科学技術学園高等学校

科学技術学園高等学校ってどう⇒評判や学費・口コミを確認する!

科学技術学園高等学校・通称かぎこうは、勉強と夢の両立が可能な学校として人気の高い学校です。

生徒の中には、以前の学校を辞め再チャレンジしている生徒やスポーツを頑張っている生徒、子育て中の主婦といった様々なタイプの人たちが集まっています。

今自分に自信がないという人もきっと自信を持って高校卒業資格を手にできる!そんな学校です。

学費 295,000円〜
スクーリング 年2回
通学コース 登校コース/eラーニングコース/週4日通学コース
所在地 東京・名古屋・大阪

科学技術学園高等学校の徹底評価!

科学技術学園高等学校のカリキュラムは、一人ひとりに合った無理のない高校生活が送れるようつくられています。そのカリキュラムは3種類の用意があり、

1)登校コース

自宅学習を基本としながら週1日~3日程度スクーリングに参加するコース。

学び方に決まりがないので自分に合った頻度での学習が可能です。学校のイベントにも参加できるので充実した高校生活が期待できます。

2)eラーニングコース 

パソコンやスマートフォンを利用して講義を受けられるので、時間・場所を選ばない受講ができます。

仕事をしながら・他に没頭していることがあっても、自分のペースで学習できます。

3)通学コース 

週4日学校に通い、基礎から学ぶコースです。勉強だけでなく、各種イベントも充実している点が魅力です。

ほぼ普通の高校生活と変わりありませんが、何か不安に感じることがあれば周囲による全力サポートを受けられるので安心です。

となっています。

何か事情があって高校卒業を諦めてしまった人や、少しずつ環境に慣れたいと思っている人など色々なタイプの人がいるので、中学や前の学校で勉強が遅れている人も安心です。

科学技術学園高等学校の学費は高い?

科学技術学園高等学校の学費(eラーニングコース)

入学手続時 50,000円
入学金 30,000円
授業料 225,000円(1単位9000円/25単位の場合)
施設費 30,000円
運営費 10,000円
合計 295,000円

あなたが通うキャンパスの正確な学費は、パンフレットを取り寄せて確認しましょう!

科学技術学園高等学校の学費は高い?

科学技術学園高等学校の2021年度入学現在の年間学費は以下の通りです。

通常型クラス:545,000円

eランニングコース:295,000円

※国から支給される就学支援金として、科学技術学園高等学校は1単位に付き9,000円なので、最大225,000円の授業料が免除されます。

全体的に見て、通常型クラスにしても、eランニングコースにしてみても他の通信制高校や一般的な学校と比べると、かなり安い部類に入ります

しかしながら、安いからと言って他の学校と劣っているわけではありません。さらに、生徒の個々に応じて様々な「プログラム」を選択できるほか、学校生活での自由度も高いために、高校生活を満喫したいという人にとっておすすめな学校と言えます。

クラス/コースごとの違い

通常型クラスでは、週五日間(週3日、4日でもOK)学校に通うコースです。中学の復習をはじめとした、幅広い授業が行われます。

通常型クラスには大学受験プラン、学校生活満喫プランなどと言った、それぞれの生徒に応じたプランが用意されています。さらに学習面だけでなく、行事系(主に修学旅行など)、部活などのイベントも充実しています。

一方、eランニングコースはインターネットを利用して学習を進めるため、登校は一年間で数日でOKです。Web授業や、電話、メールでの学習相談や生活相談を、常時受け付けていることから鑑みるに、自分の時間を有効的に使いたい人にとっておすすめなコースだと言えます。

気を付けなければいけないこと

専門的な科目を選ぶコースは存在しないため、高校卒業後に就職を考えているという方にはあまり向いていません

大学進学に関しては、大学受験プランがあるように徹底したサポートを受けられるほか、指定校推薦枠があるといった充実さも見られます。けれどもあまり進学実績が無いように、難関大学に進学する際は、塾等に通う必要があるでしょう

充実した高校生活が送れる

全体的に見て科学技術学園高等学校には、良い側面や悪い側面も多々見られます。しかし、学費が安いことから鑑みるに、この学校の力を入れている観点を必要としているならば、非常に充実した高校生活を送ることが出来るでしょう

通常型クラスであっても、週3,4回の登校を志望出来たり、基礎学習プログラムや、クリエイティブレッスン、体験教室・アート教室などのプラン、プログラムがあるように、生徒にとって自由性の非常に高いという学校になっています。

他、通常授業が9時30分から開始されたり、朝が苦手な生徒のためのイニングクラス(午後から授業を受ける)も選択できます。起立性障害に悩む生徒といった様々な環境の生徒が通いやすい学校といえます。

学費免除はある? 特待や奨学制度について

特待生の有無について

科学技術学園高等学校における特待制度の情報はありません。学力が高い人も低い人も、はたまた能力が高い人も低い人も、一律して学費は変わらないのです。

科学技術学園高等学校における奨学制度

奨学制度に関して科学技術学園高等学校は、通学する生徒の保護者に対して、国が授業料の一部を補助する制度(高等学校等就学支援金)で、保護者の収入によって年額11,880円~297,000円(平成28年度実績)が補助されます

また、東京都内在住の方については、国の就学支援金とは別に東京都の授業料軽減助成金が実施されています。国の高等学校等就学支援金と、この授業料軽減助成金を合わせると最大254,000 円(授業料)まで授業料助成が支給されます(所得の条件あり)。

授業料外の奨学制度もあり、国と都道府県が教育費を補助します。なお、この場合も所得の条件があります。

(どの奨学制度であっても、詳細を確認するために一度事務室等にお問い合わせする必要があります)

科学技術学園高等学校の口コミ

先生方一人ひとりが生徒のことを尊重してくれるいい学校で雰囲気も良いです。勉強も分かるまで教えてくれる方ばかりで教え方もうまいです。
授業の時間が選べるのでアルバイトと学業の両立がしやすくなりました。また、コミュニケーションが苦手な私ですが一人でいても苦ではなかったので雰囲気が良いと思います。全体的に皆さん気さくで良い先生ばかりでした。住む環境が変わっても素早く対応していただけました。
体育の授業の際は、市の体育館までいかなければならず不便に感じました。

自分に合った通信制高校を選ぶヒント

通信制高校というと「学校に行かなくてもいい」というイメージがあると思います。

ですが一度も行かなくてもいい通信制高校はありません。国や学校が定めた回数は登校する必要があります。

そのため「行きたくない」と思う人ほど通学圏内にある通信制高校を選んだ方が、通学のハードルが下がってよいでしょう。

まずは通える範囲内にどのような通信制高校があるかを探しましょう。科学技術学園高等学校だけでなく、他学校の資料も取り寄せて、学費やカリキュラムを比較するところからはじめてみましょう。

学費の安い通信制高校へ資料請求!
簡単無料1分で資料請求