東林館高等学校ってどう?学費・偏差値・卒業生の口コミ評判

東林館高等学校ってどんな学校?

東林館高等学校の学費
50,000円〜/年間

※上記は通信コース/就学支援金適用時の金額
※住所を入力すると通学県内にある学校高校の資料をまとめて請求できます。

東林館高等学校は広島県広島市を拠点に展開している私立の通信制高校です。広島県内各地や四国など、広範囲にキャンパス・協力校・協力施設があります。

・基礎学力の定着や大学進学に向けた学力強化などコース別に学習スタイルを選べる

・サークル活動や講座など授業以外の活動も充実

不登校・発達障害・社会人など、さまざまなバックグラウンドをもつ生徒に対応し、それぞれに適した学習環境や学校生活を提供してくれます。勉強や特別活動など、打ち込みたいことがある生徒は検討すべき学校です。

この記事はAIによる自動生成ではなく、卒業生と通信制高校選びの専門家によって執筆・編集されています。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

目次

東林館高等学校ってどんな学校?

学費150,000円〜
*通信コース/就学支援金適用時
*通学にかかる費用はキャンパスによって異なります
スクーリング月1回。年間10日程度
開講コース通学コース、受験対応個別指導コース、単位取得コース
入学時期新入学:4月 10月 / 編入転入:随時
専門授業通学コース、受験対応個別指導コース、単位取得コース
本校所在地広島県福山市光南町1丁目1番35号
キャンパス広島、呉、東広島、三原、松山、倉敷、宇治、海田、徳島

東林館高等学校は、広島県広島市に本校を置く通信制高校です。広島県内の各地だけでなく、四国にも協力校・協力施設が存在します。

平成12年の創立から20年以上の間に約1,400名の卒業生を送り出している、確かな実績のある学校です。

また、発達障害を持っている生徒の卒業率も9割以上と高い割合を誇っています。高校生のほか、高校を卒業した人や、中学生を対象としたコースがあり、幅広い生徒に学習の機会を提供していることも大きな特徴です。

東林館高等学校の通信制ってどう?通学コースや特徴を解説

東林館高等学校の通学コース・カリキュラム解説

高校生を対象にしたコースは、

・通学コース
・受験対応個別指導コース
・単位取得コース

この3種類です。登校の頻度は各コースによって異なりますが、基本的には全てのコースで登校が必要です。

通学コース

東林館高等学校に通いながら、基礎学力の定着を目指して学習するコースです。

登校は週1日から毎日登校まで選択でき、登校日は1日7時間授業や講座を受けます。レポート学習などと組み合わせながら、高校卒業だけでなく、卒業後の進路選択やコミュニケーションの輪を広げるための学びを積み重ねられます。

受験対応個別指導コース

大学進学を目指しながら学習を進めるコースです。登校は毎日で、指導は完全個別制になっています。

生徒が自分のペースで大学進学に必要な学力を身に付けられることが特徴です。受験のプロが個々の生徒の状況を確認しつつ、しっかりスケジューリングしてくれることも強みと言えます。

単位取得コース

社会人(原則20歳以上)を対象としたコースです。単位を取得しながら高校卒業を目指すコースで、仕事との両立もできます。スクーリングの時間割や出席状況などについて個別のサポートを受けながら学習を進められます。

サークル活動やレクリエーションも充実

なお、サークル活動やレクリエーションなど、授業以外の活動が充実していることも東林館高等学校の特色の1つです。

サークルはハンドメイド・アート・スポーツ・ゲーム・音楽など幅広い分野に関するものが20以上あり、自分で興味をひかれるものに参加できます。

また、講座も複数用意されており、着物の着付けや気功、漢字検定、プログラミングなど、内容もバラエティ豊かです。こうした経験を通し、先生や仲間などと交流を深めたり、未来につながる新しい発見をしたり、自分の可能性を広げて欲しいという学校の願いが込められています。

東林館高等学校は、勉強と学校生活をバランス良くマイペースに積み重ねられる学校だと言えるでしょう。高校卒業に足る学力だけでなく、大学進学など、さらに先の進路を見据えた高い学力も身に付けられます。

東林館高等学校の学費情報(2023年度)

東林館高等学校の学費・授業料

東林館高等学校は、コースによって必要な学費が異なります。一例として年間学費(初年度)は以下の通りです。

入学金100,000円
授業料180,000円 (月額15,000円)
施設設備費50,000円
就学支援金▲297,000円
※世帯年収590万円未満の場合
初年度学費 150,000円〜※就学支援金適用時

国と県の学費支援金制度の利用で授業料は最大全額免除が可能

東林館高等学校は、国の「高等学校等就学支援金制度」と、広島県の「授業料等軽減補助金制度」の対象となっています。

国の精度においては、年収約910万円(目安)までの世帯に対し、年収に応じて月額24,750円または9,900円が支給されます。そして県の制度では、年収約350万円(目安)までの世帯に対し、上限50,000円で授業料等の全額が支給されます。

つまり、年収約350万円以下の世帯は、国と県の制度を合わせることで、授業料を実質全額免除にできます。

また、入学金についても世帯年収によって返金制度があります。具体的には、世帯年収約350万円未満であれば、入学金の約9~10割に当たる金額が支給されます。

東林館高等学校(通信制)の偏差値・入試情報

東林館高等学校に偏差値はある?

東林館高等学校には学力による入試がないため、偏差値はありません

入学試験では、筆記試験と学校長による面談が行われます。ただし、入学を認めるかを判断する上で最も重視されているのは、入学を希望する人の高校卒業に対する気持ちです。

入試対策と準備

入試対策を行うとすれば、

・募集要項に定められた必要書類などを漏れなく揃え期限内に確実に提出すること
・筆記試験の範囲を学習し真摯に取り組むこと

などが考えられます。

そして併せて大切なのは、東林館高等学校に入学し卒業を目指し頑張っていきたいという気持ちを、面談時にしっかり伝えられるよう準備しておくことです。

東林館高等学校に入学できたらどのようなことを学びたいか、どのような学校生活を送りたいか、思い描いているイメージをできる限り明確にして伝えましょう。

東林館高等学校に通学したい理由や入学後の抱負は、自分の中にある意欲を示すため非常に重要です。上手く自分の気持ちが伝えられれば、入学試験合格の可能性も高まるでしょう。

東林館高等学校の通信制が向いている生徒/向いていない生徒

東林館高等学校が向いている生徒

東林館高等学校に向いてる人

東林館高等学校は基礎的な学力、そして大学受験を突破できる学力を身に付けていける学校です。

ある程度登校は必要ですが、その分学校生活が楽しめます。また、勉強だけでなく課外活動も充実しており、自分を磨き可能性を広げるさまざまな機会が得られます。そのため、

  • 学力を高めたい生徒
  • 自分のペースで学校に通いたい生徒
  • 勉強以外の趣味にも打ち込みたい生徒

このような生徒にとっては、非常に有益な学校だと言えるでしょう。

東林館高等学校が向いていない生徒

東林館高等学校に向いていない人

東林館高等学校は生徒が自分に適したコースを選び、登校の頻度を調整できます。週1日など登校を減らすことは可能ですが、基本的に登校をゼロにすることはできません。そのため、

・週に1度でも登校するのが難しい生徒

こういった人には向いていないかもしれません。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

東林館高等学校 卒業生の口コミ評判(インタビュー)

卒業生

通信制高校「東林館高等学校」の通信制を卒業した茜です。福山東林館のステップアップコースに通学していました。

学校の雰囲気や設備はどんな感じ?と気になる方に向けて、「卒業生の本音」をお話していきます。学校選びの参考にしていただけると嬉しいです。

東林館高等学校ってどんな学校?

卒業生

東林館高等学校は、生徒の精神的な心のサポートに力を入れている通信施高校です。

生徒一人ひとりの状況に合わせたコース選択をすることが可能で、

  • 通学コース:週1〜週5日
  • 受験対応個別指導コース:週5日
  • ステップアップコース:週1日〜(福山校)
  • 単位取得コース:社会人対象

と、柔軟にコースを選択することができます。

通信制高校ではありますが、受験対策に力を入れていることも特徴で、広島大学、山口大学、九州大学、宮崎大学など、中四国-九州を中心に国公立大学への進学実績もあります。

生徒・保護者・先生の連携を大切に生徒が安心した高校生活が送ることが出来るような環境が整っている通信制高校でもあります。

東林館高等学校で用意されているコースの種類

卒業生

私は、人とコミュニケーションをとることが苦手だったので、人間関係づくりのトレーニングができる「ステップアップコース」を選択しました。

ステップアップコースでは、週1回から毎日まで、登校日数を自分で決めることが出来ます。自分のペースに合わせて、登校日数を決めることが出来るので、プレッシャーを感じることなく少しずつ高校生活になじめるようにしていくことが出来ました。

東林館高等学校での時間割

時間割は、レポート学習や勉強以外の講座を受けることが出来るようになっています。

レポート学習では、自分がレポートに取り組んでいて分からなかったところを先生が教えてくれるようになっていました。

勉強以外の講座は、レクリエーションなどが含まれた講座が主になり、人とかかわる講座が多数揃っています。勉強以外の講座に取り組むことで、自然と人と関わるようになりますので、コミュニケーション能力が身につくようになりました。

東林館高等学校の設備の充実度・専門授業の質について

卒業生

学校の設備の充実度はとてもいいです。

東林館高校では生徒の癒しの学校になるような環境を作ることに日々努力をしています。学校はオフィスビルのような雰囲気で学校に通っている感覚がありませんでしたので、とても学校に行きやすかったです。

自習室も整っていますので、授業がないときに勉強をしたいときによく活用しました。

集団授業が苦手な生徒向けの「スクーリング個別学習室」も完備

また、教室での授業が困難な生徒のために「スクーリング個別学習室」というものがありました。私も東林館高校に入学した当初は、教室での授業はできなかったので、よくこのスクーリング個別学習室を利用していました。

スクーリング個別学習室は、自分が何をしているか相手にはわからないようにブースがちゃんと設けられていますので、人目を気にすることなく勉強に取り組むことが出来て落ち着く場所でもありました。

専門授業の質についてですが、特に専門授業というものはありませんでしたが、多様な講座が開講されていました。

東林館高等学校のイベントや学校行事

卒業生

東林館高校のイベントや学校行事はたくさんあります。イベントや学校行事は入学式から卒業式までに全日制高校と同じくらいありました。

私は、友達と一緒にバス旅行やスキー・スノボー合宿など東林館高校での学校行事の思い出はたくさん作ることが出来ました。

また、全日制高校にはない学校行事もありました。

例えば、ソフトボール大会やボウリング大会がそうでしたが、生徒と先生で大いに盛り上がったことを今でも覚えています。ソフトボール大会やボウリング大会では、みんなでスポーツを一緒に楽しみました。

東林館高校の生徒たちは、みんなで和気あいあいと楽しもうとしてくれるので、自然とその輪の中に入ることができました。

東林館高等学校の雰囲気やいじめについて

卒業生

学校全体やクラスの雰囲気ですが、いじめもなく、とても和気あいあいとした雰囲気でした。

私は、東林館高校に来る前は、人とうまくコミュニケーションがとることが出来なくて、友達も一人もいなかったのですが、東林館高校に通い始めてからは、同じ境遇の友達がたくさん通っているので、共感することができて、友達がたくさんできました。

友達がいることがこんなにも楽しいことだと気づかせてくれました。

また、先生方もとてもフレンドリーで優しくて面白い先生ばかりで、授業が終わった後も先生とたくさんおしゃべりをしました。友達だけではなくて先生と話すことがとても楽しみでした。先生は、威圧的ではなくて、生徒と同じ目線でいつも対応してくれたので安心感がありました。

東林館高等学校の卒業後の進路について

卒業生

東林館高等学校の卒業後の進路は、主には大学や専門学校に進学する人が圧倒的に多いです。卒業・進路実績のページにも掲載されていますが、県内外の国公立・私立大学に数多くの生徒を輩出しています。

もちろん、中には就職する人もいます。

東林館高校の先生は、自分の進路のことも一緒に考えてくれます。先生が話しやすいこともあり、進路相談にはたくさん乗ってもらいました。

東林館高校では勉強以外の講座がたくさん開講されていますので、自分の才能に気づくことが出来たり、今までやったことのない講座に取り組むことで、自分の特技に気づいたりして、その才能を生かした専門学校への進学の道も用意されていますよ。

東林館高等学校への進学を考えている生徒へ

卒業生

東林館高校は、学校の集団生活になじめない人や、コミュニケーションをとることが難しい人、学校が大嫌いな人でも、生徒に癒しを与えるために全力で心のサポートをしてくれる先生たちばかりなので、東林館高校に行くと、今までの自分を変えることが出来るはずです。

通信制高校を検討している
すべての家庭に読んでほしいこと

「通信制入ったけど子どもが辞めた」

全日制と比較して自由に学べると評判の通信制高校ですが、中には失敗したという声もあります。

その後悔の声は「学校と合わなかった」に集約されます。

不登校支援がある学校を選べば良かった
  
「通信制高校は不登校生徒を受け入れてもらえる」という安易なイメージで選ぶんじゃなかった
  
自主学習が基本、不登校生徒へのサポートはなし、やる気がある人だけ引き上げるという感じ。不登校支援がある学校、しっかり時間かけて選べば良かったなあ

学費の安さで公立を選んで失敗

通信制高校ならどこも一緒でしょと、公立を選んだら大失敗。家から遠いし、週2日は通わないと単位取れないし、勉強もつまらない。3年間とても保ちそうにない…。

人気校だから合うわけではない

テレビの特集で見かけた人気の通信制を選んだら、思った以上にアクティブな生徒が多く、コミュ障の息子はたまの通学も嫌がるように。

通信制でも不登校になったらどうしたらいいのか…。転校も考えています。

近所にあるから、学費が安いから、そんな理由で比較をせずに選んでしまうと、学校と合わずに辞めてしまうことも多いです

後悔しないためには、通学エリアにある学校を3~5校比較するのは必須

通信制高校の一括資料請求サービスを活用すれば、住所を入力するだけで、通学エリアにある学校のパンフレットを簡単に取り寄せることができます。

学校のパンフレットを見比べるだけでも特徴はわかりますし、「この学校だけは違うな」と取捨選択もできます

住所を入力するだけで簡単に取り寄せることができるので、通信制高校の比較がまだできていない家庭は、利用してみてください。

複数校の資料を取り寄せ
学校を比較してみる

⬇⬇⬇

人気校は早めに募集を締め切る学校もあります。出願には学校説明会の参加が必須、など学校によって条件があることもあるので、募集要項は急いで取り寄せ確認しましょう

東林館高等学校 卒業生の口コミ評判


4.5
5つ星中4.5つ星です!(2人の卒業生データ)

登校は、月1回の授業と、自分で時間を決めて登校するフリースクールがあります。月1回の授業は、本校から先生、各フリースクールから生徒が集まります。単位を取るために必ず出なければなりませんが、体調不良などで万が一授業を欠席しても、後日ビデオ学習で対応していただき、単位を取得しました。

フリースクールは、通いたい曜日・時間を臨床心理士の先生と話し合い決めます。自由に過ごす時間もあれば、何曜日の〇時間目は料理をするなど決まった時間もあります。(そちらは参加したい人のみ参加で、参加したくなければ自由時間です)授業をしてくださる先生、フリースクールの先生、皆さんとても優しく、柔軟にかつ親身に対応してくださいました。東林館高等学校では、強制ではないですが進路は就職ではなく進学を勧めています。

理由は、いきなり社会に出るのではなく、進学でワンクッション置いて社会に出てほしい、ということをおっしゃっていました。進学のためのサポートは、面接練習を入念に行ってくださいました。通信制高校を選ぶ理由はさまざまですが、主に学校に行けていなかった生徒が多かったです。1年生のときは寡黙な子も、卒業前には明るい性格になっている子もたくさんいました。焦らずステップアップしたい学生さん、親御さんにおすすめの学校です。

Avatar for ことり
ことり
2015
阿賀分校
通信制コース

<登校頻度や授業内容について>

まず、普通の登校日とそれとは別にスクーリングという日があります。普通の登校日は週2日(スケジュールは学校と相談して決められます)新倉敷の学校で教科書を見ながらプリントをこなしていくというものになります。こちらのプリントは基本的に教科書に書かれているものを写すだけなので文章さえ理解できれば誰でもこなせると思います。プリントが終わったあとは学校に置いてあるゲームで遊ぶ事もできます。SwitchやWiiの他にアナログゲームも多数置いてありました。

スクーリングは新倉敷ではなく福山の本校の方に行きます。こちらは月1回、土曜日の午前10時くらい〜午後3時、4時くらいまでです。授業内容は先ほどのプリントとは別で教室で授業を受けます。自分はその教室とは別に別室の仕切りがある部屋で受けていました。その場合はテレビの画面を見て授業を受ける事になります。この授業も基本的には先生の話を教科書を見ながら聞くだけなので全然苦にならないと思います。たまに家庭科の授業で裁縫や美術の授業で絵を描いたりなどしますが、やり方を教えてくれますし、全然できなくても怒られることはないと思います。

 

5段階中の4段階評価にした点についてですが、新倉敷の方の学校についてはほぼ不満はありませんでした。ただ、福山のスクーリングは登校時間か長く少ししんどかったのでこの評価にいたしました。基本は週2日なので他の日はバイトをしたり、自分の時間として使う事ができるので、間違いなく普通の高校よりもおすすめできます。

Avatar for すばる
すばる
2020年度
新倉敷・福山
普通科

この学校をレビューする

目次