東京芸能学園 高等部

東京芸能学園 高等部ってどう?学費は高い?評判をまとめました!

東京芸能学園 高等部は、通信制高校に同時在籍しながら高校卒業を目指せる、「通信制サポート校」です。

人間性・感性・個性・表現力・創造力を育み、芸能やダンスといったエンターテインメントの世界で中核を担える人材を育てることを目指しています

芸能界で活躍している一流の講師陣から専門的なスキルを学ぶことができ、エンターテインメントを学びたい・高校卒業資格を取りたいという生徒自身の自主的な気持ちを丁寧なサポート体制でバックアップしています。

学費 普通科330,000円〜、芸能科・ダンス科700,000円〜※別途通信制高校の学費が200,000円〜
スクーリング 週4時間程度の個別授業、年3日程度のスクーリング
通学コース 芸能科/ダンス科/普通科
専門授業 歌、ダンス、演技、他エンターテインメント関連授業多数
所在地 東京都新宿区高田馬場1-24-11

東京芸能学園 高等部はどんな学校? 特徴を解説


東京芸能学園 高等部の大きな特徴は、通信制高校で高校卒業資格を目指しながら、芸能やダンスのレッスンを受けられることです

週4時間程度の学習で高校卒業資格が取得できる単位制のカリキュラムのため、残りの時間は全てレッスンや自主練習に充てられます。

家庭での自主学習の必要がないようにバックアップ体制が取られているため、存分に芸事のスキルアップに集中することができるのです

また、同じ世界を目指す仲間たちと切磋琢磨できる環境があり、さらに特待生制度や成績優秀者には選抜クラスが用意されているなど、学内でもレベルアップが目指せるような環境が整えられています。

学内オーディションや公演や発表会なども多数あり、エンターテインメントの世界で仕事をしていく上での実践的なスキルが学べる点も魅力です。

服装規定がないため生徒自身の個性を存分に発揮できます。

また、授業の開始時間も9時30分からとゆっくりなため、朝が苦手な生徒にとっても安心して通学できます。

時間割によっては授業が半日で終わる場合もあり、空いた時間は芸能活動はもちろん、アルバイトや自主練習など自由に使うことができるため、自主的な活動が行いやすい環境であることも特徴です

東京芸能学園 高等部のコース/カリキュラムについて


東京芸能学園 高等部では、大きく3つの学科があり、さらにその中で細かなコースに分かれています。

芸能科には全部で6つのコースがあります。

  • 「2.5次元俳優コース」
  • 「モデル・タレントコース」
  • 「TVタレントコース」
  • 「ヴォーカルコース」
  • 「アクターズコース」
  • 「声優タレントコース」

こちらは主に芸能人として活躍できる人材を育成する学科で、コースごとにヴォーカル・演技・ウォーキング・業界マナー・オーディション対策などを学ぶことができます。

現在のエンターテインメント業界は「歌える俳優」など複数のスキルを求められる場面が多いため、アクターズコースでもヴォーカルの授業、TVタレントコースでも演技など、マルチスキル需要に応えられるようなカリキュラムとなっています

ダンス科も全部で6つのコースがあります。

  • 「K-POPダンスコース」
  • 「ヒップホップダンスコース」
  • 「バックダンサーコース」
  • 「ダンス&ヴォーカルコース」
  • 「ブレイキングコース」
  • 「テーマパークダンサーコース」

一言にダンスといってもその中はジャンルが幅広く、学びたいジャンルによって必要な技術も異なります。

将来どのような道に進みたいのかを見据えて、その方向に特化したカリキュラムになっているのが特徴です。

ジャンルによっては、ヴォーカルやオーディション対策など、芸能科同様の授業が用意されている場合もあります。

さらには普通科もあり、こちらは少ない学習時間で高校卒業資格の取得を目指すことに特化した学科です

現役の芸能人やスポーツ選手などで本業が忙しい生徒でも、バックアップを受けながら安心して学習を進めることができます。

東京芸能学園 高等部の学費は高い?


東京芸能学園 高等部の学費は、結論から言うと通信制高校としては高額な部類に入ります。

東京芸能学園 高等部の学費

  • 普通科:330,000円〜
  • 芸能科・ダンス科:700,000円〜
    ※別途通信制高校の学費が200,000円〜

コースにもよりますが、合わせて大体900,000円程度かかる計算です。

通信制高校の平均学費が250,000円〜850,000円と言われているため、トータルで比較すると高額と言えるでしょう

ただし、前述した「通信制サポート校」としては平均的な金額です。

通信制サポート校はの平均は200,000円〜700,000円に加え、通信制高校の250,000円〜350,000円が別途かかります。

サポート校の費用は通学日数によって変わりますが、東京芸能学園 高等部は通信制高校卒業のための個別授業の1日を除くと、週の大半は通学することになります。

そのため、700,000円という学費は妥当ですし、通信制高校の学費は200,000円と平均よりやや低めです。

特に芸能科やダンス科は、高校卒業資格取得までサポートが手厚いことに加え、一流講師陣によるエンターテインメントのレッスンが受けられると考えると、むしろ価値と併せて考えると割安にすら感じます。

普通科はトータルで530,000円程度となります。

普通科の場合個人の事情に応じて通学日数やサポート度合いも異なるため、割高に感じるや割安に感じるかは、生徒個人の事情によります。

ただし、完全個別指導でレポート作成などの指導を受けられることを考えると、こちらも妥当な金額と言えるでしょう。

また、通信制高校の学費は「就学支援金」という制度の対象となるため、家庭の世帯年収によってはさらに学費が下がる場合もあります。

制度の対象となる場合は、ぜひ上手く活用しましょう。

東京芸能学園 高等部のサポート体制ってどう?


東京芸能学園 高等部は、通信制高校の卒業とエンターテインメントの専門技術の両方の取得のために、様々なサポート体制を用意しています。

特に通信制高校の学習に関しては、個人のレベルに合わせたマンツーマンのサポートがあり、仮に専門技術のスキル取得に大幅に時間を割いても、3年間で確実の卒業できる体制が整っています

また、エンターテインメントの世界で活躍したいという夢を持つ生徒の進路を様々な形でバックアップしています。

主に進路は3つあり、「デビュー」「進学」「就職」となります。

デビューサポートは、東京芸能学園がもつ芸能プロダクションとの強いコネクションで、生徒が目指した未来のための仕事を斡旋することで、芸能界デビューをサポートします。

また大学進学を目指す生徒には、通常授業の他に集中講座や個別サポートもあります。

もちろん、そのままエンターテインメントの技術を磨き続けられるよう、母体でもある専門学校への進学も可能です。

さらに就職希望者へは、履歴書の書き方や面接マナーなどもしっかりと指導し、サポートしてくれます。

東京芸能学園 高等部のメリット(向いている人)


東京芸能学園 高等部のメリットは、生徒自身が本来学びたいと考えているスキルを身に着けながら、高校卒業資格が取得できることでしょう。

また、個人の活動が忙しい中でも確実に高校卒業が目指せる点も安心です。

特に、ダンサーや芸能人を目指したいと考えている生徒にとっては、集中してスキルが磨ける環境が整っています

  • エンターテインメントの世界を目指したい
  • 自分の本当にやりたいことに時間を使いたい
  • 本分が別にあり自力学習が難しい

といった生徒には向いていると言えるでしょう。

東京芸能学園 高等部のデメリット(向いていない人)


一方で東京芸能学園 高等部のデメリットは、一般科目の授業時間数が少ないことです。

難関大学入学を目指したいなどであれば、どうしても個人でプラスアルファの努力が必要になるでしょう。

また、明確にエンターテインメントの世界に興味を持つ生徒が多いため、自分が何に興味があるのかがわからないという生徒にとっては過ごしにくい可能性があります。

  • 自分には何が向いているのかを見つけたい
  • 一般科目の学習時間をしっかりと取りたい

という生徒には向かないかもしれません。

学費の安い通信制高校へ資料請求!
簡単無料1分で資料請求