兵庫県立青雲高等学校への入学を検討している方へ。卒業生が学校の雰囲気や通学コースの種類、学費について解説します!

通信制高校は4月を過ぎても、途中入学(編入)が可能な学校がたくさんあります。最近は通わなくても、インターネットで学べる学校も増えてきています。どんな学校があるのか、まずはパンフレットを取り寄せて見てみましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→


青雲高等学校を卒業したジョーです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

兵庫県立青雲高等学校の基本情報

住所 兵庫県神戸市長田区池田谷町2丁目5
通学コース 通信制
普通科
学費 入学料:4000円程度
諸経費:4000円程度
教科書代:約1~2万円程度
スクーリング 2回程度/月

通信制高校ということで制服もなければ時間割もありません。

そのため月に1、2回のスクーリングでは生徒たちがみんな様々なファッションで集まってきます。

学校自体も緑に囲まれた静かな環境にあるので、のびのびと自由な校風となっています。

ちなみに単位制なので決められた単位を取るために自分で時間割を組んでいきます。

そのため午前中で帰っても良いし、みっちり6時間、7時間授業を受けても良いし、単位さえ取れていれば1教科だけスクーリングを受けて帰宅することだって可能です。

兵庫県立青雲高等学校の通学コース


青雲高校は普通科のみなので、コースは分かれていません。

ただ2年次、3年次、4年次といくつか選択科目があり、その選択する科目によって受ける時間割が変わってきます。

たとえば理科なら科学と生物といった形で、このどちらかが必修科目になるというわけです。

また必修科目以外にも硬筆や心理学、ビジネス基礎といった学びたい人だけが学べる授業もありました。

こちらは必修科目ではないので単位を取らなくても良く、興味のある人だけが何人か受けていました。

ちなみに私は必修科目で精一杯だったので、この授業は受けていません。

時間割は1時間目から昼の1時間休憩を挟んで7時間目まであり、昼休憩の前に各クラス15分ほどのホームルームがあります。

このホームルームが唯一クラスみんなが揃う時で、あとはそれぞれバラバラに自分の受けたい授業の教室まで行きます。

そんなわけでいわゆる大学のような形で授業を授業を受けていくため、自由に行動できる分、単位を取得するためにはしっかり自分の頭で考え、自分で行動しなければなりません。

兵庫県立青雲高等学校の設備の充実度、専門授業の質


普通校の長田高等学校の敷地内の一画に青雲高校はあります。したがって設備自体は一般的な高校となんら変わりはありません。

スクーリングを受ける教室も長田高等学校の建物を利用していますし、グラウンドや体育館も同様です。

ただ長田高等学校の敷地自体かなり広く、設備が充実しています。

たとえば食堂やコンピューター室、図書室といったものだけでなく、広い中庭には随所にベンチが置いてあるし、建物1階には休憩室まであります。

この休憩室やベンチはスクーリングの日になると、みんながそれぞれ昼食を食べたり、授業の合間合間の時間休憩したりするのに利用していました。

そんなわけで非常に恵まれた設備と環境で、授業を受けていない時も何かと暇を潰せる場所には事欠かないといった感じでした。

ただ一点だけ、グラウンドのみやや離れたところにあり、長い階段を昇っていかなければならないので、体育の授業では移動が大変です。

次に1クラスの人数ですが、私が通っていた時は10クラス以上あり、各クラスそれぞれ60名程度いたので、かなり生徒数は多かったことになります。

ただスクーリングの時には全生徒が集まるわけではないので、日によっては教室内がガラガラの時もあります。

兵庫県立青雲高等学校のイベントや学校行事


通信制高校ながら遠足や授業参観、文化祭、体育祭などの学校行事があり、この点では一般的な高校と何ら変わりはありません。

こうした学校行事はすべてクラス単位で参加するのですが、そもそも普段クラスメイトと顔を合わせることがほとんどないため、クラス一丸となって何かをするといった雰囲気はありませんでした。

例えば遠足では最初と最後に点呼のためにクラスで集まりますが、それ以外は自由行動だったため、学校行事というよりもレジャーに近い感覚です。

同様に文化祭や体育会も各自自由参加でしたから、そういった意味では学校行事もラクな気持ちで参加できると言えます。

なお、こういったスクーリング以外の活動においても年間30時間の単位があるため、全て不参加というわけにはいきません。

また日曜、月曜日のスクーリング後、数は少ないながら文化部、運動部と希望すれば部活動も行えるようになっていました。

ただし、社会人や働きながら通っている人も多い通信制高校ということで、部活動自体はそれほど活発に活動しているわけではなかったようです。

兵庫県立青雲高等学校の雰囲気やいじめ


クラス単位で集まることがほとんどないため、生徒同士のつながりは希薄です。

これは良い面もあれば悪い面もあると思いますが、少なくともいじめは皆無でした。

というより、いじめに発展するほど生徒同士の付き合いが深くなかったと言えます。

ただ、だからといって生徒全体の雰囲気が悪いわけではなく、それぞれが自由に誰にも気兼ねすることなく行動しているので、全体的に穏やかでのんびりした空気感に包まれています。

通信制高校は様々な年齢の人やいろんな事情を抱えている人がいて、中には子供連れの人もいるくらいです。

そのためか学校全体の雰囲気は和気あいあいとは言えないものの、決して悪くはないと断言できます。

むしろ同世代が集まる普通高校よりも居心地が良いとさえ言えるので、不安なく安心して通えるのではないでしょうか。

兵庫県立青雲高等学校の卒業後の進路


普通高校とは違い、通信制高校は働きながら通っている人が大半です。

それは現役高校生にしても社会人にしても同じで、ほとんどの人がアルバイトや仕事をしながら通っています。

したがって就職を希望する人の方が多かった印象があります。

ただし、学校から就職のあっせんを受けるのではなく、自ら就職先を見つける人が大半でした。

そのため、卒業間近で進路の決まっていない人も多かったようですが、皆さんそれほど焦っている様子は見受けられませんでした。

それも通信制高校ならではの特徴かもしれません。

また中には進学を希望する人もいるにはいましたが、それには通信制高校で学んだ勉強量だけでは十分とは言えません。

ですので卒業後にあらためて予備校に通うなどの工夫が必要かと思われます。


通信制高校は自宅学習が主で、月に2回ほどのスクーリングを受けて、自宅でレポートを作成して提出します。

これだけ聞くと簡単そうですが、自宅ではサボっても誰も注意してくれる人がいません。

そのため計画的に進めていかなければ、レポート作成にしろスクーリングにしろ、どんどん後れを取っていきます。

なので卒業まで学習をしっかり進められる自信のない人にはあまりお勧めできません。

その一方で働きながら勉強をしたいという人には向いています。

通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む