北海道芸術高等学校

北海道芸術高等学校ってどう?学費は高い?評判と口コミを確認する!

北海道芸術高等学校は、全国に7校のキャンパスを持つ、広域通信制・単位制高校です。

この学校の最大の特徴は、校名に「芸術」がついていることからもわかるように、芸術科目に力を入れているということ

  • マンガ・イラストコース
  • 声優コース
  • ファッション・ビューティーコース
  • 美容師コース
  • ミュージックコース
  • ダンスコース
  • 美術コース

と、創造性を刺激するようなコースが、ずらりとならんでいます。

高卒資格を取得することはもちろん、芸術科目や専門授業を学んでみたいという北海道在住の生徒が、最初に検討したい通信制高校のひとつです!

学費770,000円〜
スクーリング年6日間〜
通学コース【週5日通学】全日制高校と同じようなスタイル
【選択学習通学】芸術科目、または普通科目だけ通学するスタイル
【自宅学習】自宅でマイペースに学ぶスタイル
合格先実績芸術系の大学・短大・専門学校・養成所や、プロとして活躍している実績が多数あります。
所在地仁木/札幌/仙台/池袋/横浜/名古屋/福岡/

北海道芸術高等学校の徹底評価!

北海道芸術高等学校は、北海道の余市郡仁木町に本校がある通信制高校です。また、その他にも札幌や仙台、東京池袋や福岡などにサテライトキャンパスがあります。

北海道芸術高等学校の大きな特徴は、芸術科目も単位として認定されることです

美容師コースを除けば、普通科教科だけでなく、芸術科目もDVD視聴やスクーリングなどを利用しながら単位として取得できます。

アニメや声優のコースを設置している高校は多いのですが、そのほとんどが、通信ではなく学習センターでの参加型授業となります。

北海道芸術高等学校のように、通信制でも芸術科目をフォローしてくれて、さらには単位に換算してくれるところは少ないので、この学校を選ぶ大きな理由になるでしょう。

北海道芸術高等学校のコース解説

北海道芸術高等学校には、8つのコースがあります。

具体的には、

  1. マンガ・イラスト
  2. 声優
  3. 美術
  4. ミュージック
  5. ダンス
  6. eスポーツ
  7. ファッション・ビューティー
  8. 美容師・美容

に関するコースです。

たとえばマンガ・イラストコースでは、マンガを制作するためのルール、ストーリーやキャラクターの作り方などを学ぶことができます。プロが指導するので、本格的な知識や技術を習得できます。表現力が豊かになって、実践力や創造力が身につくでしょう。

イラストコンペに参加し、さまざまな賞を受賞した経験を持つ生徒もいます。さらに、出版社に自らの作品も持ち込んでデビューを目指す企画も行われています。

ファッション・ビューティーコースでは、メイクやネイル、ファッションなどについての知識を習得可能です。さらに、仕事をする上で必要なコミュニケーションスキルを身につけることも可能です。

生徒一人ひとりへのサポートも充実

北海道芸術高等学校は、生徒1人1人へのサポートも充実しています。先生たちは皆、生徒と真剣に向き合う文化ができているので、ささいなことでも相談できる関係が築けるでしょう。

また、頼りになる心理カウンセラーも在籍しています。友だちや先生たちに話せないことがあっても相談できるので、安心して学校に通えるでしょう。

北海道芸術高等学校のスクーリング

北海道から福岡まで、全国7ヶ所にキャンパスを持つ北海道芸術高等学校ですが、年に一度のスクーリングは、北海道のど真ん中、十勝清水で、雄大な自然の中、1週間にわたって行われます

普通科目の学習のほかに、各芸術コースごとの体験授業。

さらにはカヌーやラフティングなど、北海道の自然を満喫するスポーツや、乳搾りやバター作りなどの酪農体験、ボランティア体験などが企画されています。

ラフトに乗って川下りをしたり、仲間と一緒に音楽を創り上げたり、ダンスのアンサンブルを楽しんだり、日常ではできない経験は芸術活動にも活かすことができそうです。

北海道芸術高等学校の卒業後の進路

北海道芸術高等学校のもう一つの魅力は、進学率の高さです。

北芸を出てすぐにプロになれる生徒はさすがに一握りですが、芸術系の大学や短大に進んだり、専門学校や養成所へ進む人が60%もいます

この卒業後の進路を見ても、北海道芸術高等学校は自分のやりたいことが見つかる学校、と言えるでしょう。芸術系の科目に興味がある人は、近くのキャンパスで開かれる体験入学やオープンキャンパスに、ぜひ一度参加することをオススメします!

北海道芸術高等学校の口コミ・評判

ダンスを続けたくて、北芸を選びました。ここで全力で取り組んだおかげで、専門学校にも進むことができて、夢に一歩近づけたと思っています。(札幌校 ダンスコース)
中学の頃から不登校だったので、不登校でも受け入れてくれる北芸に進むことにしました。最初は慣れなかったのですが、だんだん通えるようになって、自分のやりたいことも見つかりました。(東京池袋校 総合進学コース)
絵が描きたくて、ずっと続けたくて、先生に相談しながら進路を決めていきました。大学にも合格できて、本当によかったです。(東京池袋校 美術コース)

北海道芸術高等学校をおすすめできる生徒、そうでない生徒

北海道芸術高等学校がおすすめなのは、芸術や美容において興味を持っている分野がある人や、明確な将来の夢を持っている人などです

この学校では専門知識を高校生のうちから身につけることができるので、将来に役立つでしょう。プロとして活躍している特別講師による楽しい授業もあるので、とてもいい刺激になります。

一方、芸術や美容に興味がない方にはあまりおすすめできません。まわりの生徒とのギャップや意識の差を感じる可能性があります。

北海道芸術高等学校の学費・授業料 (2021年度)

※合計金額は学費が安くなる就学支援金を適用する前の料金になります。

東京池袋サテライトキャンパス

北海道芸術高等学校入学金5万円
授業料36万円
北海道高等学院サポート授業料48万円
キャンパス施設費15万円
その他実習費5万円
行事費3万円
初年度学費合計112万円
  • 1単位あたり1.2万円
  • 仁木本校でのスクーリング費が別途必要(14万円程度)
  • 地域スクーリング費用が別途必要
  • 教科書・教具・教育活動費が別途必要(後述)
  • 容師コースは提携の早稲田美容専門学校通信課程にも入学するため、次の費用が別途必要(年間60万円程度)

札幌サテライトキャンパス

北海道芸術高等学校入学金5万円
授業料36万円
北海道高等学院サポート授業料31.2万円
キャンパス施設費2.4万円
その他実習費5.4万円
行事費3万円
初年度学費合計83万円
  • 1単位あたり1.2万円
  • 教科書・教具・教育活動費が別途必要(後述)
  • 自宅学習生は北海道芸術高等学校入学金、授業料、行事費(11,000円)のみ
  • 容師コースは提携のベルエポック美容専門学校通信課程にも入学するため、次の費用が別途必要(年間44万円程度)

福岡サテライトキャンパス

北海道芸術高等学校入学金5万円
授業料36万円
北海道高等学院サポート授業料31.2万円
キャンパス施設費8.4万円
その他実習費5.4万円
行事費3万円
初年度学費合計89万円
  • 1単位あたり1.2万円
  • 仁木本校でのスクーリング費が別途必要(14万円程度)
  • 教科書・教具・教育活動費が別途必要(後述)
  • 容師コースは提携の福岡美容専門学校通信課程にも入学するため、次の費用が別途必要(年間46万円程度)

北海道芸術高等学校の学費は高い?

北海道芸術高等学校の2021年度入学現在の年間学費は、学ぶキャンパスによって変動されます。

東京サテライトキャンパス:1,120,000円

札幌サテライトキャンパス:830,000円

福岡サテライトキャンパス:890,000円

※国から支給される就学支援金として、北海道芸術高等学校は1単位12,000円で、最大36万円の授業料が免除されます

さらに140,000円程度のスクーリング費がかかる他、教科書、教具、教育活動費が別途必要になります。

コースに関しては、マンガ・イラストコース・声優コース・ファッション・ビューティーコース・美容師コース・ミュージックコース・ダンスコース・美術コース・総合進学コースといった多くのコースが用意されています。

また、美容師コースに関しては、それぞれの連携した通信課程に入学する必要があるため、別途年間約44~60万円程度必要となっています。

芸術科目を真剣に学ぶのであれば学費の価値はあり

これだけ多くコースが用意されていますが、どれに当たっても個々に見合った専門的な学習をすることが可能です。

一貫してみると、他の通信高校と比べて学費はやや高めではありますが、芸術系の大学・専門学校・養成所への高い合格率を誇るほか、分野に関してて全くの未経験であったとしてもじっくり学んでいける点から見るに、その高い学費に見合った学費であると言えるでしょう

また、各コースや通学スタイル(週五日通学、選択学習通学、自宅学習)においても新年度ごとに変更することが可能で、コース選びに迷っている人でも、納得するまで何度でも体験できるという点も確かな強みです。

芸術科目が単位として認定される制度も

さらに、一人一人生徒における対応の熱さ、サポートの充実差においても評価される部分が多くあります。北海道芸術高校は、芸術科目も単位として認定されています。ここが他の通信制高校と大きく差別化を図られている観点なのです。多くの学校の場合、このような芸術科目は、学習センターでの参加型授業に重きが置かれています。

この北海道芸術高等学校は、通信制であっても芸術科目を徹底的にフォローしてくれるところや、単位としても加算してくれるところが、この学校を選ぶ大きな理由の一つになるでしょう。

気を付けなければならないこと

しかしながら、芸術、美容に関してのサポート、フォローが手厚いばかりに、生徒たちも同じく芸術や美容に関して大きな目標や熱意を持っている人がほとんどです。

それ故に、芸術や美容に関して全くと言っていいほど無関心な場合は、他の生徒との距離感やギャップを感じてしまうかもしれません

北海道芸術高等学校に学費免除はある? 特待や奨学制度について

北海道芸術高等学校における特待制度は無く、優秀だから減免されたり、賞を取ったから学費が減免されるなどと言ったことはありません。

奨学制度に関しては「北海道高等学校奨学会」というところに応募する必要があります。

応募資格は「学習、生活態度が高校等生徒にふさわしい者で経済的理由により修学困難な者のうち、保護者が北海道内に住所を有する者、又は(保護者が北海道内に住所を有しない者で)生徒本人が北海道内の学校に在学している者であって、他の都府県が行う奨学事業の貸付を受けていない者」となっています。

教育ローンについて

教育ローンの最大借入金額は1生徒に付き350万円以内で、金利は年1.68%(母子・父子家庭または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方は1.28%)です。返済期間は15年以内(母子・父子家庭、交通遺児家族または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方については18年以内)となっています。

北海道芸術高等学校には、一部に減免制度がある。

北海道芸術高等学校には、減免制度なるものが存在します。

兄弟姉妹が過去に北海道芸術高等学校に入学した実績があるならば、初年度の学費から10万円を減免されます

北海道芸術高等学校の偏差値・入試について

北海道芸術高等学校は通信制高校のため、成績や学力に関係なく出願できます

入学試験は特になく、必要書類の提出と、本人・保護者との三者面接で審査が進みます。学力をみる筆記試験はありませんので、不登校であったり、勉強が苦手という生徒でも入学可能です。

実際に、北海道芸術高等学校に入学している約4割の生徒は、不登校だった経験がありますそれでも自信を取り戻して、楽しく学んでいる生徒がほとんどです。

自分に合った通信制高校を選ぶヒント

通信制高校というと「学校に行かなくてもいい」というイメージがあると思います。

ですが一度も行かなくてもいい通信制高校はありません。国や学校が定めた回数は登校する必要があります。

そのため「行きたくない」と思う人ほど通学圏内にある通信制高校を選んだ方が、通学のハードルが下がってよいでしょう。

まずは通える範囲内にどのような通信制高校があるかを探しましょう。北海道芸術高等学校だけでなく、他学校の資料も取り寄せて、学費やカリキュラムを比較するところからはじめてみましょう。