日々輝学園高等学校

日々輝学園高等学校ってどう?学費は高い?評判をまとめました!

日々輝学園高等学校は、生徒一人ひとりに寄り添いその成長を支えている通信制高校です。

学び直しから着実に学習を進められ、生徒それぞれの興味や進路希望に合わせ自由選択科目を編成することができます。

そのため

  • 中学校にはあまり通えなかったため学習面に不安がある
  • 通信制高校から大学に進学したい

という方にも安心できる教育体制だといえます。

そんな日々輝学園高等学校の詳細情報は以下の通りとなっています。

学費585,500円(総合・ST)
専門授業基礎科目、一般教養、情報系科目、福祉・保育系科目、検定・大学受験対策
スクーリング週5日(総合・ST)
通学コース1年次コース=総合クラス/ST(セルフトラスト)クラス / 2・3年次コース=情報コース/アドバンスコース/福祉・保育コース/STコース
所在地栃木県塩谷郡塩谷町大宮2475番地1(本校)

日々輝学園高等学校はどんな学校? 特徴を解説

日々輝学園高等学校は、安心して自分の力を伸ばすことができる通信制高校です。

適宜、勉強方法に関するガイダンスや学習カウンセリングが行われますし、通学に対して不安があるという方には、学習室での個別学習家庭で取り組める課題学習科目などが用意されます。

学校との距離感が遠くならないよう、安心して学習を継続できるよう、生徒に寄り添ったサポートが徹底されています。

学校生活を味わえる

通信制高校ではあるものの週5日通学するため、より学校生活を体感することができます。

また徹底的な学習サポートはもちろん、様々な行事や体験学習などが用意されています。

そのため、「中学にはあまり通えず学校生活を楽しめなかったから、高校ではその楽しさを味わいたい」と思われている方も、日々の生活や沢山の活動を通して、人間関係を築いたり新しい世界に触れたり、学校生活ならではの楽しさを経験することができます。

日々輝学園高等学校のコース/カリキュラムについて

日々輝学園高等学校では、まず1年次に総合・STどちらかのクラスに通いながら学校に慣れつつ高校学習の基礎を身につけていきます

そして2年次に、1年次をベースに自分の興味や進路希望に合わせ、以下4つのコースからどれか一つを選択します

しかし設置コースは各校舎によって異なるため、確認が必要です

情報コース

情報コースでは、プログラミング(pythonなど)Webデザインなどの実践的な授業を受けることができ、さらにITパスポートといった情報系の資格にもチャレンジすることができます。

そのため、理系・情報系を学びたい方、これら分野の進路を希望されている方にはおすすめのコースです。

アドバンスコース

アドバンスコースでは、特に英語学習が充実しており、海外語学研修やネイティブスピーカーとの対話の機会も用意されています。

もちろん英検対策もしっかり行われるため、高校中級程度と言われている準2級や高校卒業程度の2級にも挑戦することができます。

そのため、英語を学びたい方、文系4年制・短期大学への進学を希望されている方向けのコースだといえます

福祉・保育コース

福祉・保育コースでは、実習科目が充実しており、介護系・保育系のインターンシップも実施されています。

高校に通いながら実習やインターンシップを経験できるのは、保育や福祉関係の大学・専門学校への進学を目指している方には、入試などを考えると非常に大きなメリットになることでしょう。

STコース

STコースでは、情報系、音楽系、心理系など幅広い授業が展開されており、オンラインでは芸術・調理・福祉などを学べる授業も用意されています。

さらに一般企業へのインターンシップも実施されており、非常に幅広い分野について知ることができます。

まさに自分のペースで、自分に合う進路を考えられるコースといえるでしょう。

日々輝学園高等学校の学費は高い?

結論から言うと、日々輝学園高等学校の学費は比較的安いと考えられます。

一般的に、私立通信制高校で週5日登校する場合の年間学費は、平均70万~85万円程度と言われています。

対して日々輝学園高等学校の年間学費は、総合・STクラスで約58.5万円となっています。

また一般的に、週1~3日通う場合の学費は年間平均45~60万円程度、登校日数を限定しない場合の学費は年間平均25万~85万円程度で、日々輝学園高等学校の学費はそれらのちょうど中間程度になります。

さらに、日々輝学園高等学校では充実した学習内容かつ様々な行事が用意されており、自分のペースで学校生活を送ることができます。

これらのことを踏まえると、日々輝学園高等学校の学費は、週5日通う通信制高校としては比較的安いといえるでしょう。

補足として、私立全日制高校の年間学費は平均97万円程度と言われています。

同じく週5日通う日々輝学園高等学校の学費はやはり安いですね。

日々輝学園高等学校のサポート体制ってどう?

日々輝学園高等学校では、「学ぶ力・心の力・社会につながる力」の3つの観点から生徒のサポートがされています。

学ぶ力

まず「学ぶ力」の観点では、「わかる・できる」という実感を大切にするべく、生徒一人ひとりの学習状態を把握し指導方法が工夫されています。

また学習カウンセリングなども行われ、自分の学習スタイルを身につけることができます

このサポートで身についた学習スタイルは、進学した際にも役立つでしょう。

心の力

「心の力」の観点では、柔軟で豊かな心を養えるようにサポートされています。

特に日々輝学園高等学校には、スクールカウンセラー(臨床心理士・公認心理師)が常駐していることが大きな強みといえます

小学校や中学校で不登校を経験し、高校での生活にも不安がある方でも安心して通えるようサポートしてもらえます。

社会につながる力

「社会につながる力」の観点では、体験学習を通してコミュニケーション能力や問題解決能力などが身につけられるようサポートされています

例えば、本校での自然や農業をベースとした体験学習などは単位認定科目として実施されています。

学校での体験学習を通して身につけた能力は、社会にでる際に必ず自分を守ってくれるでしょう。

日々輝学園高校のメリット(向いている人)

日々輝学園高等学校のメリットは、やはり圧倒的なサポート体制により学校生活を楽しめることが挙げられるでしょう。

自分の興味や希望進路に合わせてコースを選択でき、悩みがある場合にはいつでもカウンセラーに相談することができるのは日々輝学園高等学校の強みです。

  • 不登校を経験していて不安があるけど通学してみたい
  • 高校の授業についていけるか心配
  • 通信制高校で自分のペースで勉強しつつ進学を目指したい

といった方に向いている学校だといえます。

日々輝学園高校のデメリット(向いていない人)

日々輝学園高等学校のデメリットとして、通信制高校にしては「学校」という雰囲気が少し強いということが挙げられます。

また、充実した環境が整ってはいますが、静かで落ち着いた環境を好む方には少々厳しいかもしれません

  • 「学校」という雰囲気が苦手
  • できるだけ一人で学習したい
  • 大勢で活動するのが苦手

という方には向いていない学校だといえます。