通信制高校の評判を調べる

敬愛大学八日市場高等学校の通信制ってどう?学費・偏差値・口コミ評判

八日市場高等学校の学費

120,500円~/年間

資料請求する(無料)
※通信コース/就学支援金適用時
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

敬愛大学八日市場高等学校は、千葉県匝瑳市に校舎を構える、2020年に創立百年を迎えた県内で最も長い歴史を有する私立高校です。

・自分に合ったコースを選んで無理のないペースで勉強することが可能

・生徒や保護者からの高い満足度

・サポート体制が充実

オンラインで気軽に質問できる制度が用意されていたり、スクールカウンセラーによるメンタルケアを受けられるなど、生徒の面倒見が非常に良いという点が、こちらの高校の魅力です。

敬愛大学八日市場高等学校の基本情報

住所 千葉県匝瑳市八日市場ロ390
スクーリング 週1日、週5日または年10日
通学コース 週2コース、週2plusサポートコース、集中コース、科目履修コース
キャンパス所在地 匝瑳
学校URL https://keiai8.ed.jp/

敬愛大学八日市場高等学校では、科目ごとに出されるレポート課題を自宅で行って、締切日までに提出することで添削指導を受けられるようになっています。

スクーリングは生徒のライフスタイルに応じて土曜日か日曜日、または夏季・冬季5日ずつの集中スクーリングのいずれかから選べるようになっているので、自分のペースで無理なく学ぶことが可能です。

また、中学を卒業していれば、何歳からでも高校レベルの勉強を始められるというのもこちらの学校の特徴です。さらに、スクーリングの日以外は特に行動が制約されたりはしないので、うまく時間を使えば勉強とそれ以外の活動との両立は難しくはありません。そのため、こちらの学校の通信制に通えば、芸能活動やスポーツ活動をしながら高校の卒業資格を獲得するといったこともできるのです。

敬愛大学八日市場高等学校の通信制ってどう?通学コースや特徴を解説

敬愛大学八日市場高等学校では、生徒の希望に応じて選べる様々なコースが用意されています。

週2日通学コース

そのうち、週2コースは、年間14回のスクーリング(面接指導)と所定の学校行事等に出席して単位を取得するというもので、スクーリングは基本的に土曜日と日曜日に同じ内容で行われます。

週2plusサポートコース

週2plusサポートコースは、概ね週2コースと同じですが、水曜日から金曜日の3日間で、基礎学力の補充やレポート学習の支援を目的としたサポート授業を受けらえるという点が異なっており、このサポート授業では、国語、数学、英語の3教科を学ぶことが可能です。

なお、どちらのコースでも、スクーリングでは英語や数学、国語、理科(生物と物理)、社会(歴史と公共)、情報、美術、体育といった科目の授業を一通り受けられます。また、それ以外にボランティア活動や遠足、文化発表といったスクールイベントにも参加することが可能です。

集中コース

集中コースでは、スクーリングが夏季と冬季にそれぞれ4泊5日の日程で行われます。それ以外は自宅などでレポートを作成して添削を受けるという形になるので、あまり学校には行きたくないという生徒でも無理なく単位を取得できるでしょう。

科目履修コース

科目履修コースは、1科目から履修可能なカリキュラムで、他のコースの生徒と一緒にスクーリングやレポート学習などに取り組んで、単位の獲得を目指すものです。高等学校卒業程度認定試験を活用すれば、大学などの受験資格を得ることは可能ですが、高校の卒業資格は得られないという点に注意しなければなりません。

なお、卒業生の進路は多種多様であり、全国各地の大学に進学している者も少なくありません。それ以外では、プロアスリートや芸能界で活躍している卒業生もいます。

敬愛大学八日市場高等学校の通信制に学費免除制度はある?学費サポートや奨学金情報

学費

入学金 50,000円
授業料 324,000円
(27単位取得時/就学支援金対象)
施設設備費 34,000円
施設維持費 24,000円
諸会費 12,500円
就学支援金 ▲324,000円 ※世帯年収590万円未満
初年度学費  120,500円〜 ※就学支援金適用時

※週2plusサポートコースの場合には、これに年間324,000円のサポート授業の授業料が上乗せされます。

学費をサポートする制度

敬愛大学八日市場高等学校は就学支援金の対象になっていますので、世帯年収が約900万円以下の家庭の場合には、それを使って学費の負担を抑えることが可能です。

支給金額は世帯年収によって違ってきますが、最大で30万円程度の支援が受けられるので、家計が苦しい家庭にとっては大きな助けになるでしょう。

また、それ以外では千葉県奨学資金や教育支援資金といった各種奨学制度を利用することもできるようになっています。申請方法は制度によって異なるため、詳しくは学校を通じて問い合わせるようにするとよいでしょう。

敬愛大学八日市場高等学校の通信制に偏差値はある?入試情報について

入試情報

敬愛大学八日市場高等学校では、1月の上旬と下旬、3月の上旬と中旬、9月の上旬の5回にわたって出願期間を設けており、入試もその都度行っています。

中学を卒業した人や卒業する予定の人は誰でも出願できますが、試験に合格しなければ入学できないという点に留意しなければなりません。

試験内容は、書類審査と20分程度の個人面接のみとなっており、全日制の高校のように学科試験が実施されるわけではありません。そのため、こちらの学校には偏差値のような概念は当てはまらないと思ってよいでしょう。

試験対策

学科試験がないからといって何ら試験対策をしなくてよいというわけではありません。

書類審査で自分の考えや思いをしっかりと伝えられるように、普段から文章力の向上に努めておく必要がありますし、面接の際に何を聞かれても対応できるようにするために、志望動機や高校で学びたいことなどは事前に整理した上で頭に入れておいた方がよいのです。

敬愛大学八日市場高等学校の通信制が向いている生徒/向いていない生徒

向いている生徒

敬愛大学八日市場高等学校ン向いているのは、

・自分だけでは勉強のモチベーションを維持するのが難しいという生徒

・自分のニーズに合わせてスクーリングの頻度を選びたい生徒

・不登校から通学できるようになりたいと考えている生徒

などです。生徒のサポート体制が非常に充実していることから、独りで黙々と勉強するのが苦手な生徒にぴったりの高校であると言えるでしょう。

向いていない生徒

敬愛大学八日市場高等学校では、特定の分野に特化した授業は行っていないので、専門的な勉強をしたいと考えている生徒にはあまり向かないかもしれません。

それ以外に、スクーリング以外では自宅などで与えられたレポート課題に取り組む必要があるので、そういった家での学習に慣れていない生徒にも向かない可能性があります。