バンタンスクール

レコールバンタン高等部ってどう?学費・偏差値・評判を徹底調査

レコールバンタン高等部の年間学費

963,000円~/年間

資料請求する(無料)

※サポート費用+提携通信制高校の合計学費
※上記から住所入力すると、通学圏内にある学校資料をまとめて請求できます

レコールバンタン高等部は、東京大阪に通学キャンパスを持つ製菓・カフェ・調理の通信制サポート校です。

レコールバンタン高等部では調理技術を学ぶだけでなく、将来の独立・開業に向けた知識や技術も習得できるのが特徴です。技術だけでなく、飲食店の経営スキルも身につけることができる、国内でも珍しい通信制サポート校です。

パティシエやシェフを目指す人はもちろん、将来的には飲食店の経営者になりたい人にとっても最適な学校であるといえるでしょう。

レコールバンタン高等部の基本情報

 

レコールバンタン高等部は、さまざまな分野のスクール事業を展開する株式会社バンタンによる、パティシエ、シェフ、調理プロデューサーなどを育成する専門校です。

調理技術から店舗運営に必要な知識や技術が習得できるレコールバンタン高等部には、主に3つの通学コース(月曜〜金曜の7時限)が用意されています。なお、水曜日の1〜6時限は提携高校による一般的な授業です。

レコールバンタン高等部の教育プログラムの特徴

レコールバンタン高等部の教育プログラムには、主に以下の8つの特徴があります。

  1. 独立プログラム
  2. 実習中心の授業
  3. スキルチェックと補講
  4. 個別サポート
  5. 現役プロ講師による講習
  6. 現場実習と企業連動プログラム
  7. 国内外のコンテスト支援プログラム
  8. 早期専門教育

1.独立プログラム

独立・開業の際に役立つ基本的な知識や技術の習得とともに、実際の店舗で経験を積むこともできます。

2.実習中心の授業

授業の約80%は厨房での実習が中心です。そのため、3年間でプロとしてのスキルを身につけられます。

3.スキルチェックと補講

半年に1度の実技テストで習得度をチェック。そのうえで、苦手な部分を克服するための補講が行われます。

4.個別サポート

少人数クラスで個々のレベルに合わせた授業が基本です。

5.現役プロ講師による講習

講師陣には、業界を代表する現役のパティシエやシェフなどが揃っています。

6.現場実習と企業連動プログラム

サービス業に必要なマナーに関する講義は現場実習が基本です。また、さまざまな企業とのコラボ企画も用意されています。

7.国内外のコンテスト支援プログラム

学生全員が国内外のコンテストにチャレンジ可能です。

8.早期専門教育

通学期間が1〜2年の専門学校とは異なり、3年間あるレコールバンタン高等部ならではの早期専門教育で、プロとしての技術・知識・感性などが体得できます。

レコールバンタン高等部 通学コースの種類

レコールバンタン高等部のコース一覧(公式サイトより抜粋)レコールバンタン高等部のコース一覧(公式サイトより抜粋)

レコールバンタン高等部の通学コースは以下の3つです。

(1)パティシエ専攻

(2)グランパティシエ専攻

(3)調理プロデュース専攻

1.パティシエ専攻

スイーツを作る高度な技術と知識の習得だけでなく、メニュー開発や盛り付けなどに必要な創造力やデザインセンスに磨きをかけることも可能です。

その結果、3年間でケーキ店やレストランの即戦力として働ける総合力が身に付きます。

2.グランパティシエ専攻

パティシエ専攻と同程度の総合力に加えて、ウエディングケーキデコレーション、デセール(フランスのデザート)、ホテル専用のデザート(ホテルオペレーション)などの知識や技術の習得が可能です。

その結果、3年間でケーキ店やレストランの即戦力として働ける総合力に加え、ホテルの専属パティシエとして働ける知識や技術も得られます。

3.調理プロデュース専攻

調理技術に加えて飲食店経営に必要な知識の習得が可能です。

さまざまなオーナーシェフやプロデューサーから飲食店経営に必要な知識を学びながら、実際に飲食店を創って運営(プロデュース)。その結果、3年間で飲食店の経営に必要とされる総合的な知識が身に付きます。

レコールバンタン高等部の学費は高い?

レコールバンタン高等部の学費は次のとおりです。

グランパティシエ専攻

入学金 100,000円
設備充当費 360,000円
授業料 900,000円
実習費 500,000円
教材費 150,000円
年間合計 1,910,000円

パティシエ専攻

入学金 100,000円
設備充当費 260,000円
授業料 700,000円
実習費 250,000円
教材費 150,000円
年間合計 1,360,000円

調理プロデュース専攻

入学金 100,000円
設備充当費 360,000円
授業料 720,000円
実習費 330,000円
教材費 150,000円
年間合計 1,560,000円

グランパティシエ専攻は、年間200万円近くします。同じ調理技術を学ぶことができる通信制高校/通信制サポート校と比べて、学費は【高い】といえるでしょう。

とはいうものの、レコールバンタン高等部は、

  • 調理学校
  • 調理関係の資格取得
  • 独立開業を学べるプログラム

と、調理資格を取得するためにWスクールに通う必要がないこともあり、一概に学費だけで判断することはできません。

進学を検討する場合は、通える範囲にある同様の調理技術を学べる通信制高校/サポート校の資料を取り寄せ、検討するのが良いでしょう。

>> 通信制高校/サポート校の資料を請求する

レコールバンタン高等部の学費支援制度・奨学金・教育ローン情報

レコールバンタン高等部では、学費支援として以下の教育ローンと学費クレジットを推奨しています。

なお、レコールバンタン高等部が学校独自で用意している学費支援制度はありません。

レコールバンタン高等部提携の教育ローン

日本政策金融公庫や大手銀行が運営しています。

日本政策金融公庫の教育ローン

レコールバンタン高等部が最も推奨している国の教育ローンで、350万円まで借入可能な固定金利型で融資期間は最長15年です。学費以外にも利用できます。

三菱UFJ銀行の教育ローン

500万円まで借入可能な変動金利型で融資期間は最長10年です。担保・保証人なしで申し込めます。

三井住友銀行の教育ローン

300万円まで借入れ可能な変動金利型で融資期間は最長10年です。比較的低金利のため、無理なく返済したい人に向いています。

レコールバンタン高等部提携の学費クレジット

信販会社が運営する学費の貸付サービスです。教育ローンを組めない人でも利用できる可能性があります。

ジャックスの学費クレジット

500万円まで借入れ可能な固定金利型で融資期間は最長15年です。1〜2日で結果が出るスピード審査を行っています。

オリエントコーポレーションの学費クレジット

500万円まで借入れ可能な固定金利型で融資期間は最長7年です。追加利用した場合も返済を一本化できます。

アプラスの学費クレジット

500万円まで借入れ可能な固定金利型で融資期間は最長15年です。1〜2日で結果が出るスピード審査を行なっています。

SMBCファイナンスサービスの学費クレジット

500万円まで借入れ可能な固定金利型で融資期間は最長15年です。ウェブサイトからも申し込めます。

レコールバンタン高等部に偏差値はある?入試内容について

レコールバンタン高等部に偏差値はありませんが、一般・AO・学校推薦という3つの入試があります。

1.一般入試

合否の判断要素は学科試験のみです。

募集期間 第1期募集・第2期募集・追加募集の3回
選考方法 筆記試験(学力・感覚・作文)と面接
必要なアイテム メールアドレス・顔写真・出願料(2万円)
合格発表 入試後2週間以内に郵送で通知

入試の流れは次の通りです。

  1. 電子メールか電話でスクールパンフレットを請求する
  2. 申込み後に筆記テスト及び面接を受ける
  3. 合格後に学費(入学金・設備充当費・授業料・実習費)を納入する

2.AO入試

AO試験は、学科試験だけでなく、人間性や企画力なども審査したうえで判定します。

募集期間 第1期募集〜最終募集まで計7回
合格定員枠 60名(募集期間内であっても定員になり次第締め切る)
選考方法 1次審査/作文か興味がある分野の企画書によるアピール
2次審査/個人面接
必要なアイテム メールアドレス・顔写真・出願料(2万円)・作文または企画書
合格発表 入試後2週間以内に郵送で通知(不合格の場合は一般入試への切り替えが可能)

入試の流れは次の通りです。

  1. 電子メールか電話でスクールパンフレットを請求する
  2. 申込後に1次審査と2次審査を受ける
  3. 合格後に学費(入学金・設備充当費・授業料・実習費)を納入する

3.学校推薦入試

出身中学の先生による学校推薦書のPR内容を基に、人間性、意欲、健康状態、適性などが審査されます。

募集期間 第1期募集と第2期募集の2回
選考方法 学校推薦書・調査書か成績証明書による審査
必要なアイテム メールアドレス・顔写真・出願料(2万円)・学校推薦書
合格発表 入試後2週間以内に郵送で通知

入試の流れは次の通りです。

  1. 電子メールか電話でスクールパンフレットを請求する
  2. 申込後に書類審査を受ける
  3. 合格後に学費(入学金・設備充当費・授業料・実習費)を納入する

レコールバンタン高等部が向いている生徒/向いていない生徒

レコールバンタン高等部が向いている生徒と向いていない生徒は、それぞれ以下のような人です。

向いている生徒

  • スイーツや調理が好きで早く学びたい人
  • 将来は自分の店が持ちたい人

中学校を卒業後に入学できるため、子どもの頃からスイーツや調理が好きで、なるべく早くから学んで知識や技術を習得したい人に向いている学校です。

また、調理プロデュースコースだけでなく、その他のコースでも店舗運営について学べるため、独立・開業を目標にしている人にも向いています。

向いていない生徒

  • 高校までは一般的な勉強に多くの時間を割きたい人
  • 東京と大阪のどちらからも離れた地域に住む人

レコールバンタン高等部でも一般的な高校の授業は受けられます。ただし、週1回だけの授業のため、高校までは一般的な勉強に多くの時間を割きたい人には向いていません。

また、レコールバンタン高等部のキャンパスは東京と大阪の2校のみのため、どちらからも遠く離れた地域に住んでいる人には不向きな学校といえます。