駿台通信制サポート校

駿台通信制サポート校ってどう?学費は高い?評判をまとめました!

駿台通信制サポート校は、基礎学力の養成から大学受験対策までをサポートしている学校です。

100年以上続く駿台予備校の実績と最先端の技術を駆使して、一人一人に合った学習方法を行うことで、提携している通信制の高校に通いながらでも学力を上げられるところが特徴的です

コースは2つから選べ、自分のペースや目的に合わせて勉強をすることが出来ます。

駿台通信制サポート校は東京都新宿区の四谷に本校があり、神奈川や京都など全部で6校のキャンパスがあります。

駿台ならではの技術や経験、実績をもとに多くの大学受験合格者が出ているので、効率的に勉強をしたい生徒におすすめです。

学費 年間約240,000円~324,000円
スクーリング 年間約60時間
通学コース スタンダードサポートコース/大学進学サポートコース
専門授業 一般教養、基礎科目
所在地 東京都千代田区神田駿河台1-74小畑ビル5階

駿台通信制サポート校はどんな学校? 特徴を解説

駿台通信制サポート校を一言で表すと、自分のペースで学習に専念することが出来る学校です。

通学する日数や登校時間を自分で決められ、服装や髪型が自由など、通信制高校の特性を活かしながら全日制のな基礎学力を身につけられるので、自分に合った勉強方法効を行えて効率が良いです。

コースもスタンダードサポートコースと大学進学サポートコースに分かれており、自分の目的に合わせられて学習が行えます

駿台通信制サポート校ならではの特徴として、実績のある駿台の技術に加えて、最先端のAI、ICTを取り入れているところです。

例年、難関大学の合格者を出しているプロの教員がライブ授業や進学のアドバイスを行ったり、学習面や生活面での相談に対しても親身に対応してくれます。

さらに、AIの技術で的確な分析と計画を立てられるので、勉強が苦手という生徒も確実に基礎学力が身につき、楽しく学習出来ます。

また、一人で行う勉強は集中出来ずにおろそかになる可能性がある中、教員と一緒に計画して取り組むことによって、モチベーションがアップし集中して学習に挑めます。

一人一人の学力や苦手意識を抑えて合った学習方法を行い、どんな生徒でも学力が上がるように全力で支援しているところが人気のひとつです

駿台通信制サポート校のコース/カリキュラムについて


駿台通信制サポート校では、主にスタンダードサポートコースと大学進学サポートコースの2つのコースに分かれています。

スタンダードサポートコースは、実績ある駿台グループのノウハウを取り入れながら、オンラインを使用したコーチングメソッドによって、基礎学力の向上を目的としています

定期的にオンラインで面談を行ったり、オンラインツールを利用して学習の進行状況や苦手な面を理解し計画や目標を立てるため、モチベーション維持にも繋がります。

また、現役大学生のティーチングアシスタントによる学習指導のサポートも行っており、学習面や生活面での相談ごとに対してもアドバイスしてくれるので、勉強が伸び悩んでいる時も、一人で抱える心配がありません

大学進学サポートコースでは、多くの難関大合格者を送り出してきたプロの講師が、希望の大学へ進学出来るようにサポートしてくれるコースです

AI、ICTによる学習ツールを利用した学習方法が特徴的で、より学力を向上させる技術があります。

最先端の学習を使って、一人一人の得意分野やつまづきの原因を突き止め、その生徒にあった学習方法を計画し、勉強時間に無駄がありません。

苦手な分野では、わからないところまでさかのぼって学習することによって、完全に解決できるようにサポートしてくれます。

また、知識や経験ともに豊富な駿台の教員によるライブ授業を受けることが出来るため、自分のペースに合わせながら授業と自習の両立がはかれます

駿台通信制サポート校の学費は高い?


駿台通信制サポート校とほかの通信制高校の学費を比べてみると平均よりも高くかかると考えられます。

コース別にかかる学費は以下の通りです。

  • スタンダードサポートコース/月額20,000円(年間約240,000円)
  • 大学進学サポートコース/月額27,000円(年間約324,00円)

学費が高くなる理由の一つとして、サポート校の場合は別途で提携している通信制高校の学費もかかるため、通信制高校と比較してみると学費は高額になります。

サポート校の学費に加えて、約300,000円の学費がかかるのに対し、通信制高校は合計で252,000円から860,000円です。

ただしサポート校で比べてみると、平均の年間学費が週1日の通学で280,000円で週3日通学で548,000円、週5日通学だと785,000円かかるので、駿台通信制サポート校は平均よりも安く通えることが出来ます。

駿台通信制サポート校は、提携している通信制高校に入学しながらより学力を向上させたい生徒に対して学習をサポートしている学校なので、高くなってしまう可能性があります

ただし、就学支援金によって通常の学費よりも安く通えるため、経済的に不安がある生徒でも通いやすいです。

就学支援金とは、高校に通う生徒を対象に学費の一部を国が負担してくれる制度です。

1単位あたりの授業料(5000円〜12000円)をもとに生徒の履修単位数によって授業料は計算されます。

例えば、1単位の年間支給額は4,812円で卒業に必要な74単位分の支給額の場合356,088円です。

さらに世帯所得の年収額によって学費が減額されるので、通常よりも安くなるかもしれません

駿台通信制サポート校のサポート体制ってどう?


駿台通信制サポート校ならではの特色として、指導者や技術面、環境の面で生徒をサポートしているところです。

一人一人の目標に合わせてティーチングアシスタントや大学受験のプロである講師が学習面や生活面でのサポートを行っています。

知識や経験が豊富な大学生や教員と一緒に計画を行い、最適な勉強方法を取り入れることによって、一人で勉強するよりも効率的です。

また大学受験を希望している生徒には、進路アドバイザーが入試の基礎から受験に関する相談に対して的確に教えてくれます。

技術面でのサポートでは、実績のある駿台グループのノウハウを活かしながら、最先端の技術を使うことでより効率的で確実に学力を上げることが出来ます

さらに環境面も充実しており、駿台通信制サポート校の校舎にある自習室では、集中して勉強を行える空間なので、自宅でする勉強が苦手という生徒に最適です。

駿台通信制サポート校のメリット(向いている人)


駿台通信制サポート校は、通信制の高校に通いながら大学に進学したい生徒が向いています

一人ではどのように勉強したら学力が上がるのか悩んでいる場合でも、プロの教員と一緒に計画的に行うため、効率よく勉強することが可能です

通信制高校で学んでいる学習内容に対して苦手な面がある場合や、現在の勉強方法に不安がある生徒に対して的確にアドバイスを行ってくれるので、モチベーション維持にも繋がります。

また自分のペースに合わせて勉強を行えるので、プライベートの時間と両立出来るところも魅力の一つです。

駿台通信制サポート校のデメリット(向いていない人)


駿台通信制サポート校は、実力を上げたい時や大学進学を希望している生徒には向いていますが、学校生活を楽しみたい生徒や様々な専門的知識を学びたい場合には向いていないかもしれません

基礎学力の向上を目的とした学校であり、全日制のような行事ごとやプログラミングなどの専門的な分野はないです。

また、駿河台通信制サポート校は提携している通信制の高校に在籍している生徒を対象に進学、卒業に向けてサポートを行っている学校であり、サポート校だけでは高校卒業資格を取得出来ないため、注意が必要です。

学費の安い通信制高校へ資料請求!
簡単無料1分で資料請求