一志学園高等学校ってどう?学費・偏差値・口コミ評判

一志学園高等学校ってどんな学校?

一志学園高等学校の学費
172,000円〜/年間

※上記は通信コース/就学支援金適用時の金額
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

一志高等学校は、三重県津市にある、地域に根差した通信制高校です。

  • 通学回数などが異なる複数のコースから選択可能
  • 部活や学校行事を楽しみながら卒業後の進路に向けて取り組める
  • 独自の特待生制度を利用すれば学費がより安くなる

さまざまな通学コースの中から自分に適したものを選べるので、幅広い生徒が学校に自分の居場所をつくりやすいでしょう。

また、高校卒業後の進路も見据えたい生徒、学費を抑えながら学校に通いたい生徒も検討すべき学校です。

この記事はAIによる自動生成ではなく、卒業生と通信制高校選びの専門家によって執筆・編集されています。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

一志学園高等学校ってどんな学校?

学費472,000円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング週1~5日
開講コース全日型コース、土曜コース、フレックスコース
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地三重県津市一志町大仰326

一志学園高等学校は、三重県津市にある通信制高校です。

運営する学校法人玉村学園は、不登校生や高校中退者への居場所を提供するNPO法人が前身。

地域を中心に、事情を抱える生徒たちが学校生活を送れるよう長年サポートし続けています。

なお、最寄駅からスクールバスが運行しているため、通学しやすいことも魅力の1つです。

一志学園高等学校ってどう?通学コースを解説

一志学園高等学校ってどんな学校?

一志学園高等学校はキャリア教育にも力を入れており、専門のキャリアカウンセラーの進路面談など、生徒1人1人が思い描く進路を実現できるよう、積極的なサポートを行っています。

全日型コース

一志学園高等学校でのメインの通学コースです。平日は毎日(週5回)学校に通います。

モデルコースがいくつか用意されており、学び直しをしたい人から大学進学を目指したい人まで、幅広い生徒に対応できることが特徴です。

ブロードバンドを利用した予備校講師の授業視聴など、受験対策も実施されています。

実際、4年制大学や短期大学など、進学に成功した卒業生も大勢います。

主要な科目のほか、自分の将来像を意識し自己研鑚ができる「キャリアデザイン(学校設定科目)」や、各種資格の取得を目指す授業などもあり、学力だけでないスキルアップが叶叶うでしょう。

また、部活や学校行事などを楽しめることもポイントです。

部活はソフトテニス・卓球などの運動部、軽音楽部などの文化部があります。

学校行事は遠足・修学旅行・体育祭・文化祭など、年間で多数企画されます。

自分のスタイルを大切にしながら、学校生活をたっぷりエンジョイできるコース内容です。

土曜コース

土曜のみ通学するコースです。登校日には、各科目の面接指導などを受けます。

少人数で行われるため、細かく丁寧な指導を受けられることが魅力。

また、大勢の生徒とともに過ごすのが苦手な人も、少人数での指導なら抵抗が少ないと考えられます。

なお、高卒認定試験との併修が可能なことも特徴の1つ。

高卒認定試験で合格した科目を一部単位認定、学校で取得した単位と合わせて高校卒業を目指せます。

個人の状況によりますが、同世代の一般的な高校卒業の時期と、変わらないタイミングで卒業できる場合もあります。

フレックスコース

インターネットを利用しながら、学習を進めるコースです。

動画教材やオンライン授業などを使った在宅学習が基本となります。

通学の回数を少なくできるので、学校で過ごすことが苦手な人も無理なく過ごしていけるでしょう(通学回数は履修科目や時間割により、個人で異なります)。

一志学園高等学校の学費情報(2023年度)

一志学園高等学校の学費・授業料

一志学園高等学校の学費目安は次の通りです(全日型コースの場合)。

なお、土曜・フレックスコースは、全日型コースよりやや学費は安くなります。

全日型土日フレックス
入学金40,000円40,000円
授業料420,000円300,000円
前期・その他費用146,000円81,000円
後期・その他費用116,000円51,000円
初年度合計722,000円472,000円

一志学園高等学校に学費免除制度はある?学費サポートや奨学金情報

一志学園高等学校の学費サポート制度

就学支援金制度の利用で授業料大幅免除も可能

国が実施している高等学校等就学支援金制度を利用すれば、授業料の免除が可能です。

支給額は世帯の年収によって異なります。

目安としては、世帯年収約590万円までは24,750円支給、約590~910万円までは9,900円支給となります。

大幅免除に当てはまれば、月の授業料自己負担額は数百円ほどです(年収目安には家族構成なども影響します)。

学校独自の特待生制度も

一志学園高等学校では、学校独自で特待生制度も設置しています。

全日型コースを第1志望していること、不登校を経験したことなど、いくつかの条件があり、それに当てはまる人が利用可能です。

なお、入試の学力テストの点数や、面接・作文の状況なども踏まえ判断されるため、特待生を目指すなら、よりしっかりした入試対策も必要でしょう。

一志学園高等学校に偏差値はある?入試対策について

一志学園高等学校に偏差値はある?

一志学園高等学校の入試においては、総合学力テストや特待生試験(数学・英語)が行われます。

ただし、この点数によって合否が大きく左右されるわけではなく、ほかの通信制高校と同様、一志学園高等学校にも偏差値はありません。

一志学園高等学校の入試は、学校への相談・見学、事前面談、書類準備、出願・転入学試験という流れで行われます。

事前面談は生徒と保護者で対応する

事前面談は生徒本人と保護者の2人で対応するものです。

生徒だけでなく、保護者も考えを問われる場面があると考えられます。

2人の考えが著しく食い違うなど、生徒と保護者がバラバラだと、学校側も入学に関し不安を抱くかもしれません。

2人でしっかり面談対策をすることが大切です。

必要書類には在籍校からの取り寄せや生徒自筆が必要なものも

必要書類には、現在の在籍校に用意してもらう種類もあるので、相談が必要です。

また、入学の願書は生徒が自筆するよう指定されているため、こちらも注意しましょう。

一志学園高等学校が向いている人・向いていない人

一志学園高等学校に向いてる人

一志学園高等学校が向いている生徒

一志学園高等学校には、次のような生徒が適しています。

  • 自分の居場所が欲しい生徒
  • 学費を抑えながら学校に通いたい生徒

一志学園高等学校の通学コースは、週5回や週1回など、コースによって通学頻度が異なります。

自分に合った通学ペースを選べるため、学校に居場所が欲しいと考える生徒に幅広くマッチします。

また、学校でオリジナルの特待生制度を設けているため、当てはまれば入学金や学校生活にかかる費用を安くでき、学費を抑えながら学びたい生徒にもぴったりです。

一志学園高等学校が向いていない可能性がある生徒

一志学園高等学校に向いていない人

一志学園高等学校は、生徒が自分の特性や状況に合わせて通学コースを選択できることが特徴です。

しかし、1度も学校に通わないことは不可能です。

また、自由な学習スタイルが叶うと言っても、学習せずに学校生活を送ることもできません。

卒業するためには、規定された数の単位を取得しなければならないので、最低限の学習は必要です。

したがって、

  • 完全に学校に行きたくない生徒
  • 勉強への意欲がない生徒

このような生徒は一志学園高等学校に向いていない可能性があります。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

一志学園高等学校の口コミ評判


0.0
5つ星中0.0つ星です!(0人の卒業生データ)

この学校のレビューはまだありません。最初のレビューを書きませんか?

この学校をレビューする

目次