翔洋学園高等学校

翔洋学園高等学校の偏差値は?入試内容や難易度を調べました。

管理人
管理人

この記事では、通信制高校「翔洋学園高等学校」に入学するために必要な偏差値や入試情報をまとめています

通信制高校の試験は簡単なものが多く、作文や面接で合格することがほとんどですが、学校によって試験内容は違うため、学校資料や入試要項は早めに取り寄せましょう!

失敗しない学校選びのためには、

  1. 通える範囲にある通信制高校を調べる
  2. 資料を請求して見比べる
  3. 学校説明会に行ってみる

という3つの行動が大事です!

通学圏内にある通信制高校を選んだほうが、勉強や進路でわからないことを聞きに行くことができるので、高校卒業がしやすくなります

まずは住所を入力して、学校資料をまとめて取り寄せましょう▼

通学圏内の学校資料を一括請求する(無料)

コロナ禍で、オンラインでの説明会や質問会を開催している学校も多いです夏は説明会開催シーズン、日程を確認する上でも資料は早く請求しましょう!

翔洋学園高等学校の特色

翔洋学園高等学校は、本校が茨城県日立市にある通信制高校です。

本校のほかにも千葉県や福島県、神奈川県などに多くの学習センターがあります。

そんな翔洋学園高等学校の特色は、学習スタイルが多種多様であることです。

科目や学習時間、学習方法は自由なので1人1人に合ったスタイルで勉強することができます。

中学校の復習から始めることもできますし、大学進学に向けた学習に取り組むことも可能です。

翔洋学園高等学校のスクーリング

卒業のために参加しないといけないスクーリングは

  • 校外学習
  • 会場スクーリング
  • メディア学習

以上の3つを組み合わせ必要な回数を重ねます。

校外学習としては書道や家庭科、社会科などがあります。

調理実習としてクリスマスケーキを作ったり、歴史を学ぶために城跡に行ったりできます。

楽しみながら学習できるので、机に向かって行う勉強が苦手でも安心でしょう。

会場スクーリングでは、決められた場所で行われる授業を受けたり自習をしたりします。1日でいくつかの科目の授業が受けられます。

メディア学習では、インターネットを使って自宅で勉強できます。自分のペースでリラックスして勉強できるでしょう。

卒業を目指そう

スクーリングだけでなく卒業するためには単位も満たさなければなりません。

単位を取得するための条件としては、レポートや試験があります。レポートの提出は月に10枚程度です。

教科書を読んだり先生に質問したりしながら自分のペースで進めていくことが可能です。

そして試験は1年間で2回行われます。8月下旬の前期末と、1月中旬から2月上旬の後期末です。

試験を受けるためには、レポートを提出してスクーリングを消化している必要があります。

試験内容はそれほど難しいものではありません。しっかりとスクーリングに参加して、レポートの復習を行っておくと安心でしょう。

翔洋学園高等学校の課外活動

通信制高校では課外活動が満足にできないと思っている方がいるかもしれません。

しかし、翔洋学園高等学校では一般高校と同じように文化祭や体育祭が開催されます。

これらの学校行事は生徒たちが自分で企画、運営します。友だちと協力してイベントをつくりあげることはとても楽しいでしょう。

社会に出る上で必要な、仲間と協力するスキルも身につけられます。

翔洋学園高等学校はイベントが充実

翔洋学園高等学校では趣味やスポーツなどの活動もさかんに行われています。

同じ趣味を持っている生徒同士が集まるので、自然と友だちもできるでしょう。

さらにゴルフなど少し珍しいスポーツに対する理解や協力体制が整っているので、スポーツにも打ち込めます。

一生懸命行った練習の成果を出す場所があるので、モチベーションに繋がります。

頑張った経験は、自分の糧になります。将来さまざまな場面できっと役立つでしょう。

その他にもウェルカムセレモニーやネイル、ダンスなどの活動があります。

ウェルカムセレモニーとは、新入生を迎えるためのイベントです。

上級生がおもてなしを行ってくれるので、緊張している新入生もすぐになじめるでしょう。

ただし、文化やスポーツ活動の実施の有無は校舎によって異なります。

翔洋学園高等学校の偏差値と入試について

翔洋学園高等学校の入試は、書類審査と必要に応じた面接考査です。

学科試験はないので偏差値もありません。

また、高校を卒業したいという強い意志を持っている人や、自分の進路を自らの力で見つけたいという気持ちを持っている人であれば入学基準を満たしています。

そのため虚偽の内容を記載したりしない限り、書類審査で落ちることは少ないでしょう。

翔洋学園高等学校は面接もカンタン

面接が苦手な生徒はいるかと思います。しかし面接は履修相談と同時に入学の意思を確認されるのみという場合があります。

履修相談というのは、学習センターの先生と入学者、保護者が入学後に勉強する科目などについて決定する場です。

学費についての説明や学習方法などについての説明があります。

なんでも相談しやすい雰囲気なので特別な対策などは必要ないでしょう。

高校に入学して勉強したい、卒業したいというしっかりとした意思があれば、入学に対する難易度も高くはありません。

通信制高校の資料を取り寄せよう

通信制高校の学費は、公式HPに全てのコースの学費が掲載されている学校もありますが、詳細な学費はパンフレットにだけ掲載している学校も少なくありません。

実際に資料を取り寄せたら「学費が思ったより高くて焦った!」という声もよく聞きますので、自分が通う地域にあるキャンパスの正確な学費は、資料を早めに取り寄せて確認しておきましょう。

翔洋学園高等学校の資料請求に進む