コードアカデミー高等学校

コードアカデミー高等学校の偏差値は?入試対策(面接/筆記)も解説!

コードアカデミー高等学校の偏差値

なし

資料請求する(無料)

  • コードアカデミー高等学校に偏差値ってあるの?
  • コードアカデミー高等学校の入試内容は難しい?
  • 入試対策と準備はどんなことをすればいい?

この記事では、通信制高校「コードアカデミー高等学校」に入学するために必要な偏差値や入試情報をまとめています。

試験内容は難しいのか、偏差値はあるのか、学力テストに準備は必要なのかということについて、在校生の声も交えながら詳しく説明していきます。

コードアカデミー高等学校に偏差値はあるの?

コードアカデミー高等学校は、学校法人信学会が運営するネットを使用して自分のペースで生徒が勉強できる通信制の高校です。本校は長野県上田市にあります。

カリキュラムに従って必要な単位を全て取得すれば、高校卒業の資格を取得できます。

この学校の特徴としてあげられるのが、プログラミング学習が必修になっていることです。

将来プログラマーとして働くことを希望している高校生も、学生の頃からプログラミングを勉強できます。

全ての講座のうちおよそ3分の1の授業がプログラミング関係の授業にあてられていて、アプリやWEBサービスなど、さまざまなアイデアを形にすることができる能力を育てることができる学校です。

コードアカデミー高等学校に偏差値がない、その理由

ここからは、コードアカデミー高等学校の偏差値のことについて解説します。

コードアカデミー高等学校には、偏差値というものがありません

偏差値が存在しないのは、コードアカデミー高等学校が全日制課程の高校とは異なり、通信制の高校だからです。

通信制高校には、偏差値という概念が存在しないため、コードアカデミー高等学校の偏差値を調べることもできません。

入学試験に学科試験がないことも、コードアカデミー高等学校の偏差値がない理由になっています。

コードアカデミー高等学校では入学者の選考を書類審査で実施しています。

学科試験が存在しないために、試験の点数から偏差値を計算することができないため、結果としてこの学校には偏差値はありません。

偏差値がなくてもしっかりと勉強ができる学校

偏差値がなくても、生徒が自宅でスムーズに勉強できるように、コードアカデミー高等学校では生徒をしっかりとサポートしています。

自宅でのレポート作りが勉強の中心になりますが、インターネット上のクラスルームを使用して、他の生徒とコミュニケーションをとることも可能です。

この学校を運営する学校法人信学会は、大学受験のための予備校も運営しているため、大学進学を希望する生徒のためのサポート体制も充実しています。

文系と理系の両方の大学に対応しているので、どちらの大学に進みたい生徒も、適切なサポートを受けられます。

コードアカデミー高等学校の入試情報について


コードアカデミー高等学校は1年に複数回、入学できるタイミングがあります。

4月入学の新入生の場合には、毎年1月の初旬ごろから第1回目の出願を受け付けています。

2回目の出願期間は同年の1月の後半から2月前半の期間で、一番最後の出願期間は3月の後半まで受け付けています。

非常に遅い時期まで出願を受けつけているので、決断が遅れた人も出願しやすくなっています

コードアカデミー高等学校では10月から入学する新入学の生徒も募集していて、10月入学生の出願期間は、毎年8月の後半から9月前半までの期間です。

コードアカデミー高等学校では新入生以外の生徒も受け入れていて、他の高校から転校してくる生徒の場合には、各月の25日まで出願する必要があります。

高校中退者の編入学もおこなっていて、新入学の生徒と同じように、4月と10月に受け入れをしています。

学校全体の定員は240人で、各学年80人程度の人数で授業をおこなっています。

コードアカデミー高等学校に入学するためには、入学選考に合格する必要がありますが、学科試験を受ける必要はありません。

この学校の入試内容は、書類審査だけです。書類の内容のみで合否が判断されるので、入学をするために特別な勉強をしなくても受験できます。

入学をした時点ではプログラミングに関する知識も必要でないために、プログラムに関する知識が全くない中学生でも出願することができるのがメリットです。

コードアカデミー高等学校に合格するには? 面接と筆記試験対策


コードアカデミー高等学校に合格するために必要となるのは、唯一の試験として課せられている、書類審査に対する対策です

書類審査に合格するために必要なことは、記載が必要な事項を正確に記入することです。

住所や連絡先などの基本情報も正確に記入する必要があり、間違いがないかどうか、書き終わってからしっかりと確認することが重要です。

コードアカデミー高等学校の書類審査に合格するためには、記載が必要な事項を全て書いているかどうか、チェックする必要もあります。

全ての必要事項に記載したつもりでも、間違って書き忘れている場所があるかもしれないので、何回も時間をかけて見直した方が良いでしょう。

提出する書類をきれいな字で書くことも合格するための重要な対策になります。

書かれている字があまりに汚いと、審査を担当する人が読めない場合があります。

書かれていることをしっかりと読んでもらうためには、一つ一つの字を丁寧に書く必要があり、字を書くのに自信がない人の場合には、じっくりと時間をかけて字を書くのがおすすめの方法です。

途中で字を間違ってしまうと修正できないので、下書きをあらかじめ書いておいた方が、失敗が少なくなります。

下書きをした文章をそのまま書類に記載するだけで良いので、記入ミスを効果的に防ぐことができます。