【2024年】鳥取で学費が安い通信制高校は?おすすめ・人気校一覧

島根県内の通信制高校学費
35,500円〜/年間

※公立の「鳥取県立米子白鳳高等学校」通信制課程の場合
※上記のボタンから県内の通信制高校の資料を広く取り寄せることができます。

  • 鳥取県内にはどんな通信制高校があるの?
  • 学費が安い鳥取県内の通信制高校はどこ?
  • 学費が安いだけでなく、サポートや設備が充実している学校は?

この記事では、鳥取県内で通える通信制高校・サポート校について、主に学費が安くておすすめな学校情報をまとめています。

鳥取県の通信制高校には公立と私立がありますが、公立の通信制高校は2校しかないため、スクーリングがしにくい場合もあります。

鳥取県の私立通信制高校は学費が高いイメージがあるかもしれませんが、国から支給される「就学支援金」を差し引けば、年間数万〜10万円以内で通学できる学校も多いです。そのため、まずは通える範囲内にある学校の中から、学費の安い通信制高校を探していくのがおすすめです。

公立・私立を問わず、まずは通学エリアにある通信制高校の情報を取り寄せてみましょう

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

鳥取県エリアで学費が安い通信制高校(公立編)

自治体が運営している公立の通信制高校として、鳥取県には「鳥取県立米子白鳳高等学校」と「鳥取県立鳥取緑風高等学校」があります。

鳥取県立米子白鳳高等学校(米子市)

学費16,000円程度
スクーリング週1回(日・水)
※日曜スクーリングは9:30〜16:15
※各科目年間12回出席
開講コース通信制普通科/定時制課程(昼間・夜間)
入学時期4月
学校行事体育大会、生徒体験発表会、球技大会、学校祭他
本校所在地鳥取県米子市淀江町福岡24(最寄駅:淀江駅)

鳥取県立米子白鳳高等学校は、米子市にある通信制高校です。単位制の学校で基礎科目のほかに情報処理や簿記、フードデザインなど幅広い専門科目を学ぶことができます。通信高校ですが、課外活動にも力を入れていることが特徴で、特にバドミントン部が県代表として全国大会に出場しています。

鳥取県立鳥取緑風高等学校(鳥取市湖山町)

鳥取県立鳥取緑風高等学校は、鳥取市湖山町に位置する通信制高校で、日曜日に基本的に授業を行うことが特徴です。仕事の関係などで登校できない生徒に対しては、火曜日にも授業を行っており、生徒が自分に合った職につけるようにキャリアアドバイザーが個別指導を行っています。

学費は、施設設備費(年間)約19,500円、教育関連諸費(年間)約11,000円、教育学習費が約5,000円かかります。年間学費は約35,500円を目安に考えるといいでしょう。私立と比べると全体的にかかる年間費用の設定金額が安いという点も公立学校の特徴です。

鳥取県エリアで学費が安い通信制高校(私立など)

鳥取県には、私立の通信制高校が1校のみ存在し、残りはサポート校やキャンパス内に通信制高校があります。

私立やサポート校などの通信制高校は公立と比べて年間にかかる費用は高い傾向にありますが、その分魅力的なカリキュラムが充実していて、個人に合わせて得意分野を徹底的に伸ばすこともできます。

また、現在は就学支援金などの保証も充実しているため、実質授業料が無料となることもあるので、年間費用も公立高校とそこまで変わらないケースもあります。

続いては、私立の通信制高校とキャンパス内に設置されている通信制高校、サポート校について特徴や所在地、学費を記載していきます。

主に紹介するのは、鳥取県に所在地がある通信制高校です。私立が1校しかないため、サポート校やキャンパス内にある高校をまとめて紹介します。なお、費用の安い通信制高校を中心に取り上げていきます。

湯梨浜学園高等学校(東伯郡湯梨浜町)

キャンパス所在地:東伯郡湯梨浜町大字田畑32-1

湯梨浜学園高等学校は鳥取県東伯郡湯梨浜町大字田畑32-1にあり、中高一貫校としても知られています。鳥取県唯一の通信制課程がある私立学校で、2015年に通信制課程は設置されました。

月2回の登校とレポート提出などで生徒に合わせた学習スタイルが特徴で、システムは違えど高校卒業資格を3年間で取得することができます。試験は単位認定試験という形で行い、前期と後期の2回に分けて実施されます。

また、特別活動として遠足や体験学習、ボランティア活動が行われ、社会活動に向けた取り組みも充実していることが強みです。さらに、高校を中途退学した生徒も前籍校で取得した単位を生かすことが可能です。

学費については、入学納入金として入学金が10,000円、施設設備充実費が10,000円と合計で20,000円納めなければなりません。授業料は1単位が8,400円と設定されてあります。ただし、就学支援金制度により、対象となる方は授業料が無償となります。そのため、結果的にかかる年間費用は10,000となるため、私立高校ではありますがコストを大きく抑えることが可能です。

星槎国際高等学校

キャンパス所在地:北栄町由良宿818-8

学費210,390円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング原則、平日の週3日
しかし生徒の要望に応じて月2日(土曜日)や週5日~月1日など柔軟に対応可能
開講コース平日登校コース/通信登校コース/集中スクーリングコース
入学時期新入学:4月 10月 11月 1月 / 編入転入:随時
本校所在地北海道札幌市厚別区もみじ台北5-12-1
キャンパス芦別、札幌、帯広、仙台、郡山、大宮、八王子、高尾、立川、横浜鴨居、横浜、厚木、富山、福井、浜松、名古屋、大阪、広島、香川、福岡東、福岡中央、沖縄

星槎国際高等学校は登校スタイルが非常に豊富であり、週に2日登校するスタイルが基本ですが、学校に通いたい方は週に3日から5日登校することもできます。反対に、自由な時間が欲しい方は月に1、2回登校するというスタイルも可能です。充実した社会トレーニングを活用していく教育を積極的に活用していき、決断力、考える頭、和の力を育むというATT3ヵ年計画を柱にしてさまざまな授業を展開します。

また、個性の尊重を重視するインクルージョン教育を導入し、アメリカから教育手法を取り入れていきながら独自の教育方法を生み出しているのが特徴的です。その結果、特別支援教育を必要とする生徒にも万全の体勢を整えているので、保護者にとっても安心できる学校と言えます。

明誠高等学校鳥取SHIP(西伯郡南部町)

キャンパス所在地:米子市冨士見町1-5

学費376,200円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング年間8日程度 (1日6時間授業)
開講コース【普通科】
特進コース / 一般コース
【福祉科】
入学時期随時
本校所在地島根県凝田市三宅町 7-37
キャンパス北海道、東京、新潟、大阪、京都、岡山、広島、香川、福岡、沖縄他

明誠高等学校 鳥取SHIPの所在地は、鳥取県西伯郡南部町阿賀314-3です。この学校の特徴として、ひとりひとりの状況にあわせて学習計画を提案する方法をとるため、自らのペースで学習内容を理解し、学力を身につけていくことができます。

また、職業体験や海外及び国内留学などの社会活動に役立つプログラムが非常に魅力的です。個々の事情を1番に汲み取ることを目的としているので、学力に不安を覚えている方にとっても通いやすい学校であると考えられます。全国で学校生活支援拠点を設けているため、学びや高校卒業を全力でサポートしている点も強みと言えます。

第一学院高等学校

キャンパス所在地:鳥取県鳥取市興南町95-3

学費174,820円〜詳細
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング月1~2回、年間30日程度
開講コース【通学スタイル】
各種Dコース/芸能コース/スポーツコース/eスポーツコース/ペットコース/本校通学コース
【通信スタイル】
Mobile High School
入学時期新入学:4月 / 編入転入:随時
本校所在地茨城県高萩市赤浜2086-1
キャンパス札幌・秋田・盛岡・仙台・郡山・いわき・宇都宮・高萩・水戸・高崎・埼玉・柏・千葉・四ツ谷・立川・町田・横浜・新潟・長野・富山・金沢・甲府・静岡・浜松・名古屋・豊橋・岐阜・四日市・京都・奈良・大阪・神戸・養父・岡山・広島・松山・小倉・博多・熊本

第一学院高等学校は、とにかく学習コースが多彩な通信制高校です。

毎日通学するスタンダードコースもあれば、スポーツのトッププロを目指すスポーツコースもあるなど、自分の興味をとことん追求しやすい学習スタイルを特徴としています。

学費は安いとは言えず、私立通信制高校の中では標準的な価格帯です。

未来高等学校

キャンパス所在地:鳥取市、倉吉市、東伯郡湯梨浜町

参照:未来高等学校の公式HP画像
学費50,000円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング週5日
週2日(木、金)
月2日
集中スクーリング
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
本校所在地愛媛県松山市一番町一丁目
キャンパス【キャンパス】
松本本校、新居浜校、東海キャンパス
【学習センター】
東京、神奈川、埼玉、千葉、富山、山梨、静岡、愛知、兵庫、島根、山口、香川、徳島、福岡、熊本、大分、沖縄

未来高等学校は2007年に愛媛県松山市に開校した、広域通信制私立高校です。通学がメインのコースから、自宅学習中心で通学回数をごく限られた回数にしている通信コースなど、生徒の希望に合わせた通学方法を選ぶことができるのが特徴です。

コースによっては全国から生徒を受けて入れており、愛媛県内外から様々な生徒が通っています。高校生活を学校中心に送りたい人から、仕事などをしつつ学びたい人まで、しっかりとサポートしてくれる学校です。

学費は就学支援金を利用して年間およそ5万円程度です。これは私立の通信制高校の中では安い部類の学費になります。

相生学院高等学校

キャンパス所在地:米子市西福原7-11-36

学費80,000円+各コース学費*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング年間10日程度
開講コース通信 / 情報処理 / ITクリエイティブ / ITドローン / 通学特習 / 進学 / 英語特進 / 個別対応 / サポート / ホームスクール / スポーツ / 建築 / 調理師 / 美容師 / ネイリスト / 化学分析キャリア / 観光留学 / 医療総合
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
専門授業進学、スポーツ、情報処理、調理師、観光留学、個別対応、エンターテインメント心理学、建築、英語特進
本校所在地兵庫県相生市野瀬 700番地
キャンパス相生、姫路、加古川、神戸、洲本、大阪、東京、東小金井、六本木、明石、鴻池、奈良、猪名川、枚方光善寺、多可、名古屋、尼崎、池袋、姫路南、高砂、新潟、福岡、大塚

相生学院高等学校は、兵庫県相生市に本校があり、全国にスクーリングの拠点を持っています。鳥取県には1校だけあり、米子市にあります。

相生学院高等学校の学費はコースによって異なりますが、年間36万円~42万円前後。調理師コースの場合は別の専門学校とWスクール状態となるので、高額ですがそれ以外は一般的な私立高校としてはお手頃な価格です。

相生学院高等学校は、15のコースがあり、コースによっては高卒の資格と共に将来的に役立つ資格も取得可能です。進学コースもあるので、大学を目指したい人にもおすすめです。中学時代、不登校に悩んでいたという人向けの、不登校支援・サポートコースがあり、スクールカウンセラーも常駐しています。ですから、高校進学を機に少しずつ学校に通って勉強をしたいという人にも人気があります。

自分に合った通信制高校の資料を取り寄せよう

通信制高校には公立と私立がありますが、就学支援金によって私立校の学費も年間10-20万円程度に抑えられるところが増えました。

そのため、自分にあった通信制高校を見つけるためには、公立・私立に限らず、「通学エリアにどんな通信制高校があるかを知る」ことが大事です。まずは通える範囲にどんな学校があるかをリストアップして、資料請求をするところからはじめてみましょう。

鳥取県内の通信制高校・サポート校リスト

学校名キャンパス住所
クラーク記念国際高等学校あすなろ高等専修学校鳥取市湖山町西2-228-1
若葉学習会専修学校米子市錦町2-177
さくら国際高等学校米子フリースクール(米子キャンパス)米子市皆生温泉3-1-1
向陽台高等学校倉吉北高等学校倉吉市福庭町1-180
滋慶学園高等学校鳥取市医療看護専門学校鳥取市東品治町103-2
鹿島朝日高等学校公立鳥取環境大学鳥取市若葉台北1-1-1
星槎国際高等学校中央高等学園 専修学校北栄町由良宿818-8
相生学院高等学校米子学習センター米子市西福原7-11-36
第一学院高等学校第一学院高等学校 鳥取学習センター鳥取県鳥取市興南町95-3 寛幸ビル3F
日本ウェルネス高等学校鳥取学習センター鳥取市田島659
未来高等学校各種学校 米子予備校(鳥取学習センター)米子市西福原20-2
倉吉予備校(鳥取学習センター)倉吉市東巌城町180
鳥取学習センター鳥取市興南町95-3
鳥取予備校(鳥取学習センター)鳥取市幸町26-9
湯梨浜学園湯梨浜中学校・高等学校(鳥取学習センター)東伯郡湯梨浜町田畑32―1
明誠高等学校YMCA米子医療福祉専門学校米子市錦海町1-3-2
鳥取SHIP(NPO法人 志塾フリースクール鳥取)米子市冨士見町1-5

鳥取県の通信制高校選びでよくあるQ&A

鳥取県内の公立通信制高校はどこ?

鳥取県内の公立通信制高校は「鳥取県立米子白鳳高等学校」1校のみです。住所は、鳥取県米子市淀江町福岡24。学費が非常に安いのが特徴で、年間学費2-3万円程度。スクーリングは年間12日程度の出席で、日曜日と水曜日に行われます。

鳥取県内の公立通信制高校の学費はいくら?

鳥取県の高等学校の学費は年間2-3万円程度。就学支援金により授業料は無料となり、教科書代や諸費用のみで通うことができます。決められた曜日にスクーリング(通学)する必要があるため、別途交通費がかかります。

鳥取県の私立通信制高校で安い学費はいくら?

私立通信制高校の通信コースは学費が安く、年間学費は5-10万円程度です(湯梨浜学園高等学校、星槎国際高等学校、明誠高等学校鳥取SHIPなど)。合宿形式のスクーリングに参加する場合は、別途参加費や交通費がかかります。

通信制高校は何歳まで入学できますか?

通信制高校の入学に年齢の上限はありません。15歳以上かつ中学校を卒業しているか同等の学力を持っている場合、どなたでも通信制高校に入学できます。

全日制高校は主に中学卒業後に入学する「現役生」が多いのに対し、通信制高校や定時制高校は、中学校を卒業したものの進学しなかったり中退したりした人々が多く学んでいます。割合としては現役生が多いですが、20代から80代まで幅広い年齢層の学生がいます。

鳥取県の通信制高校の授業料無償化の制度は?

鳥取県の通信制高校は「高等学校就学支援金制度」の対象となり、所得要件を満たす世帯(年収910万円未満の世帯)の生徒に対し、授業料が支給されます。公立校の授業料は無料、私立校は世帯年収590万円未満であれば授業料無料、世帯年収910万円未満の家庭は年間118,800円まで支給されます。

年収800万円未満の家庭は、鳥取県の補助金「鳥取県私立高等学校等総合支援金制度」の対象となるため、就学支援金で適応されない学費負担を軽減することができます。

鳥取県の通信制高校の無償化の対象世帯年収は?

世帯年収590万円未満の家庭は、1単位あたり12,030円が最大で支給されるため、通信制高校の授業料は無料となります。

世帯年収591~910万円の家庭では、1単位あたり4,812円が支給されます。通信制高校の単位取得費用は、1単位あたり7,000円~12,000円ほど(学校により異なる)なので、授業料は半額程度に軽減されます。鳥取県の補助金「鳥取県私立高等学校等総合支援金制度」と組み合わせることで、授業料が無料になる家庭も多いです。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次