神村学園

神村学園 東日本教育サポートセンターってどう?学費は高い?評判をまとめました!

神村学園 東日本教育サポートセンターは、学校法人神村学園が運営している通信制の学校です。

運営母体である神村学園は、附属幼稚園から小学校、中学校、高校、専修学校までを幅広く併設しており、これまでに延べ1万名以上の卒業生を世に送り出してきた伝統ある教育機関で、東日本教育サポートセンターでは、同校がこれまでに培ってきた豊富なノウハウを活かして用意されている充実したカリキュラムを使って高校卒業に必要な学習を行えるようになっています

「やればできる!かならずできる!ぜったいできる!」という「やかぜの精神」が同校のモットーですので、積極的に関心ある分野について学びを深めたいと考えている方におすすめです。

学費 295,000円
スクーリング あり(本校にて集中スクーリング5日間)
通学コース あり
専門授業 あり
所在地 東京都千代田区富士見1-6-1 フジビュータワー飯田橋905

神村学園 東日本教育サポートセンターはどんな学校? 特徴を解説


神村学園 東日本教育サポートセンターは、生徒の学習意欲を重視した教育を行っており、一人ひとりの希望に合うように様々なコースが用意されています

通学制のコースだけでなく、通信制のコースも充実しており、授業ではその分野に精通しているプロを呼んで講演してもらうなど、本物を知ることでより深く学べるような工夫が凝らされています。

また、体験型の授業も積極的に取り入れているので、関心ある分野について肌で感じながら学ぶことが可能です。

また、神村学園 東日本教育サポートセンターでは、高校卒業に必要な学習だけでなく、専門的な知識や資格の取得にも注力しています。

例えば、専門性を磨くために通信制大学と提携しており、大学に進学する前の生徒でも実際に大学の講義に参加して体験できるというプログラムを用意しています

それ以外にも、海外留学を目指すためのコースや公務員になるためのコースなども用意されているので、同校に通っていれば、わざわざ専門の学校に通って学ぶ必要はありません。

さらに、神村学園 東日本教育サポートセンターの特徴として、イベントが充実しているという点が挙げられます。

同校では、月に1回任意参加型のイベントを開催しており、その中には七夕祭りやクリスマス会といった季節の行事にちなんだものも数多くあります。

それ以外にも、インターンシップやマナー指導といった社会に出たときに役立つイベントもたくさん用意されているので、楽しみながら学校生活を送れるでしょう。

神村学園 東日本教育サポートセンターのコース/カリキュラムについて


神村学園 東日本教育サポートセンターでは、多彩なコースが用意されています。キャンパスによって設置コースは異なりますが、主に用意されているコースは

  • 大学進学コース
  • キャリアデザインコース
  • 介助・福祉・保育コース
  • 芸能コース
  • 美容コース
  • etc

他にも食について学べる食学やスポーツを学べるテニスアカデミーやフットボールアカデミー、音楽・ダンスを学べる下北沢音楽塾といった個性豊かなコースが用意されています

これらは基本的に教室に通って学ぶタイプのコースですが、それに加えて完全に在宅で学べる通信制のコースも用意されているのです。

通信制コースでは、毎日学校に通学して授業を受ける代わりに、与えられた添削課題を提出し、スクーリングと呼ばれる面接指導を受けて、試験で一定以上の成績を残すことによって、単位を取得できるようになっています。

3年以上在籍して、74単位以上を取れば、高校の卒業資格が得られるので、大学進学を目指す学生の方からも高い人気を集めているのです。

なお、他の通信制の高校で取得した単位を引き継げる制度も用意されているなど、他校を辞めた学生を受け入れる体制も整っています。

また、万が一課題をこなせずに行き詰ってしまっても大丈夫なように、神村学園 東日本教育サポートセンターでは、経験豊富な教師にいつでも相談できる環境を整えています

同校では、教師と学生の距離が近く、困っているとサッとサポートしてくれるような手厚い指導を心掛けているので、すべての学生が無理なく自分のペースで学習を進めることができるのです。

学生同士の距離も近く、悩んだ時には互いに相談し合えるため、途中で挫折して卒業を諦めてしまうという学生はほとんどいません。

神村学園 東日本教育サポートセンターの学費は高い?

入学金 40,000円
授業料 10,000円(1単位)
施設設備費 45,000円(年額)
教育充実費 要問合せ

神村学園 東日本教育サポートセンターの通信制コースの学費は、1単位につき10,000円からとなっています。

卒業するには74単位が必要となるため、合計で必要な授業料は約74万円となり、これを3年間で割ると1年あたりの学費は約25万円となる計算です。

これに入学金や施設設備費などが上乗せされるので、初年度の学費は約30万円、2年目以降は約25万円となります。

この水準は、一般的な通信制高校の学費と比べると、やや高めではありますが、著しく高額というわけではありません。

神村学園 東日本教育サポートセンターの充実した指導体制を踏まえると、むしろリーズナブルであるとも考えられるでしょう。

また、同校は、就学支援金の対象になっているため、この制度を利用すれば、学費の負担がかなり軽減できます。

支援金を受けるには、保護者などの収入が一定金額以下といった要件を満たす必要がありますが、利用が認められれば、学費のかなりの部分を支援金でカバーできるようになるでしょう。

ただし、制度を利用するためには、4月の入学時に申請しなければなりません。

申込書などの必要書類は、学校から配布されるはずですので、忘れずに手続きを行うようにしましょう。

もし支援金の受給要件を満たさない場合であっても、他の奨学金制度や国の教育ローンなどを利用できる可能性はあるので、学費を調達するのが難しいようであれば、そういった手段を検討してみるのも良いかもしれません。

神村学園 東日本教育サポートセンターのサポート体制ってどう?


神村学園 東日本教育サポートセンターでは、生徒一人ひとりが自分のペースで学習できるよう、充実したサポート体制を用意しています。

不安がある場合には、教師がつきっきりで指導してくれたり、勉強以外の悩み事にも親身になって相談に乗ってもらうことができるので、同校に通う学生はモチベーションを失わずに卒業まで学習を継続することができるでしょう

また、精神的に落ち込んでしまったような学生にも対応できるように、学校内には専門のカウンセラーが在籍しています。

引きこもりや不登校のように教師だけでは対応できないような場合でも、専門家による適切なサポートが受けられるようになっているので、いざというときにも安心です。

神村学園 東日本教育サポートセンターのメリット(向いている人)


神村学園 東日本教育サポートセンターで学ぶメリットは、自分が希望するペースに合わせて学習を進められるという点にあります

高校の卒業資格を得るためには3年以上在籍して所定の単位数を取得する必要がありますが、3年間で難しいという場合には、それ以上在籍して学ぶことも可能です。

経験豊富な教師による手厚いサポートも受けられるので、勉強が苦手な学生でも途中で挫折しないで無理なく学べるでしょう。

神村学園 東日本教育サポートセンターのデメリット(向いていない人)


神村学園 東日本教育サポートセンターで学ぶデメリットはそれほど多くはありませんが、強いて挙げるとすると、他の通信制高校のように通学する機会があまりないだけに、学生が孤独感を覚える恐れがあるという点に注意しなければなりません。

もっとも、オンラインや電話で教師がしっかりとケアしてくれますし、クラスメイトとコミュニケーションする機会もふんだんに用意されていますので、そこまで心配する必要はないでしょう。

学費の安い通信制高校へ資料請求!
簡単無料1分で資料請求