通信制高校の評価

青森山田高等学校の徹底評価!学校の雰囲気や授業の詳細・学費について卒業生が語ります。

青森山田高等学校を卒業したナリカです。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。

学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

失敗しない学校選びのためには、

  1. 通える範囲にある通信制高校を調べる
  2. 資料を請求して見比べる
  3. 学校説明会に行ってみる

という3つの行動が大事です!

通学圏内にある通信制高校を選んだほうが、勉強や進路でわからないことを聞きに行くことができるので、高校卒業がしやすくなります

まずは住所を入力して、学校資料をまとめて取り寄せましょう▼

通学圏内の学校資料を一括請求する(無料)

青森山田高等学校の基本情報

住所 【青森校】〒030-0943 青森市幸畑2丁目3-1 青森大学4号館2階(※筒井駅が最寄ですが、青森駅前~青森大学前の市営バスをおすすめしています)
【札幌校】〒062-0911 札幌市豊平区旭町4丁目1-40北海学園大学研究棟ビル地下1階
通学コース 広域通信課程
学費
スクーリング 20日程度/年間

青森校と札幌校の2校があり、3年間の修業年限で卒業できます。

通信制課程に入学する前の高等学校で修了した学年を活かし、次の学年から転入学・編入学ができます。

普通科ですが、専門学科で修了した学年も活かせます。

原則的に各スクーリング会場のみの登校で卒業することができます。

働きながら、子育てをしながら、スポーツや芸能活動などとの両立ができる学校です。

青森山田高等学校の通学コース


スクーリングは週に1回4時間(3学年には3時間)で月に3・4回程度あります。

1・2学年は水曜日、3学年は木曜日の登校です。前期・後期の2学期制で、それぞれの学期末に試験があります。

前期分のレポートは前期中に、後期分は後期中に提出しなければ進学、試験を受けることができず、進路変更(退学や留年など)をすることになってしまいます。

授業の最初にレポートが配布され、最後に回収するシステムです。

他にメモやノートをとる必要は特にありません。レポートの提出がそのまま単位となります。

ですので、毎週スクーリングに通っていればレポートを提出し忘れるということはまずありません。

お仕事の関係などで決まったスクーリングの時間に参加できない生徒さんもいるため、スクーリングが休みの日でも先生方は学校にいます。

授業に参加できなかったときは休みの日や次の週のスクーリング時に補充を受けられるので、忙しい人でも安心ですね。

青森山田高等学校の設備の充実度、専門授業の質


スクーリング会場は大学内の教室で、1・2学年は普通の高校のような教室、3学年になると長机のいかにも大学だなあという感じの教室で授業を受けます。

建物1階には大学の図書館があり、個人的な学習をしたり、調べ物をしたいときに便利です。

たまに大学生さんが図書館で勉強している様子が見受けられます。

通信制高校ではよくあることですが、転入・編入生が多いため、学年を重ねるごとに生徒さんの人数が増えます。

日常茶飯事なのであまり気にすることはありません。特に青森山田高校全日制からの編入生が多く、私もその1人でした。

大体入学時に15人~20人程度だった生徒数が、卒業時には40人~50人程度になります。

選択して受けるような専門授業はありませんが、3年生になるとパソコンでの授業学習、職業講話などが何時間かあります。

もし専門的な学習がしたかったり、資格を取りたいときは先生方に相談してみてください。

可能なものであれば手続きなどをお手伝いしてくれることもあります。

青森山田高等学校のイベントや学校行事


普通の高校であるような文化祭や体育祭などの学校行事はほぼありません。

その代わりといっては何ですが、1学期に1回(1年に2回)遠足があります。

この遠足は体育の授業過程として行われます。(スクーリングで体育の授業がないためです。)

遠足といっても13時には終わるので参加しやすいです。

遠足では青森山田高等学校のバスを使って移動します。

免許のある人は自家用車で現地集合・現地解散をすることもできるのが良いところです。

遠足では田んぼアートを見に行ったり、味噌工場の見学をしたり、色々なところに行けていい経験が出来たと思います。

現地に着いたら30分~1時間程度の全体行動の後、時間は短いですが自由時間もあります。

私は道の駅で友達とラーメンやソフトクリームを食べたりした思い出があります。

感想文などの提出がなく、参加するだけで単位になるので楽です。

もし遠足に参加することができなくても、補充のレポート提出と追加の試験で体育の単位を取得できるので安心です。

青森山田高等学校の雰囲気やいじめ


その時の学年にもよると思いますが、生徒さんも全体的に静かで、落ち着いた環境で授業を受けることができます。

スクーリング会場は大学内ですが、建物が別になっていて、通信制高校の館には大学生さんの出入りはほぼありません。

明るく元気で友達と楽しく話している人もいれば、その逆でいつも一人でいるような人もいますし、真面目に勉学に励む方もいました。

いじめなどはなく、生徒同士で関わりを持つような行事や授業はないので、友達がいなくて不安だとか、人とあまり話したくないという方、転入前の学校でそういったトラブルの経験があった方でも安心してスクーリングに通うことができます。

私自身も友人関係が原因で全日制高校を辞めましたが、通信制高校はとても楽しく過ごすことができました。

青森山田高等学校の卒業後の進路


私は就職希望だったので担任の先生によく相談をしていました。

その後個人的な都合で就職することをやめてしまったのですが、今後就職することがあるとしたらのアドバイスや、私生活の話も親身になって聞いてくださりました。

全日制高校のような進路学習などはありませんが、3年生になると系列校の進学説明会や職業講話などがあります。

学校での授業は普通科の勉強で、全日制高校と違い進学、就職に向けての全面的なサポートはないので、進路には影響しませんでした。

周りで1番多いのは系列校への進学、その他には専門学校へ進学する人や県内外へ就職する人がいました。

進路のサポートはあまりありませんが、先生方は聞けばお手伝いをしてくれますし、相談にもちゃんと乗ってくれますよ。

他の通信制高校に比べて授業日数が少ないところが1番の魅力だと思います。

その分全日制高校の人と同じように進学、就職を目指す人は自分で努力して勉強しなければなりません。

何かと両立して高卒を取りたい!という方は、是非進学を考えてみてください。

学校選びに失敗しないために

通信制高校には、公立校と私立校がありますが、

1.通学圏内の通信制高校をリストアップする

2.資料を取り寄せる

3.学校見学や説明会に行ってみる

という3つの手順を踏んでいくと、自分に合わない通信制高校を選ぶ確率はぐっと減ります。

通学がほとんどない通信制高校もありますが、授業でわからないことがでてきたときに相談できず、そのまま勉強が嫌になって、中退してしまうことも

いざ、というとき相談できる環境を用意しておく上でも、

通学県内にある通信制高校

を選んでおいたほうが、高校卒業はしやすいです。

また、2020年から、国から支給される就学支援金によって、私立校であっても授業料が免除となりました(世帯年収590万円未満の場合)。

私立校であっても、年間学費10万円以内で通える高校はたくさんあります。

また、公立に比べて私立高校のほうが、生徒のサポート体制や専門授業が充実していて面白い学校が多いです。

まずは、通学圏内にある通信制高校をリストアップして、学費や専門授業の質など、希望に合った学校を選択していきましょう。

近所の通信制高校をいちいち調べるのは時間もかかりますし、学校の漏れもでてきます。

効率よく情報収集をするには、一括資料請求サイトで住所を入力して、パンフレットをまとめて送ってもらうのが簡単です

人気校の場合、受入生徒数に制限があることもありますので、まずは早めに資料を取り寄せて、学校説明会や学費などの情報を確認するところからはじめましょう!

通学圏内の学校資料を一括請求する(無料)