通信制高校の評判を調べる

福智高等学校の通信制ってどう?学費・偏差値・口コミ評判

福智高等学校は福岡県田川市に所在する私立高校で、全日制課程と同じ敷地内に通信制課程が併設されています。通信制課程は単位制と技能連携制とに分かれているのが特徴で、両者には次のような違いがあります。

・単位制は、学年の区別がなく3年間で必要な単位数を取得すれば卒業できる

・技能連携制は、福智高等学校と提携した各地の専修学校で必要な単位数を取得すれば卒業できる

マイペースで学習を進めながら卒業を目指したい人、専門的な勉強に特化しながら高校の卒業資格も得たい人などには検討すべき通信制高校であるといえます。

福智高等学校(通信制)の基本情報

住所 福岡県田川市大字伊田3934番地
スクーリング 年間16回
通学コース 普通科・商業科
キャンパス所在地 福岡県田川市
学校URL https://www.fukuchi-h.ed.jp/

福智高等学校(通信制)の特徴

福智高等学校の通信制は、単位制と技能連携制に分かれているのが特徴です。単位制の入学時期は年2回、4月と10月にとなっており、中学を卒業して受験する人や、全日制や他の学校からの編入・転入を希望する人なども受け入れています。

単位制の特徴は、在学中の3年間で必修科目を含めた74単位を取得すれば卒業資格を得ることができるという点です。単位を取得するのに必要なことは以下の3点です。

・スクーリングへの出席
・リポートの提出
・特別活動への参加

スクーリングへの出席

スクーリングとは、1年のうちに16回学校に行って先生の面接指導、つまり授業を受けることをいいます。時間は午前9時から午後4時までですが、すべての授業に出席する必要はなく、履修した科目の授業だけを受けることになります。スクーリングは時間厳守とされ、少しでも遅れたり、また教科書を忘れてきたりすると出席できなくなる場合がありますので要注意です。

リポートの提出

リポートの提出は毎月約2回、教科ごとに作成して提出します。提出期限は厳守とされているので遅れないように準備する必要があります。自宅でのインターネット学習とあわせて平日の家庭学習の柱の一つです。

特別活動への参加

特別活動への参加とは、生徒会活動やボランティア活動、美化活動、体育大会など、学校で行われる各種の行事への参加をいいます。3年間の合計で30時間以上の参加が必要になります。

スクーリングに出席してリポートを提出すると、最後は学校でテストを受けます。前期と後期に2日間実施されます。これらの条件をすべてクリアすると単位が認定され、合計74単位で高校卒業資格が認められることになります。

福智高等学校(通信制)の通学コース解説

単位制なので学年の区別はなし

単位制では1年生、2年生、3年生といった学年別のくくりはありません。

必修科目はありますが、履修時期は自分で自由に決められ、極端に言えば1年間は何もしなくても残りの2年で必要単位を取得すれば卒業は可能になります。ただしそれにはしっかりと自己管理ができているということが前提となります。

技能連携制で技術習得も可能

福智高等学校の通信制にはもう一つ、技能連携制があります。技能連携制とは、専修学校に通いながら高校の卒業資格を取得できる制度です。

専修学校とは、即戦力として身につけたい仕事のスキルを育成するための専門的な学校のことです。通常は専修学校を卒業しただけでは高卒資格を得ることはできませんが、技能連携をすれば専修学校での取得課目の一部が高校で修得したものとして認められるようになります。

福智高等学校はこの制度で連携した専修学校が6校あり、専門性によって次のように分類できます。

普通科総合系:福岡有朋高等専修学校・広島舟入商業高等専修学校・富士宮高等専修学校

商業科会計系:福岡有朋高等専修学校・広島舟入商業高等専修学校・東亜学園商業実務専門学校

商業科情報系:大岡学園高等専修学校・向洋学園高等専修学校

単位制普通科:大岡学園高等専修学校

これらの専修学校で学んでいる人は、パソコン操作や簿記のスキル、Webデザインなどの社会に出てすぐに使える技術を専門的に修得する一方、福智高等学校の通信制に在籍することで、高校卒業資格として必要な単位を取得することができます。

卒業したらすぐに即戦力として活躍したいと考える人にとっては将来の可能性を広げる選択肢といえるでしょう。

福智高等学校(通信制)の学費情報(2023年度)

福智高等学校 令和5年度の募集要項より抜粋(福智高等学校 令和5年度の募集要項より抜粋)

基本の学費

入学金 12,000円
授業料 300,000円(25単位取得時/就学支援金対象)
生徒会費 1,680円
上履き代 850円
教科書代 5,000円〜8,000円前後
就学支援金 ▲300,000円
※世帯年収590万円未満
初年度学費  24,530円〜 ※就学支援金適用時

*技能連携校入学を希望する場合は、別途各学校の授業料がかかります。

福智高等学校の単位制・通信制には学費を免除する制度はありませんが、学費のサポートとして活用できる奨学金制度などがあります。

高等学校等就学支援金」「高校生等奨学給付金」「福岡県私立高等学校等学校納付金軽減補助金」などがそれにあたり、概要は次のようになります。

高等学校等就学支援金

これは、国が授業料を支援する制度で返還が不要のものです。支援金の対象となるのは年収が約910万円未満の世帯で、単位制では48月・74単位まで全額支援されます。ただし前校分は差し引きされます。ナイナンバーカードでの申請が可能です。

高校生等奨学給付金

生活保護世帯や住民税所得割非課税の世帯を対象に、年に1度、教科書費や教材費として直接現金支給される給付金です。返還は求められません。

福岡県私立高等学校等学校納付金軽減補助金

生活保護世帯や国民年金保険料の免除世帯、所得税または道府県民税所得割、住民税所得割額が非課税の世帯を対象に、授業料や施設設備費等の補助を行うものです。

福智高等学校(通信制)の偏差値・入試情報

福智高等学校(単位制・通信制)には、偏差値による基準はありません。入試における学力判定は、個別の学科試験ではなく作文と面接で行われます。

試験時間は作文が50分、面接が10分です。作文も面接も、もちろん試験当日にならなければ問われる内容はわかりませんが、事前にある程度の対策はしておくことができます。

作文対策

まず、作文に関しては誤字を書かないということです。内容がどんなによくても漢字の誤りなどがあれば意味が通らなくなってしまうばかりか、悪くすると減点になってしまう恐れもあります。

漢字に自信がなければ平がなで書く方がいいですが、平がなだらけになってしまわないよう、基本的な漢字は確実に書けるようにしておきましょう。文章をわかりやすく相手に伝えるために、3つのまとまりで書く練習をしておきましょう。例えば、

1つ目は「私はこう思っている」という書き出し部分

2つ目は「そう思うのは、このような理由からだ」という理由部分

3つ目は「だからこのように思っている」という結論部分

です。どのようなテーマが出されても、このかたまりでまとめると言いたいことが相手によく伝わります。

面接対策

面接対策は、どのようなことを聞かれてもはっきりと大きな声で答えるということが大切です。さらに、面接では志望動機というものを必ずといっていいほど聞かれます。なぜ福智高等学校の単位制・通信制を受験したいと思ったのか、事前にしっかりとまとめておきましょう。

福智高等学校(単位制・通信制)が向いている生徒/向いていない生徒

向いている人

福智高等学校(単位制・通信制)は、年間16回スクーリングで登校する以外は自宅での家庭学習が中心になります。さらに学年のくくりもなく自分で自主的にペースを決めて単位を取得していくのが基本の学習スタイルになります。

また、技能連携制の専修学校に行きながら福智高等学校の卒業単位を得ることも可能です。そのため、

・勉強以外にアルバイトなども頑張りたい人

・人に指示されるのではなく、自分のペースで勉強を進めたい人

・常に周囲とコミュニケーションを取り続けるのが苦手な人

・手に職を付けて即戦力として働きたい人

などがこの学校に向いているといえます。

向いていない可能性がある人

一方、在学する3年間を充実したものにできるかどうかは、全て自分の心がけ次第にかかってきます。そのため、

・意志が弱くて途中で挫折しがちな人

・自己管理が苦手な人

にとっては、よほど強く自分を律していかないと厳しい高校生活になってしまうかもしれません。