卒業生が語る!米子白鳳高等学校(通信制過程)ってどんな学校? 学費や通学コース、生徒の雰囲気を解説します。

<2018年12月:最新情報>

通信制高校は、年明け1月には出願が始まる学校も多く、12月は学校説明会が活発化する時期になります。願書や募集要項は学校説明会に参加しないと手に入らない学校もありますし、人気校は人数制限をしているところもあるので、まずは通学圏内の学校を調べて資料を取り寄せるところからはじめましょう!

通信制高校のパンフレットをまとめて取り寄せる→

YUTO

YUTO
こんにちは、米子白鳳高等学校(通信制過程)を卒業したYUTOです。

米子白鳳高等学校ってどんな学校?

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?

と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

米子白鳳高等学校(通信制過程)の基本情報

住所 鳥取県米子市淀江町福岡24(最寄駅:淀江駅)
通学コース 通信制・普通科(日曜日の週1日登校)

白鳳高等学校は自然に囲まれた学校で、定時制の午前と午後、通信制の週1日コースがある単位制高校です。

制服はなく、服装も自由。

学費の負担も少なく教科書や学習書が無償になる制度、育英奨学金などの奨学金制度があり金銭面でも安心して通うことが出来ます。

自分のペースで勉強を進める事が出来る学校です。

米子白鳳高等学校(通信制過程)の通学コースと時間割について

私が選択したコースは通信制の週1日コースです。

通信制は日曜日だけ学校に登校。

朝の9時から夕方の5時頃までみんなと勉強したり、家で勉強した課題を提出したり、家で勉強していて分からなかった事を教えてもらったりします。

家では出来ない体育の授業なども日曜日にします。

通信制コースの時間割は、月曜日〜土曜日は家で課題(レポート作成)、日曜日に学校に持っていきます。

登校したらまず課題を提出し、先生がチェックして分からない所や間違っていた所を一緒に見直します。

その後は通っている生徒たちと勉強するという感じでした。

家での課題をどれだけ進められたかと、毎週日曜日学校に登校できたかでもらえる単位が変わってきて卒業できる年も変わります。

しっかりと通えて課題もしっかり出来た場合は4年で卒業が可能です。毎日通えるか心配な方も週1日だけで毎日のように通う必要もなく、日曜日だけなので友達が出来ない場合でも頑張れます。

米子白鳳高等学校(通信制過程)の設備・充実度について

学校の内装は普通の学校とあまり変わりなく、全体的に木を感じられるような内装です。

教室がある建物がぐるっと一周あり、その中に庭があってベンチなどもあります。

ご飯を食べる時に使う大きな部屋があり電子レンジや自動販売機も設備されていて、テーブルと椅子もたくさんありました。

各教室の入り口に手洗い場もありました。学校は広いですが、建物と建物を繋ぐ通路もあるので便利でした。田んぼや畑もあり、定時制の人はいちご狩りや芋掘りも授業にあります。

教室の広さは30人が余裕で入れるくらいあり、広々としていて夏でも暑苦しい感じがしなかったです。

1クラスあたりの人数は大体30人でした。

先生は面白い方が多く、週1日の授業も憂鬱になりませんでした。生徒思いの先生も多く、カウンセリング室で相談したり友達のように話せる先生もできたので嬉しかったです。

友達と馴染めない生徒にも積極的に話しかけてくれて卒業後でも先生に会いにくる人も多いみたいです。

米子白鳳高等学校(通信制過程)のイベントや学校行事

学校行事やイベントは定時制のコースに多くあり、通信制の生徒でも希望すれば参加する事ができます。

イベントや行事には、遠足で近くの公園に行ったり、馬に乗る体験ができたり、農業の体験もでき、その季節の野菜や果物を植えたり、収穫でき持って帰れる行事もあります。

近くの保育園の子供達と収穫したりして小さい子供達とも触れ合えるので可愛くて楽しかったです。

面接マナー講座や、テーブルマナー講座もあり専用の先生の元でマナーを学ぶ事もでき将来の為にもなります。球技大会もありチーム分けなので馴染めない人でも盛り上がる事ができます。

先輩や後輩問わず仲良く話せて、仲のいい子がいなくてもイベントや行事に参加する事で友達が自然とできます。

部活もあり野球部や伝統芸能部がありました。伝統芸能部はイベントが開催される県にたくさん行く事ができるので友達と入る人が多かったです。

身体測定や健康診断も年に1度あります。通信制の合宿等は一切ありませんでした。

米子白鳳高等学校(通信制過程)の学校全体・クラスの雰囲気やいじめについて

学校全体やクラスの雰囲気は明るく、先生がまず明るいので生徒も自然と明るく楽しい雰囲気でした。

生徒は前の学校に馴染めなかった人や、高校に落ちた人、派手な人も多く、働きながら通っている人が生徒には多かったです。

始めは暗い人や静かな人が多い印象でしたが、通っているうちにクラスに馴染めて明るくなった人が多かったです。

クラス内のいじめ等は一切なく、仲のいい友達がすぐ出来る人が多く、馴染めない人でもみんなが自然と話しかけてくれるような雰囲気を先生も作ってくれ、居心地がよく安心して通うことができる環境でした。

生徒同士で仲良くなる人より先生と仲良くなる人の方が多かったです。そのくらい先生が明るく話しやすい人ばかりで良かったです。

米子白鳳高等学校(通信制過程)卒業後の進路

卒業後の進路は美容専門学校に通い美容師を目指しています。

学校では美容関係の事は普通の通信制高校なのでもちろん習わなかったので学校での授業やカリキュラムはあまり卒業後の進路には役立ちませんでしたが、

面接マナーを学んだおかげで美容室のお仕事の面接にとっても役立ち無事採用され、働く事ができ感謝しています。

周りの生徒は授業で勉強したpc関係の進路に進んだり、農業に関わる仕事など授業で体験した進路に決める方が多かったです。

中には先生みたいに生徒を明るくできる先生になりたいと先生を目指す生徒もいました。

元々暗かった生徒でも卒業後は何かを目指す人が多く高校卒業する事で出来る仕事ややりたかった事もできて自分の自信にもなると思います。

今、米子白鳳高等学校への入学を考えている方へ

YUTO

YUTO
白鳳高校は通信制でも通えるか心配な方や学校に馴染めるか不安な方にオススメしたいです。

先生もとっても良い人ばかりなので馴染みやすい学校です。

積極的に友達を作りたい方や高校で仲の良い友達が絶対に欲しいと思っている方は定時制をオススメしたいです。

普段生活しているとあまり経験するがない事も経験でき、将来に役立ったりいろんな経験をする事で自分の自信にも繋がると思います。

白鳳高等学校に入学するので悩んでいる方がいたらまず1度入学してみて下さい。



通信制高校には一般の高校のような受験はありませんが、受け入れ生徒数が決まっているところもあり、募集要項や入試の内容はいち早く取りよせておかないと、後々焦ることも。12月は学校説明会も活発化するので、入学するしないに関わらず、パンフレットだけは早めに取り寄せましょう!


 

次のページ「通信制高校を選ぶための3つの手順」に進む