通信制高校の評判を調べる

賢明学院高等学校の通信制の通信制ってどう?学費・偏差値・口コミ評判

賢明学院高等学校の年間学費

529,000円~/年間

資料請求する(無料)
※通信コース/就学支援金適用時
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

大阪府堺市にある賢明学院高等学校には、通信制課程・全日制課程・定時制課程の3種類があります。

通信制課程には、

・自学自習が基本

・学習時間と学ぶ場所の自由度が高い

という特徴があります。そのため、小高い霞ヶ丘の落ち着いた環境の中、自分のライフスタイルに合わせてのびのびと学ぶことができます。

不登校でクラスになじめなかった、コミュニケーションを取るのが苦手、自分のペースで学びたいという生徒に合っているといえます。

賢明学院高等学校の通信制の基本情報

住所 大阪府堺市堺区霞ヶ丘町4-3-30
スクーリング 毎週土曜日
通学コース 通信制課程、全日制課程、定時制課程
キャンパス所在地 大阪府堺市
学校URL https://kenmei.jp/highschool/

賢明学院高等学校の通信制課程は、全日制課程と同じ制服を着用し、同じ施設を使って学びます。

施設は充実しており、入学式や卒業式をはじめ、音楽会、講演会に使用する多目的ホールは最大1000名を収容できます。天然芝に限りなく近い人工芝を使用したグラウンドでは安全かつ快適に運動ができます。

このほか、図書室をはじめ、調理室、音楽室、テニスコートなどもあります。卒業証書に記載される文言も全日制課程と同じです。「賢明学院高等学校卒業」とのみ記され、通信制課程であることは記されません。

賢明学院高等学校(通信制)の特徴・通学コース

自学自習+土曜日のスクーリング/水・金の学習サポート

通信制課程の基本は自学自習です。毎週土曜はスクーリング、水曜と金曜日は学習サポートを行います。主に国語・数学・英語を学び直すため、中学時代、不登校で長期間学校に通っていなかったという生徒も無理なく勉強についていける工夫がなされています。

もっと学びたいという生徒には、ネイティブ教員による英会話講座も用意。このように一人ひとりの学力と興味に合わせて学ぶことができることが、賢明学院通信制課程の魅力です。

また、各々の学習ペースに合わせてカリキュラムを組んでいくため、生徒によって時間割は異なります。教員は通信制課程での経験が豊富なため、どのように勉強すればよいのか、熱心に指導してくれます。

趣味・特技を磨けるリヴィエ・ユニット

通常の授業とは別にノルディックウォーキング、ボクササイズ、フラダンスなど、教員の特技や趣味を活かした「リヴィエ・ユニット」が用意されています。これらの学びを通して、興味の幅を広げることができます。

通信制課程では、さまざまな体験活動や行事を用意しています。基本的に木曜は登山やレクリエーションスポーツ、乗馬、スポーツクライミング、陶芸、調理などを行います。夏休みには、大自然のなかでキャンププログラムも。キャンプを通してクラスメイトとの思い出を作ることもできます。

養護教諭常駐、カウンセリングルームもあり

生徒の体調やメンタルサポートの体制も万全です。身体の調子が悪いときは保健室へ。養護教諭が親身になって健康相談に応じてくれます。

また、カウンセリングルームも完備しています。そのため、学校生活で悩みごとがあれば、気軽に臨床心理士に相談できます。経験豊富な臨床心理士が一人ひとりの生徒の心の問題に寄り添ってくれるでしょう。

賢明学院高等学校の学費情報(2023年度)

入学金 200,00円
授業料 250,000円
(25単位取得時/就学支援金対象)
施設拡充費 55,000円
宿泊行事等積立金 70,000円
保護者会費 18,000円
教材費等 66,000円
学生総合保険 30,000円(3年分)
制服等制定品 90,000円
就学支援金 ▲250,000円
※世帯年収590万円未満
初年度学費 529,000円 ※就学支援金適用時

高等学校等就学支援金制度で授業料を負担

賢明学院高等学校は国の高等学校等就学支援金制度の対象です。

この制度を使えば、国が学費の一部を支給してくれるのです。ただし、どの生徒にも同額で支給されるわけではなく、世帯収入に応じて支給額は違います。

大阪府独自の私立高等学校等授業料支援補助金

大阪市に住んでいる私立高等学校に通う生徒には、大阪府独自の私立高等学校等授業料支援補助金を使うことができます。これは大阪府独自の制度で、賢明学院高等学校の場合1単位あたり32円支給されます。

たとえば、生徒の保護者の所得判定基準額が年間を通して15万4,500円未満の世帯で、1年目30単位、2年目25単位、3年目19単位を取得するとします。

国の就学支援金制度と大阪府の支援補助金制度を使えば、1年目は35万5,500円、2年目は30万5,500円、3年目は23万2,750円、3年間で合計89万3,750円安くなります。

賢明学院高等学校に偏差値はなし。選考は「書類審査」と「面接」のみ

賢明学院高等学校の通信制の新入学の場合は、基本的に書類審査と面接で合否が決まります。そのため、偏差値という基準はありません

書類審査

書類審査には400字程度の「志望理由書」が必要になります。

どうして賢明学院高等学校に入学したいのか、学校説明会やホームページに参加したり学校のホームページを見たりして明確にしておくことが大切です。また、誤字脱字がないように書き終わった後には再度、読み直すようにしましょう。

面接

面接は20分です。生徒だけでなく、保護者も一緒に行われます。「親に言われて仕方なく……」ではなく、生徒自身のやる気を見せることが合格につながります。

また、保護者と本人の志望動機が一致していないと、あまりよい印象を与えることができません。賢明学院高等学校に入学して何をしたいのか、事前に親子で話し合っておくようにしましょう。

ちなみに、新入学と編入学のB・C日程と転入学の場合は基礎学力試験と面接があります。試験は国語・数学・英語あわせて60分です。

賢明学院高等学校の通信制が向いている生徒/向いていない生徒

向いている生徒

賢明学院高等学校通信制課程は、

コミュニケーションが苦手な生徒

自主自学で自分のペースで学びたい生徒

学習する時間や場所が自分で選びたい生徒

が向いています。

少人数制のため、コミュニケーションを取るのが苦手な人や、自分のペースでゆっくり学びたい人は充実した学校生活を送ることができるでしょう。また、転入・編入学したい生徒も受け入れています。

「長期間、不登校である」「中退したけど、高校卒業資格が欲しい」といった人にも向いているといえるでしょう。

向いていない生徒

一方、賢明学院高等学校通信制課程は、

自己管理ができない生徒

学費の安い通信制高校を探している生徒

は向いていない可能性があります。

賢明学院高等学校は土曜日+水・金の学習サポートで最大週3日は通学することができ、学費(年間529,000円〜)も週3日通学を反映した価格になっています。

週1日のみのサポート、あるいは通学なしの通信制高校の場合、年間学費10万円前後の私立学校も多いです。週3日通学する予定がなく、学費が安い学校を探しているのであれば、ミスマッチになる可能性があります。他の通信制高校もあわせて比較・検討されてみてください。