の流れとしては、朝10時ごろに学校へ到着し、卒業までに取らなければならない必須科目をメインに5時限くらいまで授業を受け帰宅するといった流れでした。

科目の先生が開催している授業に自ら受けに行くというスタイルで、先生が来てくれるという一般的な全日制高校とは違い自分で授業を組むため、下手をすると2時間ほど受ける授業がなく、時間を持て余してしまいます。

ですがやはりそこがメリットということもあり、仕事などが忙しい方でも自分でスケジュールを組んでいけるということがとてもいいと思います。

私は定時制を1年通ったのち、仕事が忙しくなったという理由で2年生からは通信制課程に編入しました。同じ学校内での編入はとてもスムーズに行われました。

通信制は自宅で勉強をし、週に1回程スクーリングのため学校へ行くというのが大体の流れだったので、仕事の忙しい時期や学校が遠い私にとってはとてもありがたかったです。

栃木県立学悠館高等学校の設備の充実度、専門授業の質


2005年に設立されたということもありまだ10年程度しか経っていないため、学校内はとても綺麗で大きいです。

授業を受けるための教室は1階につき7教室ほどあり、その他にも4階建の校内にパソコン室や音楽室といった目的な合った教室があります。

パソコンもきちんと最新のものだったり、実験室もたくさんあったりと、とても設備は充実しています。

他にも、空いた時間に個人勉強のできるルームや、談話できるエントランスなどととても多く至る所に設置してあるため、今思えば高校とは思えないほどしっかりとした設備でした。

クラスはおよそ30人ほどで分けられ、自由選択の単位制学校ですが、HRなどでクラスの人と会うこともあります。

教えてくれる先生達についても、新入社員のような1年目の先生はほとんどおらず、何年も先生をしている経験豊富な方が多くいた印象です。

なので、さまざまな理由があって定時制や通信制にした生徒達も、安心して通うことができていたと思います。

栃木県立学悠館高等学校のイベントや学校行事


イベントや学校行事は、本当にたくさん行われていました。ただ全て自主的にやりたい人がやるといったかたちだったので、文化祭などの大きなイベントでも、学校全体でも半分くらいの生徒が行っていたようです。

当時、あまりイベントには参加をしなかった私ですが、文化祭はとても楽しかったですし単位ももらえるということもありとても嬉しかった記憶があります。

体育祭のようなものも行われ、定時制と通信制が混ざって球技などをやるのですが、それも割と自由に参加することが可能ですし、なおかつ全日制高校変わらないようなイベントの規模ですので、とても楽しいです。

ですが、やはりどんな学校行事にも参加することが苦手な生徒も中にはおりましたが、もちろん先生に怒られる訳でもなく参加するしないは自由なので、そういった方でも負担にならないと思います。

あとは、生徒会や部活もしっかりあるので、所属をしている人は他にもたくさんの学校行事があったかと思います。

栃木県立学悠館高等学校の雰囲気やいじめ


正直、全日制高校に通えないさまざまな理由がある上で、その学校に来ているので、多種多様な生徒がいます。

成人し仕事が忙しいながらも通学している人や、中学校や他の高校で人間関係で悩んだ為通信を選んだ人、遊ぶことを優先した為にここにしか来れなかった人と本当にいろんな人がいます。

こんなに色々な人がいることに懸念してしまう方もいるかもしれませんが、良い意味で周りと距離を置く人が多いので、いじめはなかったですし人間関係で悩んでいる方は少なかったです。

私は友達や親友ができて卒業した今も連絡を取っています。賑やかな学校だというのが第一印象ですが、生徒数が多くコースがたくさんあるがゆえに、良い意味でみんな自分の好きなようにできると思います。

栃木県立学悠館高等学校の卒業後の進路


私は上京し、通信制大学に進みました。そこで現在資格を取るために勉強しています。内容としては教育系です。

やはり通信制というシステムが私は合っていたようで、自分のペースで仕事をしながら今後のスキルアップのために勉強をしています。同じ学校のある友人は、学生時代にバイトをしていた職場で卒業を機に就職しました。

また、他の友人は私と同じように大学へ進学しましたが、全日制の大学へ行きました。

高校の通信制課程にて学校へ行くことを当たり前の日常にしたことで、全日制へ通うことが苦にならずに進学できたと話していました。

高校時代に好きなことや勉強したいことを見つけ進学する人もいれば、仕事や就職のために高卒という学歴を取るために通っていた人もいます。


学校へ行くことや勉強することが苦手な人でも、とりあえずといった軽い気持ちから通うことができるような負担の少ない学校です。

ただめまぐるしく変化する周りの環境によって影響を受けやすい人は、マンモス校ですので向かないかもしれません。



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。12月は学校説明会も活発化するので、入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む