通信制高校の評判を調べる

東日本国際大学附属昌平高校の通信制ってどう?学費・偏差値・口コミ評判

東日本国際大学附属昌平高等学校の通信制課程は、通称「昌平通信」と呼ばれている福島県を起点とした学校です。東日本国際大学やいわき短期大学の併設校で、組織としての基盤が強固なのが特徴だと言えます。

・大学と連携した手厚いサポート
・充実した学校生活を楽しめる
・場合によって学費が0円になることもある

通信制高校としては比較的豪華な環境の中で勉強や学校生活に取り組めるので、「通信制でも全日制のように充実した学校生活を送りたい」という方であれば、一度は検討しておきたい学校です。

東日本国際大学附属昌平高等学校(通信制)の基本情報

住所 福島県いわき市平鎌田字寿金沢22-1
スクーリング 履修科目による
通学コース 通信制課程
キャンパス所在地 福島県いわき市、南相馬市、白河市、福島市、会津若松市、栃木県鹿沼市
学校URL ここに説明文を入力してください。

東日本国際大学附属昌平高等学校(通信制)の特徴

 

大学の施設や講座が利用できる通信制高校

東日本国際大学附属昌平高等学校の通信制課程におけるメリットとして、特筆すべきなのが「大学の施設や講座が利用できる」という点です。

併設校である東日本国際大学・いわき短期大学と強い連携をとっており、大学内にある学生食堂・カフェテリア・図書館などの施設のほとんどが通信制課程の生徒にでも利用可能となっています。

資格取得に向けたネット講座を無料受講可能

また、施設だけではなく、大学側で提供されている資格取得に向けたネット講座を自由に、無料で受講できるのも魅力です。インターネット環境があればどこからでも受講できるeラーニングの講座で、

・コンピュータ系(ITパスポート、マイクロソフトオフィススペシャリスト等)
・福祉系(医療事務講座、福祉住環境コーディネーター等)
・会計・金融系(宅地建物取引士、日商簿記検定等)
・ビジネス・語学系(ビジネス実務マナー技能検定、TOEIC等)

のように、多種多様な講座を通信制課程の高校に通いながら受講できるのは、この学校ならではの大きな強みと言えます。

大学の制度の一部を利用できる上、東日本国際大学附属昌平高等学校の通信制課程では、自らの学校生活そのものの質も高いです。

学校行事や課外活動も充実

卒業旅行や研修旅行などの学校行事はもちろん、スクーリングの一環として蕎麦打ちや水族館訪問に参加できるため、学校生活を送る中での思い出作りにも困りません。さらに、通信制としては珍しく部活動に入部し、実際に大会へ出場することもできるようになっています。大学の設備などが利用する点も踏まえ、全日制高校と同等か、それ以上のスクールライフが体験できるかもしれません。

東日本国際大学附属昌平高等学校(通信制)の通学コース

明確なコース分けはない

東日本国際大学附属昌平高等学校の通信制課程は一般的な通信制の高校と違い、明確なコース分けがなされていません。

多様な進路に対応できるよう、ITや芸能など各分野別にコース分けされていることが多い中、この学校では基本的には在学生全員が同じような内容を学習していくことになります。

カリキュラムは自由に作成可能

もちろん、コース分けがない中でも生徒が自分のペースで学習を進められるよう、生徒一人ひとりに合わせたカリキュラムが用意されます。必修科目を42単位修得しておけば、あとは好きな科目に専念して単位取得・高校卒業を目指すことが可能です。

固定のカリキュラム以外に、「特技や個性を伸ばす学習」、「総合的な学習の時間」など、単位修得の切り口は様々なので、コースが分かれていない中でも自分の学びたい内容を集中的に学べる仕組みが整っています。自分でしっかりとカリキュラムを考えられる方であれば、コースが分かれていないことはさほど気にならないでしょう。

東日本国際大学附属昌平高等学校の学費情報(2023年度)

東日本国際大学附属昌平高等学校の通信制課程の学費についてですが、この学校でかかる学費は、基本的に1単位につき9,600円の授業料のみです。

合計で74単位を取得する必要があるため、最低でも年間約240,000円かかる計算になります。

東日本国際大学附属昌平高等学校の通信制課程は一般的な通信制高校と違い、施設充実費や教育充実費、入学金などが一律0円になるよう、学費の制度改定が行われました。そのため、他の高校と比べても、全体的にかかる費用は非常に安くなっているのが特徴です。

就学支援金対象校

また、東日本国際大学附属昌平高等学校の通信制課程では「私立高等学校授業料の実質無償化」に伴い、年収590万円未満の世帯の場合、学費がなんと0円になる学費のサポート制度を実施しています。要するに、本来であれば1万近くかかる授業料が、丸々免除されるというわけです。

これは就学支援金制度の仕組みを利用しており、1単位当たりにつき支給される就学支援金の金額と授業料を同等にすることで、実質的に学費0円のサポート体制を実現しているのです。年収590万円~910万円の家庭の場合は、支給額が4,812円となるため、授業料は1単位につき4,788円になります。

東日本国際大学附属昌平高等学校(通信制)の偏差値・入試情報

東日本国際大学附属昌平高等学校の通信制課程は全日制高校と違い、入試で学力テストを実施しないことから、具体的な偏差値も存在しません。その代わり、合否を決定する選考手段として「書類選考」と「面接試験」が実施されます。

書類選考

書類選考については、入学検定料の出し忘れなど、提出した書類に不備がなければ特に問題なく合格できる部分なので、それほど重要視する必要はありません。

面接試験

一方で面接試験は直接合否に関わる可能性もあるため、ある程度しっかりと対応できるよう練習しておくのがおすすめです。例えば保護者の方と一緒に練習する場合は、「なぜ東日本国際大学附属昌平高等学校の通信制課程を志望したのか」や「入学後にどういった内容を学びたいのか」など、定番の質問に対する応答内容をあらかじめ用意しておけば、本番での受け答えに困ることもないでしょう。特に対策をせずとも、ひとまず人並みにコミュニケーションが取れてさえいれば、合格できる可能性が高いです。

注意として、合格後にも合格者を対象とした面談が実施されます。スルーしてしまうと入学できない危険があるため、しっかり入学手続きを終えるまでは学校側から案内がないかよく確認しておいてください。

東日本国際大学附属昌平高等学校の通信制が向いている生徒/向いていない生徒

向いている生徒

東日本国際大学附属昌平高等学校の通信制課程は、大学の施設や講座を受けられるのはもちろんのこと、学費が0円になるような経済面でのサポート体制が整っているのも大きな魅力です。通信制の学校でありながら、卒業旅行や部活動への参加を通じて一般的なスクールライフを楽しむこともできます。

・充実した環境の中で勉強したい

・学校生活の思い出を作りたい

・通学する上で経済的な不安が大きい

という方には、とても適している学校だと言えるでしょう。

向いていない生徒

その一方で、スクーリングの頻度が比較的高く、不登校の生徒にとっては少し通いにくい環境の側面もあります。また、何か一芸を極められるような専門分野の通学コースも用意されていないのが少し残念なポイントです。

・高校に通いながら専門的なスキルを身につけたい

・できる限り登校はせずに学習を進めて高校を卒業したい

という生徒には、あまり向いていない学校かもしれません。