ぎふ国際高等学校

ぎふ国際高等学校ってどう⇒評判や学費・口コミを確認する!

ぎふ国際高等学校は、岐阜と名古屋にキャンパスを持つ通信制高校です。

普通の学校では馴染めなかった生徒も、のびのびと自由に学ぶ環境が整っているので学校に通えるようになったという声も多くあります。校風や体制に、高校卒業資格だけでなく、学ぶ楽しさを知ってほしいというぎふ国際高等学校の気持ちがうかがえます。

学費217,700円~
専門授業演習授業/パソコン授業
スクーリング週1回~
通学コース週2日登校コース/週3日登校コース
所在地岐阜市、名古屋市

ぎふ国際高等学校の徹底評価!

ぎふ国際高等学校は、どんな生徒ものびのびと楽しく学習することを目標に掲げている通信制の高等学校です。

学習環境が良いと感じる生徒が多い理由、それは生徒のタイプに合わせたクラス編成だと言えます。

例えば、落ち着いた性格で、他人とのかかわりが苦手なタイプは「クリスタルクラス」、明るく素直なタイプの人は「レインボークラス」とクラス編成が行われています。

これまでの学校生活では気の合う友人ができず、悩んでいたという人にも生徒が自分と似たタイプのクラスメイトと友人関係が築けるよう配慮がみえますね。

また、気になる学習スタイルですが、中学校もしくは前に通っていた高校での学習ペースについていけなかったという方も大丈夫!

分からなかった箇所まで遡り、基礎から学習しなおすことが可能です。

普通の学校では教科書に合わせた学習が主となりますが、ぎふ国際高等学校は無理のないペースで学習できるので分かる喜びを知ったという声もあります。

ぎふ国際高等学校の大学進学率は?

学習にも力を入れていることが分かるように、通信制高校の中では進学率が高いことでも有名です。

具体的な数字としては、岐阜県内の通信制高校の進学率が平均39.8%であるのに対し、ぎふ国際高等学校は、約70%の生徒が進学しています

というのも、愛知工科大学や名古屋工学院専門学校といった姉妹校が県内に多いことも理由の一つです。したい気持ちを応援するサポート体制をみてとることができますね。

もちろん通信制高校のため、実際はあまり学校に足を運べていない生徒もいますが、少しずつ自分のペースで通えば高校卒業資格を取得することができます。

今までは学校に通うのが嫌だったという生徒が、周りに同じ思いをしてきた仲間がいることで少しずつ通えるようになったという例は数多くあります。

無理強いはしない。でも見守ってくれているという心強さがぎふ国際高等学校にはあることがわかりますね。

ぎふ国際高等学校の校風は?

よく保護者の方の中には

「通信制の学校といえば、派手な生徒が多いんじゃ…?」

と心配される方もいらっしゃいますが、ぎふ国際高等学校はそこも一味違う点です。

頭髪の染髪や異形な髪形、ピアスなどの装飾品は一切禁止という厳しい規定があります。

そういった意味でも保護者の方にも安心して、お子さんを任せることができるのではないでしょうか。

ぎふ国際高等学校の口コミ

すごく人見知りが激しい性格ですが、この学校の人は穏やかな人が多いので落ち着いて話すことができます。

自分のペースで人間関係を築いていけるのでとてもゆったりとした気持ちでいることができます。

息苦しく感じて中退してしまった以前の高校とは違った雰囲気で、頑張るうちに友達もできて、自信を取り戻せるようになりました。卒業後の進路について語り合う機会も増、たので、しっかり卒業目指して頑張りたいと思います。

ぎふ国際高等学校の学費は高い?

ぎふ国際高等学校の2021年度入学生(1年次)の年間学費は次の通りです。

週2日通学コース367,600円(前期178,800円・後期188,800円)
週3日・週5日通学コース523,600円(前期256,800・266,800円)

※別途、入学金30,000円と教育充実費70,000円を入学手続時に納める必要があります。

週3日通学コース・週5日通学コースを持つ単位制高等学校それぞれの平均学費と、ぎふ国際高等学校の学費を比べてみましょう。

平均的な通信制高校学費とぎふ国際高等学校の学費を比較

週3日通学コース平均学費:405,000円

内訳:入学金50,000円・施設設備費60,000円・授業料175,000円・特別活動費20,000円・補修費100,000円

週5日通学コース平均学費:860,000円

内訳:入学金50,000円・教育充実費300,000円・授業料420,000円)

週3日・週5日通学コースぎふ国際高等学校の学費:623,600円

内訳:入学金30,000円・教育充実費70,000円・授業料250,000円・施設維持費48,000円・特別補講料156,000円・特別活動費12,000円・生徒会費3,600円・保護者会費6,000円・修学旅行積立金48,000円

週3日通学コースの平均学費と比較すると、ぎふ国際高等学校の年間学費は高いと言えますが、修学旅行積立金も含まれていることから、修学旅行を楽しみたい人にはおすすめできます。

修学旅行に参加できない場合は、積立金の返金もあります。また、特別補講では、英会話講座やパソコン講座、姉妹校の専門学校の講座や大学の講座が受講できます。そのため、高校卒業だけではなく学校行事も楽しめ、専門学校や大学の講座まで受けられると考えれば、学費に納得できるでしょう

週5日通学コースの平均学費と比較すると、ぎふ国際高等学校の年間学費の方が安くなっています。

通信制高校ではあっても、週5日の通学に学校行事、そして様々な講座を受講できることを考えると、価値のある金額と言えるでしょう。

ぎふ国際高等学校の学費免除や奨学制度は?

ぎふ国際高等学校では、保護者の「市町村民税の課税標準額×6%-市町村民税の調整控除の額」が304,199円以下の場合に、次の通り就学支援金が受けられます

  1. 154,499円以下の場合は、授業料を上限に加算支給があります。
  2. 154,500円~304,199円の場合は、1単位10,000円に対し4,812円の加算支給が受けられます。

※受給期間の上限は最大48か月で74単位分までです。なお、受給の年間上限単位は30単位です。

奨学給付金と授業料軽減制度

その他にも、奨学給付金(国の補助)授業料軽減(岐阜県の補助)の2種類の補助金があります

奨学給付金は、就学支援金受給資格認定者の中で非課税の方が対象です。

授業料軽減は、保護者の「市町村民税の課税標準額×6%-市町村民税の調整控除の額」によって異なりますが、詳細については事務局に直接お問い合わせください。また、授業料軽減は岐阜県からの補助金になるため、岐阜県内に保護者が在住する方が対象です。

ぎふ国際高等学校独自の奨学金制度

最後に、学校(学園)独自の奨学金制度を紹介します。

種類は、電波学園ファミリー奨学制度ぎふ国際高等学校学修奨学金制度の二つです

電波学園ファミリー奨学制度は、2親等以内の親族に学校法人電波学園の卒業生もしくは在校生がいる場合に利用できます。入学後、本人からの申請により30,000円の支給があります。

ぎふ国際高等学校学修奨学金制度は、推薦あるいは一般単願受験者の中から、中学3年生の学習成績がぎふ国際高等学校の定める基準に適合、かつ入学後1年間の成績や生活状況が優良な生徒が対象です。上位若干名に70,000円の支給が受けられます。

ぎふ国際高等学校の学費詳細

週2日通学コース

1年次2年次3年次
入学金30,000円
教育充実費70,000円
授業料250,000円260,000円230,000円
設備維持費48,000円48,000円48,000円
特別活動費12,000円6,000円6,000円
生徒会費3,600円3,600円3,600円
保護者会費6,000円6,000円6,000円
修学旅行積立48,000円6,000円6,000円
合計467,600円371,600円293,600円
  • 1単位につき1万円
  • 特別活動費は、各学年・各学期において実施する社会研修の費用になります
  • 修学旅行は原則全員参加。しかし宿泊を伴う集団旅行が困難である場合は不参加でもOK。積立金は返金されます
  • 上記の学納金のほか、教科書代約6,000円(年額)、教材費(美術1,580円、家庭科1,860円)、卒業諸経費5,000円および同窓会入会費4,000円(3年次後期徴収)が必要です
  • 制服の価格は、男子一式51,645円、女子一式53,570円

週3日・週5日通学コース

1年次2年次3年次
入学金30,000円
教育充実費70,000円
授業料250,000円260,000円230,000円
設備維持費48,000円48,000円48,000円
特別補講料156,000円156,000円156,000円
特別活動費12,000円6,000円6,000円
生徒会費3,600円3,600円3,600円
保護者会費6,000円6,000円6,000円
修学旅行積立48,000円6,000円6,000円
合計623,600円527,600円449,600円
  • 1単位につき1万円
  • このコースの「特別補講料(学び直し講座・英会話等の特別講座)」は高等学校卒業に必要な74単位以外の授業ですので、就学支援金の対象外
  • 特別活動費は、各学年・各学期において実施する社会研修の費用になります
  • 修学旅行は原則全員参加。しかし宿泊を伴う集団旅行が困難である場合は不参加でもOK。積立金は返金されます
  • 上記の学納金のほか、教科書代約6,000円(年額)、教材費(美術1,580円、家庭科1,860円)、卒業諸経費5,000円および同窓会入会費4,000円(3年次後期徴収)が必要です
  • 制服の価格は、男子一式51,645円、女子一式53,570円

自分に合った通信制高校を選ぶヒント

通信制高校というと「学校に行かなくてもいい」というイメージがあると思います。

ですが一度も行かなくてもいい通信制高校はありません。国や学校が定めた回数は登校する必要があります。

そのため「行きたくない」と思う人ほど通学圏内にある通信制高校を選んだ方が、通学のハードルが下がってよいでしょう。

まずは通える範囲内にどのような通信制高校があるかを探しましょう。ぎふ国際高等学校だけでなく、他学校の資料も取り寄せて、学費やカリキュラムを比較するところからはじめてみましょう。